<事業再構築補助金>融資支援のソラボ、事業再構築補助金専門サイトをリリース

資金調達支援を専門とするソラボの補助金サポート

中小企業・個人事業主の資金調達支援を行う株式会社SoLabo(本社・東京都千代田区 代表・田原広一/以下、ソラボ/認定支援機関番号:104813004612)は、コロナ禍において経営者からの相談内容が多様化し、融資支援のみならず補助金の申請に関する問い合わせが急増している状況をふまえ、「事業再構築補助金ガイド」を公開しました。これにより、補助金申請の支援も本格的に開始いたします。
◆増える相談対応
ソラボは、中小企業・個人事業主の資金調達支援を行う認定支援機関として、これまで主に事業者の融資申請のための支援を実施しています。しかし、本年2月以降に経済産業省の所管で開始された「事業再構築補助金」の公募申請に際し、補助金申請に関する問い合わせが急増し、紹介対応も含めると現在でも日に10件以上の相談を受け付ける状況が続いています。

その要因として、事業再構築補助金の申請にあたっては、ソラボのような認定支援機関によるサポートが必要であることをはじめ、補助金を申請するにあたって不慣れな事業者が多いことや、相談先が多数あり事業者側が相談先を決め切れていないこと、加えて、補助事業の実施にあたって事前の資金調達(融資等)が必要なケースが多くソラボに一気通貫した対応が期待されていることなどが挙げられます。

この度、高まる相談需要に対応するため、ソラボでは新たなWEBサイト「事業再構築補助金ガイド」を公開し、関連情報の発信や、無料相談の問い合わせ窓口を設置して経営者からの相談に対応して参ります。

【事業再構築補助金ガイド】
https://so-labo.co.jp/hojyokin/meti


◆現状と今後の見込み
事業再構築補助金は、1次公募が5月7日で終了していますが、5月17日の週には2次公募の開始予定とアナウンスされています。今後はさらに、3次公募以降も予定されているため、継続的に相談対応が必要になると考えています。

前回の1次公募の際には、準備時間も限られていたことから、事前準備や資金調達が十分でない中で申請したいという希望も多く、補助金に対しての理解が進んでいないことも目立っていました。しかし、2次以降の公募で申請するスケジュールを組みなおすことで対応できるケースも多いことから、各社の状況に応じた対応が必要になっていくと考えています。
なお、事業者の状況に応じて、要件とされている「新分野展開」「業態転換」「事業・業種転換」「事業再編」といった各区分での申請が可能なのか、そもそも自社の財務状況や事業内容を踏まえて補助金を活用した取り組みをすぐに実施すべきなのかといった相談段階から対応して参ります。

ソラボでは、これまで融資支援の成功実績を3700件以上有し、コロナ禍においてリモート対応で日本全国の事業者からの融資相談を受け付けています。その実績と経験を踏まえ、補助金申請にあたっての事前の資金調達の相談も含め、補助金申請のサポートについても全国対応してまいります。

事業者のコロナ禍での事業拡大・安定化を支援し、1社でも多くの中小企業・個人事業主の事業継続のサポートを実施していきたいと考えています。

【会社概要】
会社名 : 株式会社SoLabo (ソラボ)
所在地 : 東京都千代田区外神田1-18-19新秋葉原ビル7階
代表者 : 田原 広一
HP:https://so-labo.co.jp
認定支援機関番号:104813004612
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社SoLabo >
  3. <事業再構築補助金>融資支援のソラボ、事業再構築補助金専門サイトをリリース