【ベトナム最新事情】ITベンダー・SIerなど1200社に調査「注目度No.1のオフショア開発国〜コミュニケーションスキルと品質が大きく向上〜

最新事情を徹底分析!『ベトナム・オフショア開発白書(2021年版)』(オフショア開発.com)

海外ビジネス支援プラットフォーム「Digima~出島~」等を運営する株式会社Resorz(本社:東京都新宿区、代表取締役 兒嶋裕貴)は、オフショア開発会社など1,200社を対象に調査した「ベトナム・オフショア開発白書(2021年版)」の提供開始をお知らせします。


オフショア先として最も注目を集めている「ベトナム」は、アウトソース先としてどのような期待をされているのでしょうか。
本白書をご覧いただくことで、発注されているプロジェクト内容やその発注背景を理解でき、自社のIT課題をベトナム オフショア開発で解決できるか判断できます。
さらに、既にリリースされている「オフショア開発白書(2021年板)」(※全世界版)を合わせてご覧いただくと、よりベトナムの特長を把握できます。
2つの資料を比較していただき、最適なオフショア先の検討に繋げていただければ幸いです。
 

  • ベトナム・オフショア開発白書(2021年版)
オフショア開発.comは、毎年オフショア開発(ITアウトソース)に関する相談をもとに「オフショア開発白書」を作成しています。
「ベトナム・オフショア開発白書(2021年版)」では、オフショア開発白書を作成する中で収集したデータをベトナムでクロス集計することで、今もっとも注目を集めるベトナムの傾向を詳細に分析しております。

<詳細・無料ダウンロード>
https://www.digima-japan.com/event-news/lp/offshore_hakusho_2021_vietnam/
 
  • 調査概要
調査方法 : インターネットリサーチ
対象国  : ベトナム
調査対象 : オフショア開発会社・ITベンダー・SIer・委託企業(1200社)
調査機関 : オフショア開発.com(株式会社Resorz)
 
  • 目次
【第1部】2020年の「ベトナムオフショア開発」動向
1. ベトナムオフショアを検討する企業の規模
2. 開発案件別ランキング(ベトナム編)
3. ベトナムオフショア開発の契約形態割合
4. ベトナムオフショア開発に関する予算…
5. ベトナムオフショア開発に関する考察

【第2部】ベトナムオフショア開発企業の実態調査(アンケート調査)
1. ベトナムオフショア開発企業の規模別割合
2. ベトナムオフショア開発企業の人月単価
3. ベトナムオフショア開発企業の「強み」と「弱み」
4. ベトナム受託案件の傾向(契約形態/業種/案件内容)
 
  • オフショア開発白書(2021年板)

<詳細・無料ダウンロード>
https://www.digima-japan.com/event-news/lp/offshore_hakusho_2021/
 

「オフショア開発.com」は、オフショア開発に特化した発注先選定支援サービスです。100社以上のオフショア開発企業から、最適なオフショア開発会社を無料でお探しします。Webシステム、スマホアプリ、ERP、AIやIoTなど幅広い開発案件に対応できる開発企業が揃っています。
 

日本企業のグローバル化を促進するための海外ビジネス支援サービスの提供や情報提供メディアの運営、イベントの企画運営などを行っています。

【公式SNS】
Twitter:https://twitter.com/DigimaJapan
facebook:https://www.facebook.com/digimajapan
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Resorz >
  3. 【ベトナム最新事情】ITベンダー・SIerなど1200社に調査「注目度No.1のオフショア開発国〜コミュニケーションスキルと品質が大きく向上〜