【テイクアウトに安心を】POTLUCKが「#SafeHandFish」プロジェクトに参画。飲食店に除菌液入りの醤油さしを無料配布。

POTLUCKが、日本でおなじみの醤油さしをコロナ対策のシンボルになって「ケータイする除菌」を推奨する「#SafeHandFish」プロジェクトに参画

定額制テイクアウトアプリ「POTLUCK」を運営する株式会社RYM&CO.(東京都、代表取締役:谷合 竜馬)は、除菌液を販売するクリア電子株式会社(東京都、代表取締役:小野志堅)、調味料の小型容器の製造・充填を行う株式会社大石屋(東京都、代表取締役:齊藤覚)、企画とクリエイティブを担当する株式会社エードット(東京都、代表取締役:伊達晃洋)により発足した「#SafeHandFish」プロジェクトに参画。4月20日(月)より、加盟の9店舗にて、除菌液入りの醤油さしを無料配布いたします。
  • 「#SafeHandFish」プロジェクト参画の背景 

「#SafeHandFish」プロジェクトは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により世界中で除菌抗菌液が不足し、必要な生活者に流通していない現状から生まれたアクションです。

日本人に馴染みのある「魚型の醤油さし」に除菌液を充填し、「携帯除菌」という意識と習慣を啓発し、個人の衛生管理(Personal Hygiene)の訴求を目的としています。

本プロジェクトは、除菌液の販売会社であるクリア電子株式会社、調味料の小型容器の製造・充填を行う株式会社大石屋、企画とクリエイティブを担当する株式会社エードットが協働し、発足しました。

POTLUCKは、サービス利用者の皆さま、および飲食店の皆さまの衛生意識の促進し、安心してサービスを使っていただけるよう、本プロジェクトに参画することにいたしました。
  • 「#SafeHandFish」プロジェクトとは?

「#SafeHandFish」プロジェクト WEB サイトURLhttp://cleanseex.com/safehandfish/
「#SafeHandFish」プロジェクト概要ムービーhttps://youtu.be/DflPKoKitm8

実施内容としては、日本ならではの醤油差し(魚型タレビン)に、ノンアルコール及び完全天然成分の除菌液を注入してパッケージングしたものを、飲食店や弁当販売店へ無償で提供します。飲食用と区別するために、蓋を清潔さのシンボルである「青色」に変更しました。

POTLUCKでは、今回の取り組みに共感いただいた加盟店9店舗にて、4月20日(月)より先行配布いたします。
  1. 青山ガパオ食堂
  2. 渋谷ガパオ食堂
  3. 恵比寿ガパオ食堂
  4. 青森料理わとな/らせら
  5. ウサギ
  6. trias dining
  7. 茶割
  8. Y2T STAND
  9. HACARI
 
  • 除菌抗菌液「クリアンスEX」の特徴 

■アルコール不使用100%天然素材。どこでも誰でも安心して使用可能
グレープフルーツの種子のみから抽出されたエキス「GSE」に、精製水を混ぜた完全な天然成分の除菌抗菌剤です。残留農薬・防腐剤の検出もなく、化学物質を含まないため、誰でも安全に使用できます。 

■3時間以上続く高い除菌能力
北里大学医療衛生学部臨床微生物学研究室の教授・医学博士である田口文章氏によって、ウイルス不活化定量試験を実施。ウイルスに対する不活性化率は30秒後に99.8%、3時間後でも99.97%以上を示し、その効果の持続性能が証明されています。

※商品詳細については、URLの商品情報をご覧ください(http://cleanseex.com/

 
  • 本プロジェクト発足の3社代表よりコメント
■株式会社エードット
代表取締役:伊達晃洋

エードットはプロモーションから PR、ブランディングや事業開発まで一貫して手掛けるアドベンチャーカンパニーです。今回 のコロナの影響を受けました皆様には謹んでお悔やみ申し上げます。この未曾有のコロナ危機の中、エードットが培ってきたア イデアを実行する力とクリエイティブの力で何かできないかと考え、今回のプロジェクトの実施に至りました。本プロジェクト では、エードットが企画からディレクションし、バードマンが WEB 構築、カラスがデザイン・クリエイティブを担当し、ほぼ リモートワークでグループ一体となって実施しています。まだまだ危機的状況は続きますが、エードットはこれからも世の中の 課題に向き合い、社会をより良くする事業を手掛けていきたいと思っています。

■クリア電子株式会社
代表取締役:小野志堅

非常事態時こそ、企業の本質を問う時だと思っています。我々経営者は積極的に従業員の雇用を守り、社会で起きている課題を解決し、適切な営利を得るということが社会貢献活動になります。醤油さしの魚容器を活かし“#SafeHandFish”プロジェクトを立ち上げたのは、このような思いからでした。我々は引き続き、パートナー企業と連携しながら、生活者の方々の衛生環境の改善に役立ちたいと思っています。

■株式会社大石屋
代表取締役:齊藤覚

私たち大石屋は、世界中の方々にお弁当用調味料を新鮮な状態でお届けするため、高品質なミニ容器を製造・充填しています。しかし、COVID-19の影響で主要取引先である欧州含め、各国のロックダウンにより食品工場が閉鎖し需要が大幅にダウン。主力の魚型容器が大量の在庫になってしまい困っていました。しかし、その容器が消毒液用の容器として生まれ変わり、再び皆様の"おいしく安全な食体験"にお役立ていただけることを、とても喜ばしく思っております。
 
  • 本プロジェクト参画の弊社代表よりコメント
■POTLUCK(ポットラック)運営:株式会社RYM&CO.
代表取締役 谷合竜馬

この誰も経験したことが無いような状況の中で、私や弊社スタッフ含め「今、辛い時期にある飲食店の方達の為に何ができるだろうか?」と考えております。今回、私たちが行っているテイクアウトについて、少しでも安心して飲食店に行っていただく為に、「#SafeHandFish」プロジェクトに参画させていただきました。人が人に渡すものが、“ウィルス“ではなく“心配り“であるように。そんな想いを込めてこのアクションに取り組みたいと思います。
 
  • 会社概要
◼︎株式会社RYM&CO.
所在地:東京都渋谷区道玄坂
代表取締役:谷合竜馬
事業内容:定額制テイクアウトアプリ「POTLUCK(ポットラック)」の運営
WEBサイト:https://www.pot-luck.jp
飲食店の方のお問い合わせはこちら
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSf8LtCuhMawngibk-wXrVwi7OmqG76e7tUdEZKT6xGC-28daA/viewform
  1. プレスリリース >
  2. RYM&CO. >
  3. 【テイクアウトに安心を】POTLUCKが「#SafeHandFish」プロジェクトに参画。飲食店に除菌液入りの醤油さしを無料配布。