【​外資系企業、日系グローバル企業で働くプロフェッショナル派遣実態調査】時給2500円以上の派遣社員が仕事を選ぶ際に重視するのは「仕事内容」、時給2500円未満では「時給」

ーエンワールド・ジャパン プロフェッショナル派遣実態調査ー

日本最大級のグローバル人材に特化した人材紹介会社 エンワールド・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:ヴィジェイ・ディオール)は、現在プロフェッショナル派遣として働いている方を対象に派遣の実態についてのアンケートを行い、256名*から回答を得ました。
*エンワールド・ジャパン以外の派遣会社で働いている方の回答を含む

【調査結果 概要】
■ 6割のプロフェッショナル派遣は現在の仕事に「満足」
■ 派遣の仕事を選ぶ際に重視すること第1位、時給2500円以上で「仕事内容」、時給2500円未満で「時給」
■ プロフェッショナル派遣の64%が英語力「ビジネスレベル」以上、56%が「日常的に業務で英語を使用」


-------------------------------------------------------------------------------------
【結果解説】
コントラクト・プロフェッショナルズ 事業部長 ジェイムス 菊池

 

過去2年間の間に、日本の派遣労働市場は大きく変化しました。派遣労働者の労働条件が確実かつ継続的に改善されるよう「同一労働同一賃金」が施行され、企業の施設の利用機会の拡大や交通費の支給など、数多くの規制の改正が実施されました。この様な派遣労働者を取り巻く環境の変化は派遣労働市場の評判を支え、以前は正社員にしか関心がなかった能力の高い人材を惹き付ける一助となりました。

エンワールド・ジャパンでは、日本市場における20年以上の歴史の中で、派遣という雇用形態に関心があり、高いレベルの英語力を有するプロフェッショナルの不足が続いている現状を目の当たりにしてきました。世界規模で企業のコスト管理が続いていることで多くの企業が正社員のみを雇用することが出来ず、企業ではこれまで以上に短期かつ臨時業務を遂行するためのレベルの高い有能な人材を求めています。派遣市場における労働条件の改善は、企業のニーズに合わせタイムリーにソリューションを提供するための有力な助けとなっています。
-------------------------------------------------------------------------------------
●プロフェッショナル派遣とは
https://www.enworld.com/employers/professional-contract-employment
専門分野への優れたスキルや熟練した経験をもち、即戦力として活躍できるプロフェッショナル人材の派遣です。エンワールド・ジャパンのコントラクトプロフェッショナルズでは、経理、人事、採用、法務、マーケティング、エンジニア、物流、秘書など、様々な職種の専門家を派遣しています。企業のEC強化や、DX推進プロジェクト、新商品プロモーションなどの期間限定ニーズ、M&Aにおける事業統合など高レベルで求めらる特殊スキルへのニーズ、産休・育休や管理職の急な離職をカバーする緊急ニーズなど、あらゆるシーンに迅速に対応しています。

●コントラクトプロフェッショナルズとは
エンワールド・ジャパンの中で、正社員以外の雇用形態(派遣、契約、業務委託、顧問、社外取締役など)の採用支援を専門としている部門がコントラクト・プロフェッショナルズです。外資系企業、日系グローバル企業を中心に、職務への高い専門スキルと、優れた国際感覚をもつバイリンガル人材を最適な雇用形態でご紹介しています。



【調査結果 詳細】
1. 6割のプロフェッショナル派遣は現在の仕事に「満足」(図1)
現在、プロフェッショナル派遣として働いている方に仕事の満足度を伺ったところ、全体の59%が「満足」(大変満足、やや満足)と回答しました。時給2500円以上では73%が「満足」と回答し、時給2500円未満を20ポイント上回りました。(時給2500円以上:73%、時給2500円未満:53%)

【図1】現在の仕事の総合的な満足度を教えてください。
 



2.  派遣の仕事を選ぶ際に重視すること第1位、時給2500円以上で「仕事内容」、  時給2500円未満で「時給」(図2)

「仕事を選ぶ際に何を重視しますか」と伺うと、第1位は時給2500円以上で「仕事内容」(時給2500円以上:86%、時給2500円未満:85%)、時給2500円未満で「時給」(同:81%、90%)となりました。

【図2】派遣の仕事を選ぶ際に何を重視しますか。(複数回答可)
 


3.プロフェッショナル派遣の64%が英語力「ビジネスレベル」以上。56%が「日常的に業務で英語を使用」(図3、図4、図5)

英語レベルを伺うと、全体の64%が「ビジネスレベル」以上(ビジネスレベル、上級・ネイティブ)と回答しました。時給2500円以上では76%となり、時給2500円未満の回答を17ポイント上回りました。(時給2500円以上:76%、時給2500円未満:59%)

また、「業務で英語を使用しますか」と伺ったところ、全体の56%が『日常的に使う(毎日)』と回答。時給2500円以上では72%となり、時給2500円未満のの回答を22ポイント上回りました。(同:72%、:50%)

【図3】あなたの英語レベルを教えてください。



【図4】業務で英語を使用しますか。
 



具体的な英語の業務内容で最もポイント差が大きかったのは「本社・親会社との会議」で、時給2500円以上が時給2500円未満の回答を21ポイント上回りました。(同:42%、21%)職務の専門性に加え、高い語学力が時給を押し上げる一つの要因となっていることが伺えます。

【図5】どの様な業務で英語を使用しますか。



-------------------------------------------------
【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査地域:全国
有効回答数:256名
調査実施期間:2020年10月2日~10月8日
年齢:20代 3%、30代 20%、40代 36%、50代 35%、60代以上 6%
-------------------------------------------------


エンワールド・ジャパンについて(https://www.enworld.com/)
1999年に創業した、アジア太平洋地域4ヵ国に拠点のある、グローバル人材に特化した人材紹介会社です。外資系企業・日系グローバル企業の、ミドル~ハイクラスのポジションの採用支援を専門としています。正社員、エグゼクティブ人材紹介、プロフェッショナル人材派遣、採用代行サービス(RPO)を通し、あらゆる方面から人材採用や転職に関する支援を行っています。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. エンワールド・ジャパン >
  3. 【​外資系企業、日系グローバル企業で働くプロフェッショナル派遣実態調査】時給2500円以上の派遣社員が仕事を選ぶ際に重視するのは「仕事内容」、時給2500円未満では「時給」