ポールスター・シアン・レーシングのテッド・ビョークがWTCC初勝利

9月25日に上海インターナショナルサーキットで決勝が行われた、FIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)第10戦 中国ラウンドのオープニングレースにおいて、ポールスター・シアン・レーシングチームのテッド・ビョークがチームにとって初となる勝利を飾りました。


2016年シーズンより、ボルボS60 Polestar TC1を駆り、FIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)に参戦しているポールスター・シアン・レーシングは、参戦1年目の今年を知識や技能の習得、2年目がレースでの優勝、そして3年目が世界タイトルの獲得を目標としています。チームのエース・ドライバーであるテッド・ビョーク(スウェーデン)の今回の勝利は、その計画を大幅に上回る結果となりました。

中国ラウンドのオープニングレースでテッド・ビョークは6番手からスタートし、ファステストラップを記録。残り3周を残し、ノルベルト・ミケリスに追い付きます。この後、熾烈なトップ争いを繰り広げ、最終ラップでトップに立つと、ストレートスピードの速さを生かし、そのままトップでゴールしました。

テッド・ビョーク「私はノルベルトよりラップタイムでは勝っていましたが、彼は良くブロックしたと思います。(ゴール直前には)接触もありましたが、私は最後まで諦めること無く走りを続け、この勝利を手に入れました。あのような白熱したバトルの結果、レースを制したことは感無量です。」

ポールスターモータースポーツ部門責任者、アレクサンダー・ムルドゼフスキー・シェドビン「すばらしいレースと、テッド、チーム、そしてボルボ・カーズにとって、初優勝を果たした輝かしいウイークエンドとなりました。この勝利はチームの士気を大いに高めてくれるでしょう」

この後ポールスター・シアン・レーシングは、11月23日~25日にカタールで開催されるシーズン最終戦に参戦します。

WTCCとポールスター・シアン・レーシングの詳細についてはこちらをご覧ください。
ボルボ・カー・ジャパンウェブサイト http://volvocars.jp/wtcc
WTCCウェブサイト(英語)           http://wtcc.polestar.com
-----------------------
WTCC中国ラウンド
サーキット:上海インターナショナルサーキット
全長:4630m
ラップレコード(WTCC):1:50.833(マー・チンホワ)

結果
オープニングレース – トップ5
1 テッド・ビョーク(ボルボS60) 16周
2 ノルベルト・ミケリス(ホンダCivic) +0.361
3 イヴァン・ミューラー(シトロエンC-Elysée) +0.528
4 ホセ‐マリア・ロペス(シトロエンC-Elysée) +2.215
5 ニッキー・カッツバーグ(ラーダVesta) +2.315

8 フレデリック・エクブロム(ボルボS60) +10.135

メインレース – トップ5
1 ホセ‐マリア・ロペス(シトロエンC-Elysée) 15周
2 イヴァン・ミューラー(シトロエンC-Elysée) +11.037
3 メディ・ベナーニ(シトロエンC-Elysée) +12.742
4 ニッキー・カッツバーグ(ラーダVesta) +13.205
5 ガブリエル・タルクィーニ(ラーダVesta) +15.715

6 フレデリック・エクブロム(ボルボS60) +18.176
7 テッド・ビョーク(ボルボS60) +18.516

Q1 – トップ5
1 ホセ‐マリア・ロペス(シトロエンC-Elysée) 1:50.279
2 ニッキー・カッツバーグ(ラーダVesta) +0.126
3 フレデリック・エクブロム(ボルボS60) +0.253
4 ガブリエル・タルクィーニ(ラーダVesta) +0.355
5 トム・チルトン(シトロエンC-Elysée) +0.482

10 テッド・ビョーク(ボルボS60) +0.791

Q2 – トップ5
1 ホセ‐マリア・ロペス(シトロエンC-Elysée) 1:49.409
2 メディ・ベナーニ(シトロエンC-Elysée) +0.585
3 テッド・ビョーク(ボルボS60) +0.640
4 イヴァン・ミューラー(シトロエンC-Elysée) +0.724
5 ニッキー・カッツバーグ(ラーダVesta) +0.786

7 フレデリック・エクブロム(ボルボS60) +0.915

Q3
1 ホセ‐マリア・ロペス(シトロエンC-Elysée) 1:49.339
2 ニッキー・カッツバーグ(ラーダVesta) +0.161
3 イヴァン・ミューラー(シトロエンC-Elysée) +0.572
4 メディ・ベナーニ(シトロエンC-Elysée) +0.605
3 テッド・ビョーク(ボルボS60) +1.338

 ドライバーズランキング
1 ホセ‐マリア・ロペス(シトロエンC-Elysée) 361ポイント
2 イヴァン・ミューラー(シトロエンC-Elysée) 235 (-126)
3 ティアゴ・モンテイロ(ホンダCivic) 204 (-157)
4 ノルベルト・ミケリス(ホンダCivic) 190 (-171)
5 ロブ・ハフ(ホンダCivic) 180 (-181)

11 テッド・ビョーク(ボルボS60) 89 (-272)
13 フレデリック・エクブロム(ボルボS60) 45 (-316)
15 ネストール・ジロラミ(ボルボS60)12 (-349)
-----------------------
ポールスターについて

ポールスターはボルボ・カーズのパフォーマンスブランドです。1996年にモータースポーツチームとして設立されたポールスターは、各種のボルボ モデルでレースに出場し、数多くの選手権で成功を収めてきました。ポールスターは、2009年にパフォーマンス関連の製品を提供し始めると、それをきっかけにボルボ・カーズとの業務関係を強化しました。2014年には、ボルボS60とV60をベースにした初めてのコンプリートカーが発売されています。

ボルボ・カーズは、確かなパフォーマンスを提供するという積極的な取り組みとして、またより一層のパフォーマンスの実現を目指し、2015年にポールスターのパフォーマンス部門を買収しました。

シアン・レーシングについて

シアン・レーシングはポールスターのモータースポーツパートナーです。クリスチャン・ダール氏が所有し、ポールスターの全てのモータースポーツ事業を運営しています。過去にポールスター・レーシングと名乗っていたシアン・レーシングは、ボルボ850、S40、C30、S60によって、5回のSTCC(スカンジナビアツーリングカー選手権)ドライバーズタイトルと7回のSTCCチームタイトルを獲得しています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ボルボ・カー・ジャパン株式会社 >
  3. ポールスター・シアン・レーシングのテッド・ビョークがWTCC初勝利