『第二の家』を提供するライクアカデミーでは、保育施設に大幸薬品株式会社のクレベリンを設置し、空間の衛生対策を行っています

保育・人材・介護のライクグループの事業会社として子育て支援サービス事業を営むライクキッズネクスト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐々木 雄一、東証1部、証券コード:6065、以下 ライクキッズネクスト)の連結子会社であるライクアカデミー株式会社(以下 ライクアカデミー)は、保育施設に大幸薬品株式会社のクレベリンを設置し、空間の衛生対策を行っています。


今年に入りインフルエンザが猛威をふるっており、47都道府県中、42都道府県で警報レベルを超えています。2019年1月7日から1月13日の間に報告された患者数は全国で19万人超となり、前週に比べ11万人以上急増しました。
(出典:「インフルエンザに関する報道発表資料」厚生労働省)

当社の運営する認可・認証保育所、事業所内保育所、約250施設では、大幸薬品株式会社のクレベリンを設置して、空間に浮遊するウイルス、菌を除去することで、室内の衛生対策に取り組んでいます。

※『クレベリン』は大幸薬品のウイルス除去・除菌・消臭の製品ブランドです。二酸化塩素分子のチカラで、空間や物体に付着するウイルス・菌を除去する置き型、持ち運びに便利なスティックタイプ、気になる場所にすぐ使えるスプレータイプの製品が展開されています。詳細は大幸薬品の製品情報サイトをご覧ください。
https://www.seirogan.co.jp/products/
 

当社の運営する施設では、クレベリンの設置だけでなく、以下の感染症予防の取り組みを日ごろから行っております。

①  室内の空気を循環させるために、定期的に窓を開けて換気を行う
②  玄関にエタノール消毒液を置き、保育園に出入りする保護者の方にも予防を促進する
③  保育中は加湿器を使う
④  園児には小まめにお茶を提供する
⑤  全職員に対してインフルエンザの予防注射費用を一部負担する

ライクアカデミーでは、保護者の方から大切なお子さまをお預かりするにふさわしい施設として、これからもお子さまと職員の健康に配慮してまいります。

■ライクアカデミーについて
ライクアカデミーは、「人から“ありがとう”といわれるサービスを提供する」という企業理念のもと、認可保育所・認証保育所である「にじいろ保育園」、企業主導型の事業所内保育所、学童クラブ・児童館など、幅広い保育施設を全国で330ヶ所以上運営しております。

ライクキッズネクスト・ライクアカデミーは、子どもも保護者も安心できる『第二の家』を提供し、働く子育て世代を応援しています。

■会社概要
商号:ライク株式会社
代表者:代表取締役社長 岡本 泰彦
所在地:〒530-0017 大阪府大阪市北区角田町8番1号 梅田阪急ビルオフィスタワー19階
設立:1993年9月
事業内容:子育て支援サービス・総合人材サービス・介護関連サービスを営む事業会社を擁する持株会社
資本金:1,475百万円
URL:https://www.like-gr.co.jp/

■会社概要
商号:ライクキッズネクスト株式会社
代表取締役会長:岡本 泰彦
代表取締役社長:佐々木 雄一
所在地 〒141-0031
東京都品川区西五反田1-1-8 NMF五反田駅前ビル7階
設立:1989年12月
事業内容:事業所内保育施設(企業・病院・大学等)の運営を受託する「受託保育サービス」、認可保育所である『にじいろ保育園』をはじめ、小学生以下を対象とした学童クラブ・児童館など、様々な形態の保育施設を運営する「公的保育サービス」を提供。
資本金:285,771千円
URL:https://www.like-kn.co.jp/

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ライク >
  3. 『第二の家』を提供するライクアカデミーでは、保育施設に大幸薬品株式会社のクレベリンを設置し、空間の衛生対策を行っています