プログラミング学習サービス「paizaラーニング」が日本e-Learning大賞で日本電子出版協会会長賞を受賞

11月15日に弊社代表が受賞者記念講演に登壇

エムアウトグループのギノ株式会社は、ITエンジニア向け総合求職・学習サービス『paiza(パイザ)https://paiza.jp』にて提供している「paizaラーニング https://paiza.jp/works」が、第15回日本e-Learning大賞にて日本電子出版協会会長賞を受賞いたしましたので、お知らせいたします。
 

 
■日本e-Learning大賞、およびeラーニングアワード2018について
「第15回日本e-Learning大賞」(日本工業新聞社、および一般社団法人e-Learning Initiative Japan主催)は、企業・学校・自治体などにおけるeラーニングを活用したコンテンツ・サービス・ソリューションの中から特に優れたものを選出するアワードです。教育をテーマにした賞として、経済産業省、文部科学省、厚生労働省、総務省の4つの大臣賞が付与される大変希少なものとして注目されており、今回も国内有名企業や大学などが多数エントリーしました。

また、「eラーニングアワード」はeラーニング業界を盛り立てるイベントとして2011年より開催されているイベントで、日本e-Learning大賞の表彰式のほか、講演や展示ブースの出展などがあります。2018年度は、11月14日~16日の3日間、御茶ノ水ソラシティにて開催されます。

※「日本e-Learning大賞」の各賞はこちらよりご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000049.000004142.html


■代表取締役の片山が受賞者記念講演に登壇!

「paizaラーニング」の日本電子出版協会会長賞選出を受け、「eラーニングアワード2018フォーラム」にて、ギノ株式会社代表取締役・片山良平が受賞者記念講演に登壇いたします。ぜひご来場ください。

講演テーマ:プログラミング教育・研修で挫折させないための3つのポイント
講演日時:2018年11月15日 17:10~17:45
会場:ソラシティカンファレンスセンター レセプションホール
(eラーニングアワード2018フォーラム内の講演として開催)
講演情報URL:http://www.elearningawards.jp/program2detail.html#132
※事前にお申し込みをしていただくことで無料になります。


■paizaラーニングとは


今回「第15回日本e- Learning大賞」において、日本電子出版協会会長賞に選ばれた「paizaラーニング(パイザラーニング)」は、プログラミング未経験者や初心者が手軽にプログラミング言語(Java,PHP,Python,Ruby,C#,JavaScriptなど)やWebサービス構築を学習できるサービスです。800本以上の学習動画を公開しており、総受講数は250万回(動画数、総受講数は2018年10月末現在)を突破しました。

従来のプログラミング学習で大きなハードルとなっていたパソコンの環境設定やサーバーの用意などが不要で、ブラウザでサイトにアクセスするだけでプログラミング学習がスタートできます。

学習内容は「paiza」の転職・就職サービスで得られた「現場で本当に求められるスキル」を元に、実務ベースのカリキュラム。さらに、求職サービス「paiza転職」「paiza新卒」といったサービスとも連携しており、「paizaラーニング」を使ってスキルアップすれば、企業からスカウトも届くようになります。「paizaラーニング」を使って学習したプログラミング未経験者・初心者が、ITエンジニア職として企業への就職/転職を果たした例が多数あります。また最近では、東京工科大学との産学連携などを筆頭に、教育機関や企業でプログラミング教育に利用されており、高い学習効果をあげています。

