【5月21日(金)オンライン開催】日本働き方会議の「請求書発行・受取業務のデジタル化セミナー」にinvoxが登壇


請求処理自動化サービス「invox(https://invox.jp)」を運営する株式会社Deepwork(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:横井 朗)は、株式会社インフォマート(本社:東京都港区、代表取締役社長:長尾 收)が主催する日本働き方会議のセミナー「請求書発行・受取業務のデジタル化セミナー(https://jwc-kaikaku.jp/course/infomart/info001.html)」に登壇します。

2023年10月のインボイス制度導入に向け、インボイス制度を取り巻く状況や、EIPA(電子インボイス推進協議会)の現状とこれからをお伝えし、請求書の発行側と受取側の視点で多くの企業が共通する業務課題を踏まえて、受取側の課題を解決するサービスとして「invox」のサービス説明をいたします。

無料でご参加いただけますので、経理業務に携わる方、請求処理業務に関わる方は、ご都合がよろしければぜひご参加ください。

●セミナー概要
  • 日時:2021年5月21日(金)15:00~16:00(60分)
  • 場所:オンライン配信(Zoom)
  • 参加対象:業務全般のデジタル化を検討している方、請求書の発行・受取に関わる業務全般の効率化を検討している方、インボイス制度への対応を検討している方
  • 参加費:無料
  • 主催:株式会社インフォマート
  • お申込みURL :https://www.infomart.co.jp/magazine.asp?p=30561

【日本働き方会議とは】
日本働き方会議は、元大阪市長の橋下徹氏が座長をつとめ、企業の生産性向上のための基盤づくりを講演会、研修会、セミナーなどで教示するプロジェクトです。
実践に基づくIT技術と革新マネジメントをもとに、誰もが活動できる新時代の「働く仕組み」をつくりあげることを目的としています。


【invoxとは】

invox(https://invox.jp)は、取引先からどんな形式の請求書が届いても、99.9%正確に振込データや仕訳データ、請求データを生成し、経理の支払・計上処理を自動化するクラウドサービスです。
テクノロジーと人の力を融合することで、効率化と高い精度を同時に実現し、従来は解決が難しかった受取請求書の業務課題を解決し自動化しています。

2021年3月18日にサービス開始1周年を迎え、 導入企業数が500社を突破いたしました。


【株式会社Deepworkとは】

invoxを提供する株式会社Deepwork(https://deepwk.com)は、invoxの提供開始から遡り、 2019年2月1日に設立。
「時間の密度を高め、価値ある時間を増やす」をテーマに、事業を通じて関わるすべての人の時間の価値の最大化に取り組んでいます。
2021年1月に「電子インボイス推進協議会」に正会員として参画し、2021年2月9日付で関東財務局長 (電代)第79号の登録番号として「電子決済等代行業者」への登録が完了しました。


会社名:株式会社Deepwork
代表者:代表取締役 横井 朗
本社所在地:東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル49F +OURS
設立:2019年2月1日
資本金:5,000万円(2020年11月末現在)
事業内容:請求処理自動化クラウドサービス invox(インボックス)の開発・運営
従業員数:15名(2021年2月末現在)
URL:https://deepwk.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Deepwork >
  3. 【5月21日(金)オンライン開催】日本働き方会議の「請求書発行・受取業務のデジタル化セミナー」にinvoxが登壇