AIで振込業務自動化サービス「Toriders(トリダース)」初めての経理電子化応援キャンペーン実施!

11月限定 最大50%オフ!即日利用可能/新機能追加でさらに使いやすく

株式会社mofmof(本社:東京都渋谷区、代表取締役:原田 敦、以下「mofmof」)が運営する自然言語処理・AIを活用した振込業務自動化サービス「Toriders(トリダース)」 は、2020年10月に電子帳簿保存法改正をきっかけに経理の電子化の推進を検討している皆様を応援すべく、2020年11月末までの限定で最大50%オフとなる「初めての経理電子化応援キャンペーン」を実施します。



■ 電子帳簿保存法の改正により、経理の電子化へのハードルが低くなる
2020年10月に改正された電子帳簿保存法により、これまで以上に請求書や契約書などの国税関係帳簿書類を「紙」ではなく「電子データ」として保存することが可能となりました。経理業務における電子化へのハードルが下がり、経理業務改善における電子化に向けた体制を作るきっかけにもなっています。
また、新型コロナウイルス感染拡大を契機に、新しい働き方を取り入れる企業が増加していることや、脱ハンコに向けた行政の取り組みも話題となっており、バックオフィスの業務効率向上のための企業における書類の電子化・ペーパーレス化はより加速するのではないかと考えられ、経理業務の電子化もより広がるのではないかと推察されます。


■新機能追加で、さらに使いやすく!複数データも簡単活用!
Toridersは、より簡単に利用しやすいサービスを目指し、1つのファイルに複数の請求書が含まれている場合に、アップロード時に分割して1枚ずつ解析することが可能となりました。複合機で一括スキャンしてアップロードする場合などに便利な機能となっており、現存する紙の手作業にかかわる業務改善の一環としても期待が出来る新機能です。
より使っていただく顧客の皆様からの声を反映すべく、サービスに関するアンケート実施を強化しており、今回のキャンペーンでもアンケートにご回答いただくとさらにお得な金額でお試しいただけます。



■ 最大50%オフ!初めての電子化で何からすべきか悩んでいる方におすすめ!
「何から業務改善をすべきか悩んでいる」「経理業務で何を電子化すべきか悩んでいる」「導入コスト面で心配」といった経理担当者や経営者も多いのではないかと思います。そこで、今回Toridersは「経理電子化の第一歩」として振込業務自動化サービスを活用していただけるよう、月500枚の請求書を利用できるスタンダードプランが最大50%オフとなるキャンペーンを実施することとなりました。


◇初めての経理電子化応援キャンペーン概要


スタンダードプラン通常5万円を、キャンペーン価格・半額の2万5000円でご利用いただけます。
  1. 本日〜11月30日までにスタンダードプランにご登録いただき、サービスに関するアンケートへのご協力をいただいた方が対象です。
  2. スタンダードプランご登録後、アンケートへのご協力をいただけない方に関しましては3万円での提供となります。
  3. Toridersのご登録が初めての方のみを対象とします。

・登録方法
サービス詳細・登録に関しましては以下のページよりご覧ください。
https://lp.toriders.app/

 

 


■Toriders(トリダース)とは

Toriders(トリダース)は、請求書のPDFファイルをアップロードするだけで、独自開発した請求書に特化したAI解析エンジンが振込に必要な入金先口座や金額などの情報を自動的に抽出・まとめて振込用ファイルにするサービスです。
PDFファイルにOCR(光学的文字認識)をかけてテキストを抜き出して電子データ化し、従来数時間〜数日かかっていた毎月発生する支払い(振込)業務をたった10分に短縮することが可能で、毎月の経理業務の業務効率化をサポートします。

【Toriders搭載機能】
請求書解析:バラバラなフォーマット請求書を読み取って、情報を自動的に抽出します。
全銀フォーマット対応:多くの金融機関やシステムが対応している全銀フォーマットに対応することで多数のネットバンキングが利用可能です。
弥生フォーマットCSV出力:会計ソフトに連携するために、請求データから弥生フォーマットに変換して出力することができます。
支払管理台帳:請求データを元に、どの取引先にいついくら支払ったか可視化できる、支払管理台帳が作成されます。
OCR(光学的文字認識)解析:紙媒体の請求書でもスキャンして取り込むことで自動的にテキスト化・解析することができます。
会計事務所向けシステム:振り込み・支払い代行サービスを提供している会計事務所・税理士事務所向けに、複数のクライアントの支払い管理ができるシステムがあります。



■株式会社mofmofについて

 

人に代わって社内問い合わせ対応を担当する人工知能チャットボット「My-ope office」の開発・運営と・AI・チャットボットの情報メディア「My-logue 」の運営を行なっています。
また、従来の開発会社の受託開発とは異なり、実際にソフトウェアを動かしながら、仕様変更を繰り返していく作り方を提供する月額制ソフトウェア受託開発「開発チームレンタル」を主軸に、スピーディーで柔軟なWEB開発事業を展開。 複数の請求書のPDFファイルをアップロードするだけで、振込に必要な入金先口座情報・金額を自動的に抽出してまとめてCSVファイルにするサービス「Toriders(トリダース)」など新たなWEBシステム開発も展開しています。

■株式会社mofmof 会社概要
【社名】株式会社mofmof(モフモフ)    【本社所在地】〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町14−10 渋谷コープ403
【代表者】代表取締役 原田 敦  【設立】2015年4月   【資本金】2,000,000円  【URL】 https://www.mof-mof.co.jp/

<本サービスに関するお問い合わせ>
以下ページよりお問い合わせください。
株式会社mofmof  Toriders担当 https://lp.toriders.app/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社mofmof >
  3. AIで振込業務自動化サービス「Toriders(トリダース)」初めての経理電子化応援キャンペーン実施!