WOTAがコロナ第4波への危機感高まる中、迫る風水害のシーズンに備え、全国から500を超える自治体が参加する防災・BCPの無料オンラインスクール「BB. univ」過去(20本)の講義動画を全公開

〜令和3年度新カリキュラムも開始、変異株による感染拡大に備えコロナ禍における自治体の災害対策を深掘り〜

水循環を用いた次世代の分散型水インフラの研究開発・事業展開を手がけるWOTA株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役:前田 瑶介、以下「WOTA(ウォータ)」)は、災害大国日本での「防災」と「BCP」のアップデートを目指し、2020年9月に設立した自治体向けの無料オンラインスクール「BB. univ」の令和3年度新カリキュラムスタートにあたり、コロナ第4波への危機感が高まる中、風水害の発生しやすい時期が迫ってきていることを受け、コロナ禍における風水害対策、特に避難所における感染症対策の再点検を促すことを目的に、これまでに実施してきた過去の全講義動画20本を自治体職員の方を対象に一挙に無料公開することをお知らせいたします。


WOTAでは、災害大国日本において、いつでも起こりうる地震や台風・水害など自然災害への備えや対策を行うため、これまでにも全国自治体と連携した自助・共助・公助の促進をサポートする取り組みを積極的に行ってきましたが、昨年、新型コロナウィルスの感染が拡大する状況の中、最初の緊急事態宣言が発令された2020年4月7日から約1週間後の15日と26日に、全国に先駆けて感染症発生期における避難所運営の難しさや事前対策の重要性について、希望する自治体を対象にした無料オンラインセミナーを開催し、全国15府県266自治体から計300名超が参加、その数は、全国自治体の15%を超える数となりました。


そして、2020年9月に、専門家や研究者による最新理論や知識だけではなく、災害対策に向き合う自治体の現場でのリアルな経験や情報にこそ焦点を当て、現場のリアルを理論化し体系立て、より有益で実践的な防災・BCPの対策ノウハウを構築していくことを目指し、自治体向けの無料オンラインスクール「BB. univ」を設立しました。


本スクールでは、受講を希望する全国自治体の方向けに、withコロナ時代におけるBCPの基礎理論や災害対策本部の動かし方などをテーマに、6ヶ月間の中長期カリキュラムで防災・BCPについて、理論から実践まで体系立てて学ぶことが可能な講義をオンラインのストリーミング形式にて無料で実施し、これまでに全国自治体のおよそ3分の1にあたる計500を超える自治体の方々にご参加いただきました。全国自治体を対象に中長期にわたり無料開催されるセミナー事例は少なく、多くの反響をいただいています。
 

このたび、WOTAでは、2021年4月より「BB. univ」新年度カリキュラムをスタートするにあたり、コロナ第4波への危機感が高まる中、風水害の発生しやすい時期が迫ってきていることを受け、全国自治体での風水害対策や避難所における感染症対策の再点検を促していくことを目的に、昨年度までの全講義動画20本について、お申し込みいただいた自治体職員の方向けに無料公開したします。本取り組みを通し、これまでに受講された方も、初めてご覧になる方にも、改めて各自治体での対策を振り返り、より有効な今後の対策推進に繋げ、防災・BCPのアップデートに貢献できることを期待しています。


なお、「BB. univ」をはじめ、全ての講義・セミナーは、官民双方で豊富な危機管理の実践経験を有し、グローバル企業で新型インフルエンザ・パンデミックの対応経験を有し、弊社総合企画室長も務める「BB.univ」学長の森が講師を務めます。

今後も、WOTAでは「誰でもどこでも水の自由を」の実現に向け、災害時から日常生活まで様々なシーンで世界中の人々に新しい水インフラを提案するため、プロダクト・サービスの改善に努めるとともに、研究開発・事業展開をより一層強化してまいります。
 

  • 令和3年度 自治体向けの無料オンラインスクール「BB. univ」について
令和3年度の「BB. univ」では、「体系的な防災・BCPのアップデート」を戦略目標に据え、新任担当者向けの心得から自治体BCPに関する注意すべきポイント、地震や水害など災害リスク別の対応実務ポイントについて、議論を展開していきます。


「BB.univ」講師/学長紹介 WOTA 株式会社  防災・BCP 担当室長 森 健
1966年東京都出身。開成高校・慶応義塾大学法学部卒業後、静岡県下田市役所へ入庁。静岡県庁防災局(現:危機管理部)への出向を含め、約12年間地方自治体で実務経験を積む。その後企業へ転職し、自動車部品グローバルメーカーである住友電装㈱におけるリスク管理体制の再構築や新インフルエンザのパンデミック対策など、複数社でマネジメント職(本部長、部長、課長)を経験。2019年9月より現職。2020年9月、WOTAにて、日本の防災・BCPのアップデートを目指す無料オンラインスクール「BB.univ」を設立、学長に就任。2021年4月末時点で全国自治体の約30%にあたる512自治体から防災担当職員が受講。

「BB.univ」WEBサイト
http://wota.co.jp/bbuniv/

 
  • 過去講義動画の公開について
【視聴可能な過去講義動画】

①BB.univ 開講以前、WOTA防災・BCPセミナー(令和2年4月〜8月)
新型コロナウイルス感染症パンデミックを機に、急遽WOTAとして無料オンラインスクールのスキームを構築。避難所運営における感染症対策を中心に、地方自治体への注意喚起・メッセージ発信・情報提供を開始。


②BB.univ 令和2年 全カリキュラム14回 2年9月〜令和3年3月
好評を博したWOTAの無料オンラインスクールを発展させたBBunivが9月にスタート。
年度途中のスタートであったが、風水害と住民避難誘導、災害対策本部運営、本部長の教科書(指揮官心得)などをテーマに、コロナ禍における災害危機管理のポイントについて解説した。

【 募 集 期 間 】2021年4月19日(月) ~ 2021年5月4日(火) 18時締め切り 
【視聴可能期間】2021年4月19日(月) ~ 2020年5月6日(木) 18時
【 視 聴 時 間 】各動画約15分
【 費 用 】無料
【 対 象 者 】
・都道府県知事・市区町村長様
・副知事・副市区町村長様
・各団体幹部職員の皆様
・防災・危機管理担当課長様 
・財政・予算編成担当課長様

【 参 加 方 法 】
・当セミナーは自治体職員の皆様を対象にオンラインで行います。
・4月19日(月)〜4月21日(水)にかけて、各自治体様の防災担当課窓口宛にメール・FAXもしくはDMでお申し込みのご案内をお送りしております。
・お申し込みフォーム記載後、その場で動画視聴リンクをご取得いただけます。
・ご案内が届いていない場合、お手数をおかけいたしますが、お問い合わせ窓口(info@wota.co.jp)までお申し込み希望の旨ご連絡ください。
※自治体様向けのコンテンツになりますので、対象でない方はご参加をお断りさせていただく場合がございます。予めご了承ください。

【会社概要】
WOTA株式会社(https://wota.co.jp/
本社所在地:東京都豊島区北大塚2-33-20
設立   :2014年10月
代表者  :代表取締役 前田 瑶介
事業内容 :水処理装置の製造・開発、アルゴリズム開発
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. WOTA株式会社 >
  3. WOTAがコロナ第4波への危機感高まる中、迫る風水害のシーズンに備え、全国から500を超える自治体が参加する防災・BCPの無料オンラインスクール「BB. univ」過去(20本)の講義動画を全公開