熊本市がCognigyを活用したAIチャットボットを導入~多言語による観光案内を自動化~

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長:東垣直樹、以下TDSE、証券コード:7046)は、熊本県熊本市(以下熊本市)へ多言語対応観光案内チャットボット(https://kumamoto-guide.jp/)を提供開始したことをお知らせします。
本サービスは、熊本市の観光案内やまちあるきの満足度向上などによくある質問を多言語対応のAIチャットボットにて回答し、観光客のニーズや嗜好性に合わせた観光提案を効率的に案内します。24時間365日、道先案内や観光案内など観光客の問合せを非接触、非対面で解決することでコロナ禍においても、安全・安心な新たな観光案内を実現します。また、日本語のみならず英語、韓国語、中国語(簡体字、繫体字)、タイ語、フランス語、ドイツ語にも対応しています。
 
主な観光案内機能
① 観光案内(観光地案内、グルメ案内、緊急情報案内など)
② 多言語対応(7言語)
③ CMS(Contents Management System)連携
④ 現在地取得機能
⑤ 地図表示/他ページ遷移


Cognigyについて
Cognigyは短期間で拡張性の高い対話型AI(カンバセーショナルAI)を設計・開発可能とするプラットフォームです。Cognigyの特徴は、①LINE、Slack、Teamsなど多様なチャネル展開が可能、②23言語に対応したNLP(自然言語処理)、③GUIによる対話構築、④Salesforce、Zendeskなど様々な業務システムと連携可能、⑤構築したVUI(Voice UI)やチャットボットの管理機能搭載など、VUIやチャットボット構築・運用に必要な機能を全て取り揃えています。高度な自然言語処理と強力なプロセス自動化機能を融合し、最適なソリューションをご提供します。


構築サービス
TDSEはCognigyの導入だけでなく、お客様のご要望にあったAIチャットボット構築サービスも提供しております。
 


以上

■本件に関する問い合わせ先
テクノスデータサイエンス・エンジニアリング株式会社
〒163-1427
 東京都新宿区西新宿 3-20-2 オペラシティタワー27階
 E-mail:info@tdse.jp
 24 時間受付WEB:https://www.tdse.jp/
 現在全社テレワーク導入のため、お問い合わせはメールにて受け付けております。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. TDSE株式会社 >
  3. 熊本市がCognigyを活用したAIチャットボットを導入~多言語による観光案内を自動化~