無料ウェビナー開催!建設現場DX ~IoT活用で目指す次世代の建設現場~

~ 6月10日(木)11:00〜11:30 無料開催 ~

シリコンバレー発のIoT・コネクテッド関連のプラットフォームを提供するMODE, Inc.(本社:アメリカ合衆国・カリフォルニア州サンマテオ、CEO:上田 学、以下、MODE)は、建設業のDXに携わる技術者・サービス企画者向けに、無料ウェビナー「建設現場DX ~IoT活用で目指す次世代の建設現場~」を2021年6月10日(木)に開催致します。



■ 建設業界で進むデジタルトランスフォーメーション(DX)

建設業では慢性的な人材不足に加え、事故のない現場環境や、高い作業品質、生産性向上など多角的な事業改善が求められています。
こうした中、国土交通省が推進する「i-Construction」に見られるようにドローンやAIの活用など、デジタルデータを活用した新しいサービスの利用が急速に拡大しています。DXを推進する上で、あらゆるモノがインターネットに繋がり、現実世界の情報をデータとして扱うIoT(Internet of Things)は、建設業のデジタル化を進める上で欠かせない技術です。IoTを活用することで、建設現場のリアルな状況をデータで可視化し、未来に向けた解決策として活用できるようになります。
本ウェビナーでは、建設業でのDX実現に向けて、IoTを導入することで何ができるのか?にフォーカスを当てながら、IoTや建設業でのDXについて易しく分かりやすくご紹介させていただきます。


■主な内容

  • 現在の建設業における課題整理
  • 建設業で求められるDXとは
  • IoTデータを活用することで目指すべきゴール
  • IoTを活用してすぐに解決できること



■このような方におすすめ

本セミナーは、以下のような技術者様、サービス企画者様を対象にしております。

  • 建設業の従前のやり方では立ち行かなくなり、IT技術で改善できないか突破口を探している
  • 建設業DXで何ができるようになるのか知りたい
  • 建設業におけるIoT化プロジェクトの立ち上げを検討している
  • 建設業向けのクラウドを開発をする具体的な方法を知りたい
  • 車両や機器、現場作業員など、異なるデータを活用し、建設現場の状況を把握・改善したい


 

■ アジェンダ

  • オープニング (5分)
  • プレゼンテーション「建設現場DX ~IoT活用で目指す次世代の建設現場~」(20分)
  • Q&A (5分)



■開催概要

開催日:2021年6月10日(木)11:00〜11:30
参加料:無料
視聴方法:Zoomでのオンライン配信
参加人数:最大100名
動画視聴方法につきましては、お申込みいただいた方へのみご案内させて頂きます。


■プレゼンタープロフィール
 

石井 理恵
MODE, Inc.
アカウントセールス

大学卒業後、独立系SIerにてソリューション営業として入社。その後日本オラクルにてデータベース、トレジャーデータにてSaaS製品の営業を経てMODE,Inc.に入社。現在はMODEプロダクトの拡大に向けて製品の魅力の発信から、お客様に合わせた提案まで幅広く活動しています。


■お申込み方法

参加をご希望の方は以下URLよりお申し込みください。
https://lp.tinkermode.jp/webinar-20210610


■MODEについて
 

MODEは、日本のDXを加速させるIoTソリューションを提供しているシリコンバレー発のスタートアップです。あらゆるセンサーデータなどに対応するゲートウェイ内のソフトウェアと、クラウド上に独自開発をした超高速な時系列データベース技術をベースとして、現実社会のデータの収集を圧倒的簡単に提供するソリューションを提供しております。




■会社概要

会社名:MODE, Inc.
代表者:CEO / Co-Founder 上田 学
所在地:アメリカ合衆国カリフォルニア州サンマテオ市ゲートウェイドライブ1840、スイート250
設立:2014年7月
事業内容:センサープラットフォーム及び関連ソフトウェアサービスの提供
URL:https://www.tinkermode.jp

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. MODE, Inc >
  3. 無料ウェビナー開催!建設現場DX ~IoT活用で目指す次世代の建設現場~