埼玉県川越市からJリーグを目指す「COEDO KAWAGOE F.C」、埼玉県西部地域を中心に環境に優しい天然ガスの販売を行なっている武州ガス株式会社とブロンズパートナー契約を締結

COEDO KAWAGOE F.Cを運営するCOEDO KAWAGOE F.C株式会社(埼玉県川越市、代表取締役社長 有田和生)は、大正15年創業の埼玉県西部地域を中心に環境に優しい天然ガスの販売を行なっている都市ガス事業者の武州ガス株式会社(埼玉県川越市、取締役社長 原敏成)とブロンズパートナー契約を締結したことを発表いたします。

COEDO KAWAGOE F.Cは、2020年9月に新規設立し、埼玉県川越市をホームタウンとして、Jリーグ加盟を目指す新しいフットボールクラブです。
埼玉県川越市に由来のあるメンバーで運営し、スペインでの指導実績のある監督や、海外プレー経験のある選手などが在籍し、サッカーだけが強いチームではなく、「フットボールクラブを通じて、川越に夢と感動を創出し続け、100年以上続くクラブ」を目指しています。

■契約締結の背景

”フットボールクラブを通じて、川越に夢と感動を創出し続け、100年以上続くクラブへ”というミッションを掲げ、地域に根ざしたフットボールクラブの形を目指す「COEDO KAWAGOE F.C」の方向性へ共感を頂き、武州ガス株式会社の経営理念のもと、共に地域社会の繁栄に貢献していきたいという想いから、今回のご縁となりました。

■株式会社武州ガス 取締役社長 原敏成 様 コメント

「「地元川越に夢と感動を創出し続け、地方創生、地域活性化を目指す」COEDO KAWAGOE F.Cのビジョンに共感し、「地域社会の繁栄に貢献していく」という当社の経営理念のもと、地元川越に根付く企業として応援させて頂きます。」

HP: https://www.bushugas.co.jp/

■COEDO KAWAGOE F.C株式会社 代表取締役 有田和生 コメント

「インフラ(ガス)として100年近く世の中の生活を支えている武州ガス様とパートナー締結にいたりました。武州ガス様は事業のみでなく、環境保全活動や文化・芸術の推進、少年スポーツの促進の為のスポーツ大会の主催など多岐にわたる地域繁栄の為に活動をしており、まさに経営理念を体現されてる企業様です。そのような歴史も実績もある企業様とパートナー締結させていただき光栄に思いますし、身が引き締まる思いです。弊クラブで大事な位置付けにしている様々な側面で地域社会に貢献という部分でもご一緒に取り組んでいければと存じます。」

HP:  https://c-kawagoe.com/
クラブ事業計画: https://www.youtube.com/watch?v=rov2E4lanRU

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
COEDO KAWAGOE F.C株式会社
担当:中島
Mail:r-nakashima@c-kawagoe.com
  1. プレスリリース >
  2. COEDO KAWAGOE F.C株式会社 >
  3. 埼玉県川越市からJリーグを目指す「COEDO KAWAGOE F.C」、埼玉県西部地域を中心に環境に優しい天然ガスの販売を行なっている武州ガス株式会社とブロンズパートナー契約を締結