【paizaラーニングを使う4つのメリット】
(1)環境構築不要、5秒で学習を開始できる!
これまで、プログラミングを始める初心者にとって最大のハードルだったのが、丸1~2日かかる「プログラミング実行環境構築を構築すること」でした。paizaラーニングでは環境構築不要、ブラウザ上でプログラミング言語を実行できるので、誰でもすぐに学習を始められます。
(2)3分動画で、毎日続けられる!
動画レッスンを見て、その場でレッスン内容をプログラミングすることで理解を深め、その後に練習問題を解いて応用力をきたえることができます。1本3分程度という短い動画なので、毎日無理なく続けることができます。学習動画は現在計800本以上を(2018年11月時点)公開中。
(3)わからないところはプロのエンジニアに質問できるから安心!
わからない点は弊社エンジニアに質問をして、アドバイスをもらうことができます。初歩的なところでつまずいて、やる気を失ってしまうこともありません。
(4)100万回実施のスキル評価システムに基づいたカリキュラム
paizaが就職・転職サービスで展開する、現役エンジニアやエンジニア志望の学生が延べ100万回受験したプログラミングスキル評価システムのデータと、paiza掲載の1000社以上の求人票を元にカリキュラムを作成。企業が本当に求めるスキルをもとに組みたてられた、エンジニアを目指す人のための学習内容です。

 
■運営会社の概要
・社名:             ギノ株式会社(http://www.gi-no.jp
・代表者:          代表取締役社長 片山 良平(かたやま りょうへい)
・本社所在地:    〒107-0062 東京都港区南青山2-11-16 METLIFE青山ビル
・資本金:          8,000万円
・設立:             2012年2月13日
・許認可:          有料職業紹介事業許可13-ユ-305439
・株主:             株式会社エムアウト100%
※ギノは、新規事業の創出・育成を行うエムアウトから生まれた新規事業会社です。


■paizaについて
ギノ株式会社では「日本のIT/Webエンジニアを世界レベルに引き上げる」ことをミッションに、IT/Webエンジニアに特化した求職・学習サイト「paiza」を展開中です。「paiza転職」「paiza新卒」は、国内最大級のプログラミング転職サイト。2018年6月にプログラミングスキルチェック受験数が累計100万受験を突破しました。さらにエンジニア職未経験者向けの転職サイト「EN:TRY」やプログラミング初心者向け学習サイト「paizaラーニング」も運営しております。


■paiza開発の背景
学歴や職歴ではなく、技術を評価できる社会へ。日本のITエンジニアを世界レベルに引き上げる。
これまで日本では、「ITゼネコン」に象徴されるよう、大規模プロジェクトをマネジメントできる「文系人」が評価され、末端のエンジニアは労働集約産業の中で、取替のきく部品のような扱いをされる傾向がありました。
しかし、昨今のWEBビジネスの拡大、ソーシャルメディアの発達、グローバル化で、取り巻く環境は大きく変化しつつあります。PDCAを回しながら、スピーディーにプロダクトを起ち上げることができるような、世界を意識した技術の高いエンジニアが非常に重要となってきています。
世界に通じるエンジニアを多く生み出すには、学歴や職歴ではなく、技術がある人が評価され、活躍できる社会が必要です。

『paiza』を起ち上げた背景には、エンジニアの技術を底上げし、高い技術力を持つエンジニアの待遇や社会的地位を向上させ、ひいては日本のソフトウェア産業全体の国際競争力を高める事につなげたいという思いが込められています。

 
■エムアウトについて
起業のアーリーステージに特化し、「マーケットアウト」という理念にもとづいて、新規事業コンセプトとビジネスモデルの創出を「スタートアップファクトリー」という新しいスキームで実現するエムアウト。現在、ギノを含めユーザー視点で創出された3社を傘下に抱える。これまでも創出した複数の事業を上場企業等へM&AでExitした実績(学童保育のキッズベースキャンプを東急電鉄(東証一部9005)へ株式譲渡、訪問口腔ケアサービス支援のメディパスをNDソフトウェア(東証二部3794)へ株式譲渡 等)を持つ。
・社名:             株式会社エムアウト(http://www.m-out.com
・代表者:          代表取締役会長 田口 弘(たぐち ひろし)
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ギノ >
  3. プログラミング学習サービス「paizaラーニング」が日本e-Learning大賞で日本電子出版協会会長賞を受賞