「RPAテクノロジーズ」×「エネルギア・コミュニケーションズ」 地方中小企業の働き方改革をRPAで支援する「エネロボクラウド」の提供を開始

 RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)のベーステクノロジーを提供するRPAテクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:大角 暢之、以下RPAテクノロジーズ)は、株式会社エネルギア・コミュニケーションズ(本社:広島市、取締役社長:熊谷 銳、以下エネコム)と、8月より提供を開始している「EneRobo(エネロボ)」ブランドのラインナップとして、「エネロボクラウド」の提供を開始いたします。
 


 この度、RPAテクノロジーズとエネコムは、RPAを広く地方の企業・公共団体等にも普及させることを目的とし、「EneRobo(エネロボ)」ブランドによるサービス提供を開始しました。今回、エネコムの通信・データセンターを活用し、地方の中小企業様が、RPAをスピーディーかつ手軽に導入できるクラウドサービス「エネロボクラウド」を開始いたします。「エネロボクラウド」は、お客様の環境と、エネコム広島データセンターの「エネロボクラウド」を、セキュアな通信で接続するだけでロボットを利用できます。
 また、お客様のロボット作成を強力にサポートする「エネロボサポート」(ロボット作成に関わるナレッジ、ロボット部品・テンプレート等)を順次ご提供いたします。ご提供にあたり、エネコムが提供するグループウェアサービス「e-TE:GO」をご活用いただくことが可能です。

 今後もRPAテクノロジーズは、ホワイトカラーの労働生産性向上のため、このようなパートナー戦略を通じて、全国の企業・自治体へRPAを活用した業務効率化のソリューション提供を積極的に進めてまいります。

【会社概要】
■RPAテクノロジーズ株式会社 (http://rpa-technologies.com/)

・本社所在地 : 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル13F
・設立    : 2013年7月
        クライアント企業の新規事業に対する投資及びコンサルティングサービスを手掛ける
        オープンアソシエイツ株式会社より、会社分割により100%子会社として設立
・代表者   : 代表取締役社長 大角 暢之
・資本金   : 3,000万円
・事業内容  : コンピュータ、その周辺機器およびそのソフトウェアの開発、設計、製造、販売ならびに輸出入業務/情報処理サービス業および、コンサルタント業務/情報提供サービス業/マーケティングリサーチおよび各種情報の収集分析

 

■株式会社エネルギア・コミュニケーションズ(http://www.enecom.co.jp
・本社所在地 : 広島市中区大手町二丁目11番10号
・設立    : 1985年4月1日
・代表者   : 取締役社長 熊谷 銳
・資本金   : 60億円
・事業内容  : 電気通信事業法に基づく電気通信事業
         電子計算機およびその関連機器による情報処理
         電気通信および情報処理に関する機器ならびにソフトウェアの開発、製作、販売および賃貸
         電気通信設備およびこれに付帯する設備の工事ならびに保守
         前各号に関するコンサルティング
         労働者派遣事業
         前各号に付帯関連する事業
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. RPA テクノロジーズ株式会社 >
  3. 「RPAテクノロジーズ」×「エネルギア・コミュニケーションズ」 地方中小企業の働き方改革をRPAで支援する「エネロボクラウド」の提供を開始