「ABEJA Insight for Retail」に「リピート推定」機能を追加

〜 実店舗における来店客の「リピート率」をディープラーニング技術で解析 〜

 ディープラーニングを活用したAIの社会実装事業を展開する株式会社ABEJA(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO兼CTO:岡田陽介、以下 ABEJA(アベジャ))は、小売・流通業界を対象にサービス提供しております「ABEJA Insight for Retail」の機能に、「リピート推定」機能を新たに追加し、2018年5月18日より提供を開始いたしましたので、お知らせいたします。
 ABEJAは、創業以来、ディープラーニング技術を活用し様々な大量データの取得、蓄積、学習、デプロイ、推論・再学習を行うPaaS(Platform as a Service)技術である「ABEJA Platform」の研究開発を行ってまいりました。また、2015年10月より「ABEJA Platform」をベースに、小売・流通業界に特化したSaaS(Software as a Service)「ABEJA Insight for Retail」の提供を開始し、国内70社以上480店舗以上(2018年4月末時点)に提供し、店舗運営の改善に資するソリューションを提供しております。

 「ABEJA Insight for Retail」では、ディープラーニング技術等を活用しネットワークカメラ等のIoTデバイスにより取得した画像を解析し、来店数カウント、年齢性別推定、動線分析の機能を、小売・流通業界向けに提供しています。この度、新たに追加し提供を開始した「リピート推定」機能は、実店舗に設置したネットワークカメラから取得した来店客の顔画像より特徴量(個人識別符号)を抽出し、特徴量がマッチした人物をリピート客と判断する機能です。この機能を活用することにより、小売・流通業界の実店舗でこれまで難しいとされていた、リピート客の動向が把握でき、「リピート率」という新たな指標を店舗運営に活かすことが可能となります。

  例えば、広告やキャンペーンなどの施策の効果測定は、顧客アンケートの実施やハウスカードの提示により検証が行われておりますが、アンケートの回収率が低いという問題や、ハウスカードの提示では購入客のデータは取得できるが非購入の来店客のデータが取得できないという課題がありました。本機能を活用し「リピート率」を計測することで、新規客、リピート客どちらに効果的な施策であったのか定量的な効果測定が可能となります。また、1ヶ月間や3ヶ月間等ある一定の期間における来店客のリピート頻度と全来店客におけるリピート頻度別の割合等、「来店頻度分布」の計測も可能です。(6ヶ月以内)さらに、「ABEJA Insight for Retail」の年齢性別推定機能と連携することにより、属性別のリピート率も測定することができます。

 なお、本機能では、名前や住所等の個人情報を保持するハウスカードやネットワークIDとの紐付けは行わず、顔画像から抽出した特徴量(個人識別符号)のみでリピート推定を行います。取得した顔画像は符号化されたのち速やかに破棄します。また、2018年3月30日に経済産業省及び総務省より公表された「カメラ画像利活用ガイドブックver2.0」※の「リピート分析」に関する追記事項を踏まえ、カメラ画像の管理者であり個人情報保護法上の個人情報取扱事業者として法的義務の対象となる本機能を導入頂く企業と連携し、「カメラ画像利活用ガイドブックver2.0」の理解を促すよう努めてまいります。

 ABEJAは、「ABEJA Insight」の普及を通し、小売・流通業界、製造業界、インフラ業界におけるAI、特にディープラーニングの適用を促進し、顧客と共にビジネスの効率化・自動化に取り組み、産業構造の変革に貢献してまいります。
※「カメラ画像利活用ガイドブックver2.0」:
http://www.meti.go.jp/press/2017/03/20180330005/20180330005.html
※     ABEJA 小売・流通プライバシーポリシー
https://abejainc.com/insight/retail/ja/privacy/

【 ABEJA Insight for Retail 追加機能 概要 】

名称  : リピート推定
提供開始日 : 2018年5月18日(金)
業界  : 小売・流通業界
機能  : リピート客の測定、属性(年齢性別)情報に紐づいたリピート測定、測定結果のレポーティング(ダッシュボードへの反映は2018年秋を予定)
価格  : 50,000円/月〜(年間契約となります)
※    解析対象の箇所数によって変動。別途、機器設置費用が発生
※    年齢性別推定と組合せた解析をご希望の場合は、別途30,000円/月(カメラ1台あたり)の料金が必要となります
※    ネットワークの環境により利用できない場合もございます

【 株式会社ABEJAについて 】
 ABEJAは、蓄積されたビックデータから、人間の手を介さずしてそのデータを適切に表現する特徴を自動的に見つけ出す「特徴量抽出」の自動化を行う「ディープラーニング」を活用し、多様な業界、シーンにおけるビジネスの効率化・自動化を促進するベンチャー企業です。2012年の創業時より、国内のAI関連を専門とする大学教員陣と連携し、ディープラーニング技術などの研究を行っており、提供するサービスで用いられるディープラーニングの技術はすべて自社で開発しています。コア技術である、AIプラットフォーム「ABEJA Platform」を活用した各種ソリューションを様々な業界に提供する他、小売・流通業界、製造業界、インフラ業界向けのパッケージサービス「ABEJA Insight」の提供を行っています。これまで、株式会社三越伊勢丹ホールディングス、株式会社パルコ等、国内大手小売・流通企業を中心に100社、約480店舗(2018年4月末時点)以上へのサービス導入の実績があります。また、ダイキン工業株式会社の技術開発拠点であるテクノロジー・イノベーションセンターや武蔵精密工業等、製造業界との協業も実施しております。

会社名: 株式会社 ABEJA
代表者: 代表取締役社長CEO兼CTO 岡田 陽介
所在地: 東京都港区白金1-17-3 NBFプラチナタワー10F
資本金: 1,148,518,043円(資本準備金含む)
事業内容: ディープラーニングを活用したAIの社会実装事業
URL: https://abejainc.com

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ABEJA >
  3. 「ABEJA Insight for Retail」に「リピート推定」機能を追加