プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社ストライク
会社概要

【M&Aレポート】建設業界の2022年のM&A 取引⾦額は直近10年で最多に

株式会社ストライク

建設業界の2022年のM&A(売買の対象となった企業が建設業の案件)の件数は38件で、2013年以降の10年間では2021年に次ぐ2番⽬となりました。⼀⽅、取引⾦額は1868億円で、こちらは2013年以降の10年間では最多となりました。
  • 経営難からM&A増加

建設業界は⼈⼿不⾜による倒産や資材⾼による倒産が増加傾向にあり、厳しい経営環境の中、業容の拡⼤や新しい領域への進出⼿段としてM&Aに踏み切るケースが多く⾒られました。600億円台や400億円台の⼤型の案件があったことから、⾦額が膨らんでいます。
今年(2023 年)に⼊ってすでに9 件(3 ⽉9 ⽇時点)のM&A が発表されており、今年も件数、⾦額とも⾼⽔準の状況が続くとみられます。

上場企業に義務付けられている適時開示情報のうち、経営権の異動を伴うM&A(グループ内再編は除く)について、M&A仲介のストライク(M&A Online編集部)が集計しました。
  • ⾦額トップはミライト・ホールディングスの620億円​


⾦額が最も多かったのは、ミライト・ホールディングスが⻄武ホールディングス傘下で総合建設業(ゼネコン)の⻄武建設(東京都豊島区)の株式95%を取得し、⼦会社化すると発表した案件で、取得⾦額は約620億円。通信キャリア各社による設備投資の抑制で主⼒の通信⼯事需要が減少する中、街づくり関連やグリーン発電などの成⻑領域で事業展開を加速するのが狙いです。

⾦額の2番⽬は、⼤豊建設がセメント事業などを⼿がける⿇⽣(福岡県飯塚市)の傘下に⼊ると発表した案件で、⿇⽣を引受先とする第三者割当増資で約403 億円を調達しました。⼤豊建設はこの資⾦をもとに⾃⼰株取得を実⾏し、筆頭株主で旧村上ファンド系のシティインデックスイレブンス(東京都渋⾕区)が保有する40%余りの全保有株を取得しています。

⾦額の3 番⽬は清⽔建設が、持ち分法適⽤関連会社で道路舗装⼤⼿の⽇本道路に対して⼦会社化を⽬的にTOBを実施すると発表した案件で、買付代⾦は222億200 万円。⼦会社化することで⽇本道路を清⽔建設グループの⼀員として⼀層明確化するのが狙いとなります。
  • M&A Online

M&Aを基軸とする経済情報サイト。「適時開示情報」「TOB」(株式公開買い付け)「大量保有報告書」に特化したデータベース(無料)を提供しています。
URL:https://maonline.jp/
  • M&A年鑑2023発売中!

タイトル:ダイヤモンドMOOK 「M&A年鑑2023」
編 集 :M&A Online編集部 編著
定 価 :1,760円(税込)
ISBN  :978-4-478-99854-0
発行元 :ダイヤモンド社
販売ページ:https://amazon.jp/dp/4478998566/?tag=maonline9696-22






 
  • 会社名:株式会社ストライク(証券コード6196:東証プライム)

所在地:〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目2番1号  三井物産ビル15階
代表取締役社長:荒井 邦彦
設立:1997年7月
主な業務内容:M&A仲介業務、M&Aに関する専門メディア「M&A Online」運営
URL:https://www.strike.co.jp/



 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
調査レポート
ビジネスカテゴリ
経営・コンサルティング
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社ストライク

21フォロワー

RSS
URL
https://www.strike.co.jp/
業種
サービス業
本社所在地
東京都千代田区大手町1丁目2番1号 三井物産ビル15階
電話番号
03-6848-0101
代表者名
荒井邦彦
上場
東証プライム
資本金
8億2374万円
設立
1997年07月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード