BONX、NTT東日本および住友電設と販売代理パートナー契約を締結

~販売パートナー契約で法人向けソリューションの拡販・普及を加速~

株式会社BONX(東京都世田谷区、代表取締役 宮坂貴大、以下当社)は、東日本電信電話株式会(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:井上福造、以下NTT東日本)および住友電設株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:坂崎 全男、以下住友電設)と法人向け音声コミュニケーションシステム「BONX for BUSINESS」の拡販・普及を目的とした販売パートナー契約を締結したことをお知らせいたします。
■販売パートナー契約の背景と目的
 当社が提供する法人向け音声コミュニケーションシステム「BONX for BUSINESS」は、スマートフォンおよび、インターネット環境下で利用する事を前提としたサービスです。インターネットを利用することによる独自のコミュニケーション体験や利便性が評価され、利用企業様が増加しています。一方で、インターネット環境下ではない潜在ユーザーやこれからインターネット環境を構築・更新しようとされている潜在ユーザーに対して体験を提供することが当社単体のネットワークや体力的には難しい状況でした。
 その課題を解決するために、情報通信ネットワークを提供されている企業様を川上に遡ってパートナーシップを結ぶことが近道と考え、情報通信ネットワークを提供し、法人企業のデジタルトランスフォーメーション化を推進するNTT東日本、情報通信ネットワークの構築・導入支援で数多くの実績を有する住友電設の情報通信システム事業部と連携することにより、より多くの潜在ユーザーに「BONX for BUSINESS」を利用するメリットを伝え、体験を提供できるようにすることを目的として、販売代理パートナー契約を締結することといたしました。
 両社との販売パートナー関係を通じて、BONXのコミュニケーション体験をより早く、適切なお客様に提供できるようにすることを目指します。


■締結内容
東日本電信電話株式会社
https://business.ntt-east.co.jp/?link_eastid=ext_h002
契約:BONX Grip、BONX for BUSINESSの販売・注文取次の業務委託契約

住友電設株式会社
https://www.sem.co.jp/
契約:BONX Gripの営業代行契約
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. BONX >
  3. BONX、NTT東日本および住友電設と販売代理パートナー契約を締結