ネスプレッソ 5ヵ国の大地の恵みと、熟練の職人技から生み出された新機軸のコーヒーシリーズ 「マスターオリジン」 (全5種)2018年9月4日(火)販売開始

カプセルコーヒー、専用コーヒーメーカー、トータルサポートによる“至福のコーヒー体験”を提供するこだわりのコーヒーブランド「NESPRESSO(ネスプレッソ)」(ネスレネスプレッソ株式会社 本社:東京都品川区、
代表取締役社長: パスカル・ルバイー)は、2018年9月4日(火)より、5ヵ国の大地の恵みと職人技から生み出された、新機軸のコーヒーシリーズ「マスターオリジン」の販売を開始します。


今回新たな定番ラインナップとして登場する「マスターオリジン」シリーズは、インド、インドネシア、コロンビア、ニカラグア、エチオピアの5ヵ国で生産された単一原産国のコーヒー豆を使用した、5種類のカプセルコーヒーです。
単一原産国から選んだコーヒー豆のみを使用する「シングルオリジン」というこれまでの考え方に加え、「マスターオリジン」には各国でコーヒーの生産に関わる職人(=マスター)の高い技術と特別なこだわりが込められています。今回ネスプレッソは、新シリーズのコーヒーの味わいを創り上げる上で、土壌や気候、標高というコーヒー豆生産国の自然環境を意味する「テロワール」だけでなく、生産者の手仕事をはじめとするコーヒーの製造プロセス(収穫・精製方法)にもフォーカスし、より「クラフツマンシップ」を体現したコーヒーづくりに取り組みました。
コロンビアでは、完熟したコーヒーチェリーの収穫時期をあえて遅らせる「遅摘み」による収穫を、湿度が高い気候のインドネシアではコーヒー豆の水分量を調節する「ウェットハル」という精製方法を、ニカラグアでは、細心の注意と手間を必要とする「ブラックハニープロセス」という精製方法をそれぞれ採用し、厳選された生産地で栽培されたコーヒー豆から、難易度が高い技法によって創り出されたコーヒーをお楽しみいただけます。また、こうしたコーヒー豆の調達は、ネスプレッソ独自の調達プログラムである「 AAA サステイナブル・クオリティ(持続可能品質)™プログラム」(※)を通じ、生産者や農学者と培った長年の信頼関係により実現しました。

なお、「マスターオリジン」シリーズの発売に伴い、これまで販売を行ってきた「シングルオリジン」シリーズ
(「インドリヤ」、「ロサバヤ」、「ダルサオ」、「ブケーラ・ルンゴ」全4種)は現在の在庫をもって販売終了となります。また、この度「マスターオリジン」シリーズの全5種類が新たに発売されることで、ネスプレッソが提供するカプセルコーヒーの総数は、これまでの24種類から25種類となります。

ネスプレッソは、コーヒーチェリーの栽培からコーヒーを味わっていただく瞬間まで、専門家が情熱を注いで作り出した至福の一杯を皆様にお届けしています。世界中を旅する専門家が厳選された生産地からコーヒー豆を入手し、スイスにて焙煎やブレンドなどそれぞれの工程における専門家が上質なクレマとアロマを持つこだわりのコーヒーを作り出し、個性豊かな25種類の定番コーヒーや毎年異なるテーマの数量限定コーヒーとして皆様にお楽しみいただいています。この度新たに販売を開始する「マスターオリジン」シリーズを通じて、5ヵ国の職人たちの情熱とこだわりが込められた至福の一杯をご堪能いただけます。

(※)2003年NGOレインフォレスト・アライアンスと立ち上げた、上質なコーヒー豆を安定的に調達し、生産者に対して経済的・環境的・社会的にポジティブな影響を与えることを目的としたネスプレッソ独自のコーヒー調達プログラム。

マスターオリジンシリーズ 製品概要

発売日/価格:
2018年9月4日(火)全国一斉発売 (1本10カプセル入 本体価格 各850円 税込価格 各918円)

販売チャネル:
(1)全国のネスプレッソブティック(20店舗)、ネスプレッソ ミニ 松屋銀座店※9月7日(金)オープン
(2)ネスプレッソクラブ :フリーダイヤル0120-57-3101、ウェブサイト  www.nespresso.com

※味わいの強さとは、ロースティングのレベル(ロースティングから生じる風味の強さ)およびコーヒーのボディと苦みによって決まり、ネスプレッソでは1(弱い)~12(強い)の12段階で表現しています。
※「マスターオリジン」シリーズの5種類のコーヒーは、すべてエスプレッソ(40ml)またはルンゴ(110ml)でお楽しみいただけます。

