劇場公開用3DCGアニメーション映画「GAMBA ガンバと仲間たち」

ハウステンボスと白組、クリーク・アンド・リバー社の三者による 共同製作について

ハウステンボス株式会社(長崎県佐世保市 以下ハウステンボス)と株式会社白組(東京都渋谷区 以下白組)、株式会社クリーク・アンド・リバー社(東京都千代田区 以下C&R社)は劇場公開用3DCGアニメーション映画「GAMBA ガンバと仲間たち」を共同製作することとなりました。
ハウステンボスは“オンリーワン・ナンバーワン”の規模感や価値感を持ち合わせた「花」「光」「音楽とショー」「ゲーム」「健康と美」の5つを軸としたイベント展開により年間を通じて国内外から三世代のお客様にご来場いただき、それぞれのコンテンツを体験いただいています。また今年7月にはロボットがメインスタッフを勤める世界初のローコストホテル「変なホテル」の開業や発電事業への進出などテーマパークの枠に囚われない新しい分野へのチャレンジも始めています。

白組は最先端と伝統技術が混在し、クラフト精神が生きた本物の映像を追及することを旗印に、人の心を打つ良質な作品を世に送り出し長く人々に愛される作品を作り続けることを目標に活動しています。「ALWAYS 三丁目の夕日」や「永遠の0」、「STAND BY ME ドラえもん」など人々の記憶に強く残る作品を次々に発表しています。

C&R社は「クリエイターの生涯価値の向上」を理念に掲げ、テレビ、映画、ゲーム、Web、出版等のクリエイティブ分野におけるエージェンシー事業を展開しています。C&R社のクリエイターが関わるテレビ番組は地上波の約45%、制作するゲームコンテンツは年間100タイトル、Webサイトは年間6,000サイトに及び、数多くのクリエイティブを生み出すと同時に、日本の優秀なエンタテインメント・コンテンツを世界へと展開し、より広く収益化の機会をはかるライツマネジメントビジネスにも積極的に取り組んでいます。

この三者による初の共同製作作品として幅広い世代のお客様に支持されている「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」が原作の3DCGアニメーション映画「GAMBA ガンバと仲間たち」を発表させていただく運びとなりました。

白組が企画と製作を手がけ、ハウステンボスとC&R社も出資による参画を行っています。今後、10月10日の劇場公開へ向けてハウステンボス場内での告知活動の実施を含め、三社共同で本作品のPR等を 行い、多くのお客様に本作品の魅力に触れていただける様、協力して参ります。

【 作品概要 】
1. 題  名    「GAMBA ガンバと仲間たち」
2. 形  式    劇場用アニメーション映画
3. 監  督    小川洋一、河村友宏、小森啓裕
4. 製作総指揮   島村達雄
5. 配  給    東映株式会社
6. 本篇仕様    カラー/DCPマスター/シネスコ/デジタル5.1chサラウンド
7. 上映時間    92分(予定)
8. 完成予定日   2015年9月
9. 劇場公開日   2015年10月10日

©SHIROGUMI INC., GAMBA

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ハウステンボス株式会社 >
  3. 劇場公開用3DCGアニメーション映画「GAMBA ガンバと仲間たち」