ソフトウェア管理クラウド「LOCKED」、 直感的な操作で多角的な分析ができる「ユーザーリスト機能」をリリース 〜アクセス権限を可視化し、データに基づいたクラウドサービス運用を支援します〜

ソフトウェア管理クラウド「LOCKED」、 直感的な操作で多角的な分析ができる「ユーザーリスト機能」をリリース 〜アクセス権限を可視化し、データに基づいた効率的なクラウドサービスの運用を支援します〜

株式会社onetap(本社 東京都目黒区、代表取締役 武田義基)が提供するソフトウェア管理クラウド「LOCKED」は、直感的な操作で多角的な分析ができる「ユーザーリスト機能」を正式にリリースした事をお知らせ致します。


■「ユーザーリスト機能」でLOCKEDがさらに便利に
・従業員のアクセス権限やシステムの利用状況について簡単に可視化
・エクセルなどで権限やパスワードを管理して、人事異動や入退社毎に都度状況の確認や更新を行う手間を削減
・詳細検索の機能やビジュアライズの機能により、働き方の見える化は勿論、より効率的なITの利活用を促進

尚、今回の「ユーザーリスト機能」は、LOCKEDの標準機能として、全てのお客様に追加費用なくご利用いただけます。

■ LOCKEDの活用に関するウェビナーを開催
LOCKEDの新機能として追加される「ユーザーリスト機能」を活用した、クラウドサービスの運用を圧倒的にセキュアで効率化する方法と、具体的なアクションプランについて解説するウェビナーを開催します。
新機能である「ユーザーリスト機能」を中心に『LOCKED』のご紹介する予定です。

【テーマ】ユーザーリスト機能を活用した効率的かつセキュアなクラウドサービス運用について
【開催日時】2021年4月28日(水) 16:00〜16:30
【参加対象】情報システム、または類似する管理業務を行っている方
【参加費】無料
【開催形式】Zoomを利用したウェビナー形式
【申し込みページ】https://share.hsforms.com/1XOcjrj4OR6mkS9niDsFYsg4x27a
※申し込み方法などの詳細は申し込みページにてご確認ください。

■ソフトウェア管理クラウド「LOCKED」について
企業が業務で扱う様々なシステムを連携し、シングルサインオン・多要素認証・アクセス管理・端末管理・アプリケーション管理等を一括で提供します。それらを要望に合わせて組み合わせる事で、お客様毎に最適な形でセキュリティ・生産性・コスト効率の両立を最大化します。
現在テレワークやDXの流れからクラウドサービスを契約したものの、管理体制が整備できていない・管理のリソースが不足している企業様を中心に幅広い業界の従業員規模数百名の企業様を中心にご導入頂いております。
・公式サイトURL: http://locked.jp/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社onetap >
  3. ソフトウェア管理クラウド「LOCKED」、 直感的な操作で多角的な分析ができる「ユーザーリスト機能」をリリース 〜アクセス権限を可視化し、データに基づいたクラウドサービス運用を支援します〜