香港の2022カウントダウンイベント 史上初となる豪華な「アートショー」としてビクトリア・ハーバーで開催

香港を代表するオーケストラ 香港フィルハーモニー管弦楽団の演奏とオープンしたばかりの「M+」美術館のLED大壁面を使った大規模カウントダウンなど新年を迎えるさまざまな演出も

 香港政府観光局(日本支局:東京都港区、日本局長:堀和典)は、2021年の大晦日に、香港の象徴であるビクトリア・ハーバーで、3部構成の年末カウントダウンイベントを開催し、香港で盛り上がるアートシーンを世界に向けて紹介します。

カウントダウンが行われるビクトリア・ハーバー (写真クレジット BrandHK)カウントダウンが行われるビクトリア・ハーバー (写真クレジット BrandHK)

カウントダウンを迎える12月31日の夜は、西九龍(ウエストカオルーン)文化地区に2021年11月にオープンしたばかりの、アジア最大級の視聴覚美術館「M+」に注目です。高さ65.8メートル、幅110mの巨大LEDスクリーンでもあるM+の壁面が、ビジュアル・カウントダウンの壮大なスクリーンとなり、ビクトリア・ハーバーの光を一層煌びやかにします。この壁面では、大晦日の夜から、地元の才能あふれるデジタルアーティストが制作した、香港の街やカルチャーを表現したビジュアルストーリーが一挙に上映されます。このM+の壁面は、2021年の最後の1分となる現地時間の23時59分、香港の豊かな街並みを映し出すカウントダウンの時計に変わります。時計がちょうど0時になると同時に、“2022”の数字と日本語を含む各国語による新年の挨拶がスクリーンに映し出され、世界中に新年のお祝いを届けます。

カウントダウンの前には、西九龍文化地区で行われる野外の年越しカウントダウンコンサートで、香港を代表するオーケストラである香港フィルハーモニー管弦楽団による演奏があり、ビクトリア・ハーバーの両岸で行われる新年を祝うイルミネーションに包まれるアートの祭典に華を添えます。2019年に権威あるイギリスのクラシック音楽雑誌「グラモフォン」のグラモフォン・アワードにおいてオーケストラ・オブ・ザ・イヤーを受賞した香港フィルハーモニー管弦楽団は、世界の人々のためにエネルギッシュで喜びに満ちた音楽を演奏し、新年を祝う輝かしい瞬間を迎える喜びを分かち合います。

 香港フィルハーモニー管弦楽団 (写真クレジット Ka Lam 、 HK Phil) 香港フィルハーモニー管弦楽団 (写真クレジット Ka Lam 、 HK Phil)

この模様は、香港政府観光局のYouTubeチャンネルおよびFacebookでも視聴することができます。

詳しい情報は https://www.discoverhongkong.com/countdown からご確認ください。

 

 M+の巨大なLED壁面 (写真クレジット Kevin Mak、 Courtesy of Herzog & de Meuron) M+の巨大なLED壁面 (写真クレジット Kevin Mak、 Courtesy of Herzog & de Meuron)

M+の壁面に表示される香港の象徴的なランドマークやユニークな体験を紹介する映像M+の壁面に表示される香港の象徴的なランドマークやユニークな体験を紹介する映像

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 香港政府観光局 >
  3. 香港の2022カウントダウンイベント 史上初となる豪華な「アートショー」としてビクトリア・ハーバーで開催