AI面接サービスSHaiNを提供するタレントアンドアセスメント 総額3億3,460万円の資金調達を実施

株式会社タレントアンドアセスメント(本社:東京都港区、代表取締役:山崎俊明、以下タレントアンドアセスメント)は2019年6月28日に、日本ベンチャーキャピタル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:多賀谷実)およびニッセイ・キャピタル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安達哲哉)が運営するファンドをリードインベスターとする計7社を引き受け先とした第三者割当増資を行い、2億7,360万円の資金調達を実施したことをお知らせいたします。2018年12月および2019年1月に実施した株式会社三菱UFJ銀行からの借入6,100万円と併せ、本ラウンド総額で3億3,460万円の資金調達が完了いたしました。
今回の第三者割当増資により、資本金は3億9,380万円(資本準備金を含む)となります。
 

 

【資金調達の背景と目的】
タレントアンドアセスメントは「採りたい気持ちをカタチにしたい」というコーポレートスローガンのもと、いつでもどこでも面接ができるAI面接サービスを提供しています。2017年10月にAI面接サービスSHaiN(シャイン)の提供を開始し、現在は大手、中堅、中小企業問わず、約100社の企業で導入されています。
この度の第三者割当増資により財務基盤の強化を図るとともに、SHaiNの機能を拡充し、新たにWeb申込プランをローンチすることで、より幅広いユーザーの獲得を目指していきます。また、これまで蓄積したAI面接データを活用し、資質評価をAI化するシステムの開発を加速すると同時に、業務のオートメーション化を進め、採用市場におけるプラットフォーム企業となることを目指していきます。

【引受先となるファンドの運営会社の概要】
日本ベンチャーキャピタル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:多賀谷実)
ニッセイ・キャピタル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安達哲哉)
SMBCベンチャーキャピタル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:石橋達史)
みずほキャピタル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大町祐輔)
PERSOL INNOVATION FUND合同会社(本社:東京都港区、代表パートナー:加藤丈幸)
三生キャピタル株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:川面輝恭)
岡三キャピタルパートナーズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:高松重之)

【AI面接サービスについて】
タレントアンドアセスメントが開発した戦略採用メソッドをもとに、AIが対話しながら採用面接を実施し、専門スタッフにより応募者の資質を分析して、面接評価レポートを提供するサービスです。
応募者は企業が定めた期間内で、自身のスマートフォンを使い、専用のアプリケーションをダウンロードすることで、24時間365日いつでもどこでも面接が可能になります。これにより、応募者は面接を受けやすくなり、企業の採用担当者は面接調整にかけていた工数を削減できるだけでなく、入社までの時間を大幅に短縮できるため、効果的な採用が見込めます。また、人間による採用面接で課題とされてきた評価のばらつきが改善され、採用基準の統一化が図れます。

【今後の展開について】
今後は蓄積したビッグデータを活用し、資質評価をAI化するシステムの開発を加速させます。また、新卒の通年採用対応をはじめ、人材紹介会社、外国人採用の展開も視野に入れて多言語対応などのサービス拡大を図ります。引き続き、AI面接サービスSHaiNで採用における課題をよりスムーズに解決することを目指します。
なお、パーソルグループとは派遣登録時面談等におけるAI面接の活用について、共同で研究を進めていく予定です。


■会社概要
会社名 株式会社タレントアンドアセスメント
所在地 東京都港区浜松町1-22-5 KDX浜松町センタービル5F
代表者 代表取締役 山崎俊明
設立 2014年10月
資本金 393,800,000円(資本準備金を含む)
事業内容 AI面接サービスSHaiNを主軸とした採用コンサルティング事業
URL      https://www.taleasse.co.jp/

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社タレントアンドアセスメント >
  3. AI面接サービスSHaiNを提供するタレントアンドアセスメント 総額3億3,460万円の資金調達を実施