Speee、「太陽光発電のナコウド」 にて"卒FITの相談窓口" を設置。開始3ヶ月で利用者数10万人を突破!

固定買取価格制度(FIT制度)の期間満了の方に、専門アドバイザーが無料で、最適なサービスをご紹介致します。

​株式会社Speee(本社:東京都港区、代表取締役:大塚英樹、以下Speee)の運営する「太陽光発電のナコウド」は、再生可能エネルギーの固定買取価格制度(FIT制度)の期間満了における、売電先や自家消費の選択をサポートする”卒FITの相談窓口”を2019年5月より設置し、利用者数が10万人を突破致しましたことをお知らせ致します。
2009年にスタートしたFIT制度とは、家庭用太陽光発電の余剰電力を10年間、固定価格にて買い取るという制度です。そのため、2009年から太陽光発電を設置している方の場合、固定価格買取期間が2019年で終了となります。期間終了となり、FITの売電制度を利用できなくなくなる(以下卒FIT)場合、売電価格は10円を切ってしまうのが現状です。現在、2019年度中に卒FITとなる利用者は約53万件(※1)。契約変更を行うのか、自家消費を行うのかを選択し、あと3ヶ月で契約しなければなりません。

そこで、現在太陽光発電の見積もりサービスを行っている「太陽光発電のナコウド」にて、専門アドバイザーが個人に合わせた最適なサービスをご紹介する”卒FITの相談窓口”を設置いたしました。

利用者は、サービスページにて相談申し込みを行うことで、無料で、お客様に合った売電サービスや蓄電池などをトータルでご提案致します。また、全国の優良な売電業者様や蓄電池設置業者様をご紹介することも可能です。
 


(※1)出典元:資源エネルギー庁 住宅用対応後発電設備のFIT買取期間終了に向けた対応 
https://www.meti.go.jp/shingikai/enecho/denryoku_gas/saisei_kano/pdf/008_03_00.pdf

■サービス開始の背景・課題
FIT制度の利用者は最短3ヶ月以内に、①売電先変更②自家消費③現状維持のいずれかを検討・選択する必要がありますが、適切な検討をするにあたって課題も多くあります。
 
  1. 売電先変更:提供企業が多岐にわたり、条件も各社によって異なる。1週間に1度は新しい企業の参画、あるいは既存企業の新プランが出ているため、個人での情報収集も困難。
  2. 自家消費:主となる蓄電池の種類は国内、海外メーカーを含めて非常に多く複雑。金額でみると高額なものもあるが、生活スタイルによってはお得になるケースもある。災害時には非常に役立ち、単純に経済性で検討する以外の必要性も。
  3. 現状維持:売電単価が以前の最大48円から引き下がっている(図1)にも関わらず、自動的に売電契約が継続されるケースや、自動的に契約が切れ、以前まで得ていた収入がなくなってしまうケースもある。

(図1)2019年8月現在。各社、その他様々なプランを打ち出している(図1)2019年8月現在。各社、その他様々なプランを打ち出している


このように、市場としての動きが激しく、利用者にとって適切な選択が異なる領域にもかかわらず、情報が整理されていないのが現状です。

そこで、「太陽光発電のナコウド」では、専門アドバイザーが状況を伺い、個々に合わせた最適なサービスのご紹介を行うことで、お客様が情報の手間とストレスをなくし、より良い選択肢を得られるよう、支援することとなりました。

今後もSpeeeは、リアル産業のデジタルトランスフォーメーションを実現するために、テクノロジーと人の力を活用しながら、お客様にとって最適な選択肢の提供が実現出来ていない産業に対して、課題解決を行ってまいります。

■太陽光発電のナコウドについて
サービス名:太陽光発電のナコウド(卒FITの相談窓口)
URL   :https://solar.nakoudo.live/form

■株式会社Speeeについて
Speeeは、「解き尽くす。未来を引きよせる。」というミッションのもと、ビジネスデベロップメントにより、社会に存在する様々な課題の解決に取り組む企業です。マーケティングインテリジェンス事業、デジタルトランスフォーメーション事業、医療事業や東南アジアでのHR事業など幅広い領域に展開しています。提供するサービスにはネイティブアド配信プラットフォーム「UZOU」(https://uzou.jp/)、不動産売却・査定サービス「イエウール」(https://ieul.jp/)、外壁塗装業者紹介サービス「ヌリカエ」(https://www.nuri-kae.jp/)、データプラットフォーム事業の「Datachain」などがあります。

社名  :株式会社Speee
事業概要:マーケティングインテリジェンス事業、デジタルトランスフォーメーション事業
設立    :2007年11月
所在地 :東京都港区六本木四丁目1番4号
代表者 :代表取締役 大塚 英樹
資本金 :30,940,000円
URL     :http://www.speee.jp
※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Speee >
  3. Speee、「太陽光発電のナコウド」 にて"卒FITの相談窓口" を設置。開始3ヶ月で利用者数10万人を突破!