2018年1月 遂に東京で開催!「写真展オードリー・ヘプバーン」

日本橋三越本店にて2018年1月10日~1月22日まで開催いたします。

まだ見ぬ彼女の素顔がここに。ファッションやプライベートなど傑作写真を約200点展示

オードリー・ヘプバーン(1929〜1993)は1953年、「ローマの休日」で銀幕の世界に舞い降り、アカデミー主演女優賞を獲得しました。その後「麗しのサブリナ」、「ティファニーで朝食を」、「マイ・フェア・レディ」などで、絶大な人気と女優としての確固たる地位を得ました。女優としてのヘプバーンは、映画作品ではアカデミー賞のほかに、ゴールデングローブ賞、英国アカデミー賞を受賞し、没後にはグラミー賞とエミー賞を受賞しています。痩身で大きな瞳と長い脚はそれまでの女優のイメージを一新し、映画での活躍だけではなく、同時代のファッションアイコンとして名を馳せました。

オードリーが亡くなったのは1993年、すでに25年を経ようとしていますが、今なおその姿は人々の脳裏にしっかりと焼き付けられ、お茶目な妖精のような美貌は輝きを失っていません。ヘプバーンはインターナショナル・ベスト・ドレッサーに選ばれ殿堂入りをしており、今日においてもファッション界から敬意を払われています。「史上最高の美女」、「20世紀最高の美女」にも選出されヘプバーンはその生涯を通じてファッション界に刺激を与え、現代の女性たちから支持を集め続けています。

本展は、ファション編、映画編、とプライベート編をテーマとして、構成します。米国カリフォルニアのmptv社の全面的な協力を得て、同社が所蔵する約1,500点に及ぶオードリーのフォトコレクションより、一流のハリウッドフォトグラファーによる写真作品約200点で展観します。

 


「写真展 オードリー・ヘプバーン」
【開催概要】
会期:2018年 1月10日(水)〜22日(月)
会場:日本橋三越本店 新館7階催物会場
午前10時30分〜午後7時(午後7時30分閉場)
※最終日は午後5時30分まで(午後6時閉場)
入場料:一般・大学生800円/高校・中学生600円(小学生以下無料・税込)

【関連写真集】
写真集『Audrey Hepburn オードリー・ヘプバーン』
Contents
オードリー・ヘプバーン言葉
Introduction
現在に継承される永遠のファッションアイコン、
オードリー・ヘプバーン
Visions of Audrey
永遠のオードリー・ファッション
at Work
努力を怠らず、あきらめない精神
at Ease
何よりも大切にした
家族と共に過ごす時間
Essay
オードリー・ヘプバーンの「黄金比」的美しさ
─現実と虚構を行き来するプリンセス─
◆定価:本体2,200円+税 ◆判型:B5変型上製 ◆184頁
◆ISBN 978-4-904845-90-5
◆発行元:クレヴィス
https://www.amazon.co.jp/dp/4904845900/



写真展会場の特設エリアでオリジナルグッズを多数ご用意しております。
貴重な写真を使ったグッズも写真展とあわせてお楽しみくださいませ。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社クレヴィス >
  3. 2018年1月 遂に東京で開催!「写真展オードリー・ヘプバーン」