スマートキャンプ、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、北海道インサイドセールス代行センター従業員のテレワークを実施

クラウドサービスを活用しテレワークでの運用を整備

スマートキャンプ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:古橋 智史、以下「当社」)は、新型コロナウイルスの感染が拡大している状況を受け、インサイドセールスの代行・コンサルティングサービス「BALES(ベイルズ)」( URL: https://bales.smartcamp.co.jp/ )のコールセンター拠点である北海道支社( URL:https://smartcamp.co.jp/office/hokkaido )において、社内外への感染被害防止と従業員、その家族、お取引先、その他関係各位の安全確保を最優先として、北海道支社従業員を対象に、2020年3月2日よりテレワークを実施いたします。

 

 

 

 

  • テレワークの概要

■対象範囲
北海道支社に勤務するスマートキャンプ株式会社の全従業員
(正社員、契約社員、パート・アルバイト、派遣社員、通常在席の業務委託)

■対象期間
2020年3月2日(月) 〜 3月13日(金)

■内容
希望者を対象にテレワーク(在宅勤務)を開始します。また、対象期間内に北海道支社において感染が発生した場合、全従業員を対象に原則テレワークへと移行します。なお、法定手続きや顧客対応など業務上止むを得ない事情で出社する場合は、通勤ラッシュにあたる時間帯の公共交通機関の利用を避けて、時差出勤を推奨します。さらに、出社するすべての従業員に対し、アルコール消毒、並びに出社前の自主的な体調チェックの実施を進めます。

■在宅勤務に向けた取組
セキュリティへの配慮のため、原則自宅勤務とし、フリーWi-Fiの使用を禁止します。

また、当社親会社である株式会社マネーフォワードが2020年2月21日にお知らせいたしました「新型コロナウイルスに対する当社対応方針」のうち、以下について継続的に実施いたします。

(1) 社外の方との会議の見直し
社外の方との会議やアポイントメント等は、可能な範囲で日程変更やオンライン会議への切り替えを含めた形で調整します。

(2)不要不急の国内・海外出張の制限
国内外問わず、役職員による不要不急の出張を原則禁止とします。

当社は今後も、全従業員とステークホルダーの皆さまの安全確保を第一に、迅速な対策を実施してまいります。関係者の皆様におかれましては、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。
 
  • スマートキャンプ北海道支社について

当社は “Small Company, Big Business.” をビジョン、「テクノロジーで社会の非効率を無くす」をミッションとして掲げ、SaaS比較サイト「ボクシルSaaS」( URL:https://boxil.jp/ )、インサイドセールス代行・コンサルティングサービス「BALES(ベイルズ)」( URL:https://bales.smartcamp.co.jp/ )、インサイドセールス管理SaaS「Biscuet(ビスケット)」( URL:https://biscuet.jp/ ) を運営し、「BALES(ベイルズ)」のコールセンター拠点として2019年2月に北海道支社( URL:https://smartcamp.co.jp/office/hokkaido )を開設しています。

「BALES(ベイルズ)」は、効率的な営業・マーケティング活動を実現する営業手法として昨今注目を集めている「インサイドセールス」の実務支援・構築支援を提供するサービスです。2017年9月に提供を開始し、IT企業を中心にこれまでに多くの企業様の商談数・受注数の増加、利益の最大化に貢献して参りました。

北海道支社では「テクノロジーで社会の非効率を無くす」というミッションの下、通常業務においてWeb会議、チャット、顧客管理、CTIなどの多様なクラウドサービスを活用し、生産性向上に努めて参りました。この度のテレワークにおいても、クラウドサービスを活用することで通常業務が可能になります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. スマートキャンプ >
  3. スマートキャンプ、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、北海道インサイドセールス代行センター従業員のテレワークを実施