ビービットのシーケンス分析クラウドUSERGRAM、AI技術の活用により、ユーザ注目ワード機能をアップデート

ユーザの興味・関心をより精緻に把握することが可能に

株式会社ビービット(本社:東京都千代田区、代表取締役:遠藤 直紀)は、当社が提供するシーケンス分析クラウド「USERGRAM(ユーザグラム)」上の「ユーザー注目ワード」機能において、AI技術を活用し、アップデートを行いました。これにより、さらに精緻にユーザの興味・関心を把握することが可能となります。


​ビービットが提供するシーケンス分析クラウド「USERGRAM」は、ユーザ行動を、行動の順序や流れ(シーケンス)まで加味して分析することで、ユーザが置かれている状況をより精緻に把握することを目指したサービスです。


USERGRAMをご利用いただくことで、Webサイトに訪れるユーザの行動を詳細まで可視化することが可能となりますが、「もっと直感的にユーザの興味を把握したい」という導入企業様の声により、2018年より「ユーザ注目ワード」という機能を搭載しております。「ユーザ注目ワード」は、コンテンツ閲覧データを解析することで、ユーザごとに関心を示していると思われる単語を、タグクラウドのように表示する機能です。

この度、AI技術を用いて「ユーザ注目ワード」をアップデートいたしました。具体的なアップデートのポイントは下記の2点です。

1. AI技術による分析機能の強化

・単純にコンテンツ閲覧データの解析だけでは測れないユーザの真の興味・関心について「頻出するが興味を持っているわけではないノイズ的な情報」のスコアを下げ、逆に「サイト上での出現頻度は低いが、ユーザ行動に影響を及ぼしているであろう重要な情報」のスコアを上げるなどの、データ解析上の重み付けをAI技術により自動調整

2. 分析パフォーマンス改善

・重み付け調整などの処理を増やすことで計算量が増大し、レスポンスが遅くなってしまわないように、分析基盤のリプレイスを実施
・解析結果のキャッシュ機能の改善により、二回目以降の利用における表示速度を高速化

 

(ユーザー注目ワード機能のアップデートイメージ)(ユーザー注目ワード機能のアップデートイメージ)

 

今回のアップデートによって、個々の興味・関心がより精緻に評価できるようになり、正しい「状況の発見」につながるものと考えております。今後「ユーザ注目ワード」機能においては、ユーザの行動データをより示唆深く有意なものとして把握できるように、下記の通りさらに改善を進めていく予定です。


・個人の興味・関心にとどまらず、好みの似たユーザをグルーピングして観察できる機能により、特定のユーザ群に対するUX企画を支援
・ユーザの好みの推移を時系列で追うことができる機能により、より精緻にユーザ行動に基づいたカスタマージャーニーを可視化
・トピックモデルなどのAIを応用して、ユーザの潜在的な好みを抽出

ビービットでは、今後もデータサイエンス/AI技術に注力し、USERGRAMを活用したUX企画を支援してまいります。
                                               以上


シーケンス分析クラウド USERGRAM(ユーザグラム)
行動データを活用した企画がデータドリブン・マーケティング成功の鍵!

シーケンス分析クラウド USERGRAMは、ユーザ単位の時系列データ(シーケンスデータ)から、その行動の目的や、背景にある状況を把握し、マーケティング施策の企画立案に活かせるクラウドサービスです。

▼資料ダウンロードはこちらから
https://www.bebit.co.jp/usergram/ug_contact/brochure.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■USERGRAM(ユーザグラム)について https://www.bebit.co.jp/usergram/
シーケンス分析クラウド「USERGRAM」は、顧客の行動の順序や流れ(シーケンス)を加味した行動データ分析によりユーザの『状況』を捉え、顧客体験(UX)の高速改善=UXグロースハックを実現するクラウドサービスです。従来高度なデータ解析技術が必要であったシーケンスの把握・分析を、専門外のスタッフでも簡単に行うことができます。USERGRAMは、真の意味でユーザ中心のデータドリブン・マーケティングを実現します。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■株式会社ビービット https://www.bebit.co.jp/
設立 : 2000年3月
代表者 : 代表取締役 遠藤直紀
事業内容 : ビービットは、「エクスペリエンスデザインを実践できる組織への変革」を支援する企業です。2000年の創業以来、開発を続けてきた「ユーザ中心の方法論」に基づき、企業のエクスペリエンス運用業務を支援する「エクスペリエンス設計支援コンサルティング」およびクラウドサービス「シーケンス分析クラウド USERGRAM」を提供しています。2012年に台北、2013年に上海にて海外現地法人を設立。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――




 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ビービット >
  3. ビービットのシーケンス分析クラウドUSERGRAM、AI技術の活用により、ユーザ注目ワード機能をアップデート