■マスターオリジン インド
・味わいの強さ:11  ・技法:モンスーン処理 / 特徴:力強くスパイシー
 

コーヒー豆を、湿気を帯びたモンスーン(季節風)とインドの熱気に慎重にさらす「モンスーン処理」を採用。
高品質なロブスタ豆にこの高度な技法であるモンスーン処理を施すことにより、力強いボディに複雑な
アロマ、木やスパイスのような香りをもつコーヒーが生まれました。


■マスターオリジン インドネシア
・味わいの強さ:8  ・技法:ウェットハル(スマトラ式) / 特徴:木のような香りと豊かな味わい
 

多湿な気候のインドネシア・スマトラ島北部のコーヒー生産者たちは、コーヒー豆を一晩発酵させた後に人の手で水洗いをすることで、豆の水分量を調節する「ウェットハル(スマトラ式)」と呼ばれる精製方法を取り入れています。南国のジャングルを想わせる、青々とした熱帯雨林のようなアロマとスモーキーな香り、ベルベットのように濃厚な口当たりが特徴のコーヒーです。なお「マスターオリジン インドネシア」は、国際フェアトレード認証コーヒー豆を100%使用しています。


■マスターオリジン コロンビア
・味わいの強さ:6  ・技法:遅摘み / 特徴:赤い果実や華やかなワインのような香り
 

コーヒーチェリーの収穫を、通常の完熟の摘み頃よりもおよそ15日以上も遅らせて行うことで、果肉の糖分がコーヒー豆の深くまで浸透し、ワインのような風味とフルーティーな香りが生み出されます。難易度の高いこの技法は、的確な収穫タイミングを見極めることができるごくわずかな生産者たちによって行われています。


■マスターオリジン ニカラグア
・味わいの強さ:5  ・技法:ブラックハニープロセス / 特徴:甘く調和のとれた味わい
 

 ミューシレージと呼ばれるコーヒー豆の皮につく粘液質を残したまま乾燥させる、特殊な「ブラックハニープロセス」という精製法を採用。ニカラグアの湿度が高い気候ではミューシレージのベタつきによって豆同士が付着してしまうため、豆を腐らせないための厳密な管理が求められる、難易度の高い技法です。果肉の自然な糖分がコーヒー豆に浸透した結果、サテンのようになめらかな口当たりと、甘い穀物のような香りをもつ一杯が完成しました。

■マスターオリジン エチオピア
・味わいの強さ:4  ・技法:ドライプロセス(乾燥式) /特徴:鮮やかな花のような香り

コーヒーの祖国と言われるエチオピアでは、伝統的な「ドライプロセス(乾燥式)」の精製方法を、どの国よりも早くから行ってきました。高床式の「アフリカンベッド」と呼ばれる乾燥テーブルの上で太陽の光を贅沢に浴びたコーヒー豆は、フルーツジャムやオレンジの花を想わせる鮮やかな風味と豊かなアロマを生み出します。


~ネスレネスプレッソ社について~  http://www.nespresso.com
コーヒーチェリーから至福の一杯まで、情熱をこめて
ネスプレッソは、1986 年に発売を開始して以降、カプセル式コーヒー市場のパイオニアとして、常に革新を起こし、世界中の人々のコーヒーの楽しみ方に変化をもたらしてきました。
味わい豊かなコーヒーは、上質なコーヒー豆からつくられます。ネスプレッソでは、世界中を旅する専門家が、テロワールといわれる標高、気候、土壌の厳しい条件を満たしたごくわずかな生産地を選択して栽培。さらに、コーヒー豆一粒一粒を大切に、ダイヤモンドを扱うように、収穫や精製、選別を行っています。
また、上質なコーヒー豆を安定的に調達し、生産者に対して経済的・環境的・社会的にポジティブな影響を与えることを目的とした独自の「 AAA サステイナブル・クオリティ(持続可能品質)™プログラム」からコーヒー豆を入手しているのも特徴です。焙煎やブレンドなどの各工程におけるスイスの専門家たちが作り出したコーヒーは、鮮度を保つアルミニウム製カプセルに包まれ、コーヒースペシャリストの手から、お客様の手に渡ります。
コーヒーチェリーの栽培から、コーヒーを味わっていただく瞬間まで、ネスプレッソは情熱を込めて至福の一杯をお届けしています。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ネスレネスプレッソ株式会社 >
  3. ネスプレッソ 5ヵ国の大地の恵みと、熟練の職人技から生み出された新機軸のコーヒーシリーズ 「マスターオリジン」 (全5種)2018年9月4日(火)販売開始