埼玉県川越市からJリーグを目指す「COEDO KAWAGOE F.C」、東日本電信電話株式会社(NTT東日本) 埼玉西支店とゴールドパートナー契約を締結

COEDO KAWAGOE F.Cを運営するCOEDO KAWAGOE F.C株式会社(埼玉県川越市、代表取締役社長 有田和生)は、地域密着型のサービス体制を活かして、豊かな社会の実現に向けたブロードバンドIoTで、ビジネスをサポートする東日本電信電話株式会社(NTT東日本) 埼玉西支店(埼玉県川越市、埼玉事業部埼玉西支店長 宅間 由美子)とゴールドパートナー契約を締結したことを発表いたします。
 

 

COEDO KAWAGOE F.Cは、2020年9月に新規設立し、埼玉県川越市をホームタウンとして、Jリーグ加盟を目指す新しいフットボールクラブです。
埼玉県川越市に由来のあるメンバーで運営し、スペインでの指導実績のある監督や、海外プレー経験のある選手などが在籍し、サッカーだけが強いチームではなく、「フットボールクラブを通じて、川越に夢と感動を創出し続け、100年以上続くクラブ」を目指しています。

■契約締結の背景

”フットボールクラブを通じて、川越に夢と感動を創出し続け、100年以上続くクラブへ”というミッションを掲げ、地域に根ざしたフットボールクラブの形を目指す「COEDO KAWAGOE F.C」の方向性への共感、ならびにメディア事業や地域通貨構想などITを強みとしながら、地域への価値貢献を目指しながら、川越をホームタウンとし、0からJリーグを目指すCOEDO KAWAGOE F.Cと共に川越を盛り上げていきたいという想いから今回のご縁となりました。

■NTT東日本 埼玉西支店 埼玉事業部埼玉西支店長 宅間由美子様 コメント

「この度、COEDO KAWAGOE F.Cさんとサッカーを通じて、地域を盛り上げていく機会をいただけましたこと、大変嬉しく思っております。
東京2020で活躍する選手の姿、ライバル選手の健闘を称え合う姿、支えてくれた人たちに感謝する姿等を拝見し、多いに心が揺さぶられ、スポーツの持つ力の大きさ、可能性に改めて気づかされた気がいたします。
また、今回の大会で日本は史上最多のメダルを獲得しました。その陰には、選手たちのたゆまぬ努力に加えて、ライバル選手やチームの動きを科学的見地から徹底的に分析し攻略法を見出し挑んだということもあったようです。
COEDO KAWAGOE F.Cさんは、情報通信やICTの活用についても、とても積極的でいらっしゃいます。選手の強化やチーム力の向上といった分野においてもICTが果たせる役割は少なくないと考えておりますので、是非一緒に様々なチャレンジをさせていただき、スポーツの新しい未来を摸索しつつ、共に川越を盛り上げていけたらと考えております!」

HP: https://www.ntt-east.co.jp/saitama/

■COEDO KAWAGOE F.C株式会社 取締役 中島涼輔 コメント

「歴史ある川越で、ICT(情報通信技術)などを活用した地域活性化を目指す、NTT東日本様とこうしてパートナーシップを締結させて頂く機会に恵まれ、大変光栄です。弊クラブとしてもリアルの場での清掃活動やお子さん向けのサッカー教室などは重視して活動している一方で、強みであるITの力を活用した川越の魅力発信を今後さらに強化していきたい考えております。そのような背景の中で、NTT東日本様と共同してITを活用した取り組みへチャレンジしていける可能性をいただけることを誇りに思います。『川越に夢と感動を創出し続け、100年続くクラブへ』というクラブミッション実現に向けて、両社の強みを持ち合いながら、川越を盛り上げていけたらと思っております。」

HP:  https://c-kawagoe.com/
クラブ事業計画: https://www.youtube.com/watch?v=rov2E4lanRU

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
COEDO KAWAGOE F.C株式会社
担当:中島
Mail:r-nakashima@c-kawagoe.com
  1. プレスリリース >
  2. COEDO KAWAGOE F.C株式会社 >
  3. 埼玉県川越市からJリーグを目指す「COEDO KAWAGOE F.C」、東日本電信電話株式会社(NTT東日本) 埼玉西支店とゴールドパートナー契約を締結