テレワーク時代の煩雑なプロジェクト管理をシンプルに。「クラウドログ」提供開始

~管理職の業務が1/8に、累計導入社数約400社・大企業も多数導入~

労働市場のミスマッチを無くし、アップデートする事業を展開する株式会社クラウドワークス(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長 兼 CEO:吉田 浩一郎 以下「当社」)は、クラウド型プロジェクト管理サービス「クラウドログ」の提供を2020年11月16日より開始します。累計導入社数が約400社、現導入社数のうち約25%は大企業(※)という特徴を持つ「イノピーエム」を全面リニューアルし、新たにAPI連携などの機能を拡充。これにより、管理職が煩雑に感じるプロジェクト管理課題を解決し、手間を減らします。(URL:https://www.innopm.com/

クラウドログクラウドログ


■「誰でも簡単に導入・活用」で、管理職の手間を減らすプロジェクト管理サービスへ
 

クラウドログサービス概要クラウドログサービス概要

クラウドログは、チームの働き方を見える化するクラウド型プロジェクト管理サービスです。テレワークなどによる働き方の変化に伴い、不透明な就労環境の中で顕在化した

  • 「表計算ソフトに自社だけの計算式を入れて管理するため、属人化・複雑化して困っている」
  • 「プロジェクト管理を自社独自システムに依存しており、更新性や持続性がない」
  • 「チーム内人員がどのように働いているのか分からず、生産性の上げ方が分からない」

などの管理職が煩雑に感じるプロジェクト管理の課題を解決することで、仕事における手間を減らします。

さらにクラウドログならではの強みとして、誰でも簡単に導入・活用できる点があります。
【特徴的な機能(一例)】

  • ドラッグ&ドロップだけという簡単操作
  • プロジェクト・メンバー別など多彩な切り口でデータを見える化
  • 外部カレンダー機能との連携も可能


この強みもあり、管理職のプロジェクト管理に要する時間が1/8に短縮できたという成果も出ています。さらに、累計導入社数は昨年と比較し141%と伸長し、2020年10月末時点では約400社、さらに現導入社数のうち約25%は大企業(※)とあらゆる規模・フェーズにおいて導入・活用しやすいサービスとして成長を続けています。

今回のリニューアルでは、サービスの特徴である「働き方の見える化」をより明確に表現するために名称及びロゴ変更を実施。さらにサービスサイトのリニューアルや、API連携機能などの機能を追加しています。今後も業務時間・業務内容の自動集計機能リリースなどを予定しており、管理職が勤怠管理を含め一元的に「働き方の見える化」を実現できる環境構築を目指します。

当社はクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」をはじめ、人材マッチング事業を多く展開しています。クラウドログの提供開始を皮切りに、今後は人材マッチングだけでなく、マッチング後の人材管理や業務フローへも支援の幅を広げていく考えです。
※:従業員数300名以上の企業と定義しています

■導入事例~アットホーム株式会社~ (https://athome-inc.jp/)
協力会社40社の管理にかかる時間が1日から1時間に。
 

アットホーム株式会社アットホーム株式会社

クラウドログ導入以前は、開発部署内の協力会社への請求書発行依頼に必要な工数管理を全てエクセルで実施。協力会社が40社近くあることから、工数把握の作業に月初の丸1日かかっていました。

しかし、導入後はかかる時間が1時間程度と1/8に圧縮。さらにテレワークをする開発担当者を含めた全体の稼働状況をリアルタイムに把握できるようになり、安心して業務をお願いできるようになりました。

■導入事例~株式会社電通マネジメントサービス~ (https://www.dentsu-ms.co.jp/)
詳細な業務の工数までスムーズに把握、導入範囲はほぼ全社へ
 

株式会社電通マネジメントサービス株式会社電通マネジメントサービス

経理業務の受託部門では、支払いの処理や請求書の発行などの業務を行っています。以前はどのクライアント企業のどの業務にどの程度の時間が掛かっているのか、詳細な把握はできていませんでした。また、以前利用していた別ツールでは入力方法の属人化や、工数の未入力が見受けられていました。

導入後はクラウドログには入力漏れの防止機能があり、それぞれの業務に掛かる時間が正確に把握できるようになりました。当初は一部チームでの活用予定でしたが、導入時のスムーズさも相まり、導入3ヶ月後には部門全体での活用を実施、さらに他部署へも広がっています。

■クラウドログについて
 

クラウドログ ロゴクラウドログ ロゴ

クラウドログは、チームの働き方を見える化するクラウド型プロジェクト管理サービスです。2020年3月より当社事業としてサービスを開始。2020年10月末現在で累計導入社数は約400社、現導入社数のうち約25%が従業員数300人以上の大企業が活用しており「誰でも簡単に導入・活用ができるプロジェクト管理」を実現しています。リニューアルにあたっては、サービスビジョンとして「世界中の働くを見える化する」を掲げ、サービス名・ロゴデザインは働き方や時間を記録するという特徴を表しています。

クラウドログ:https://www.innopm.com/

■株式会社クラウドワークスについて
クラウドワークスは「“働く”を通して人々に笑顔を」をミッション、「働き方革命~世界で最もたくさんの人に報酬を届ける会社になる」をビジョンとし、日本最大のクラウドソーシング「クラウドワークス」をはじめとした人材ミスマッチを解消し、労働市場をアップデートする事業を展開しています。2020年9月末時点で、当社提供サービスのユーザーは410万人、クライアント数は67万社に達し、内閣府・経産省・外務省など政府12府省を筆頭に、80以上の自治体、行政関連団体にも利用されています。2014年に東証マザーズ上場(証券コード3900)、2015年には経済産業省 第1回「日本ベンチャー大賞」ワークスタイル革新賞および、グッドデザイン・未来づくりデザイン賞を受賞。

会社名:株式会社クラウドワークス
代表者:代表取締役社長CEO 吉田 浩一郎
所在地:東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー6階
設 立:2011年11月11日
事 業:インターネットサービスの運営
日本最大のクラウドソーシング「クラウドワークス」 https://crowdworks.jp
ハイスキルなフリーランスに自由な働き方を。「クラウドテック」https://crowdtech.jp/client/
優秀なアシスタントがバックオフィス業務を在宅でサポート「ビズアシスタントオンライン」https://bizasst.co.jp/service/
Webクリエイター向け 週3日の仕事スタイル「3スタ」https://sanprostyle.com/about/
業界最大級の副業マッチングサービス「クラウドリンクス」https://crowdlinks.jp/
チームの働き方を見える化するクラウド型プロジェクト管理「クラウドログ」https://www.innopm.com/
資本金:26億8,856万円※2020年9月末現在
URL:https://crowdworks.co.jp/

【サービスに関する問い合わせ先】
クラウドログ 事務局
E-mail:crowdlog@crowdworks.co.jp

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社クラウドワークス >
  3. テレワーク時代の煩雑なプロジェクト管理をシンプルに。「クラウドログ」提供開始