陸上・海面養殖、水質検査などIoTマリンテック事業を「i-ocean」としてブランド展開開始

株式会社アイエンター(本社:東京都渋谷区、代表取締役:入江 恭広)は、IoT・AIのテクノロジーを活用した、養殖業における水質監視や、魚体サイズ推定の技術を「i-ocean(アイオーシャン)」としてブランド展開開始いたしました。
 海面養殖、陸上養殖では、生簀内の水温や酸素含有度など水質が魚の生育に大きく影響を与えるため、水質データのモニタリングが欠かせません。モニタリングは、水温を測る、匂いの変化をとらえる、目視で確認するなど熟練者の経験に頼ることが多く、時間や人手がかかり、属人化による後継者不足などの課題があります。

 アイエンターでは5年前より先端技術開発の経験と知見を活かし、​山口県防下松市や愛媛県宇和島市などで実証実験、研究開発を進め、海面養殖、陸上養殖の生簀の水質計測を自動化する「IoT水質センサー」の提供を開始しておりました。のちに提供開始した「⿂体サイズ算出装置」とあわせて、マリンテック事業を「i-ocean」としてブランド展開し、水産業における様々な課題をITのチカラでご支援させて頂きたいと考えました。


【IoT水質センサー技術概要】
「IoT水質センサー」は各水質センサーから自動計測されたデータを、3G回線やWi-FiでAWSへ蓄積し、Webブラウザから水質データをリアルタイムで参照することができます。

水質データの計測推移をグラフや一覧で表示。

 

過去データを参照し水質異常時にアラートを通知が可能。

<水質計の種類>
・水温/溶存酸素/導電率(塩分濃度)/クロロフィル/pH/ORP/濁度 など
・3本の異なる水質計で同時計測が可能、組み合わせ自由
・延長ケーブルで水深10m以上での計測が可能

<データ送信>
・3G/WiFiに対応

<給電方式>
・太陽発電/コンセント給電の両方に対応

<Web管理画面>
・センサーのデータが閲覧可能なWeb画面をご用意
・時間ごとの水質変化をリアルタイムで、グラフや一覧で閲覧が可能
・異常水質に対して、メール等でリアルタイム通知が可能

■陸上養殖水質センサー
・水温/溶存酸素/塩分濃度/pH/アンモニア/ORPを計測
・USB給電でサイズもコンパクト
・モバイルバッテリーで活魚配送トラックでも使用可能
<設置実績>山口県・下松市笠戸島

■海洋センサー
・水温/溶存酸素/塩分濃度/pH/クロロフィルを計測
・陽光発電でバッテリー充電不要
<設置実績>神奈川県・相模湾/北海道・知内町/山口県・下松市/広島県・福山市/千葉県・富津市

■環境水質センサー
・溶存酸素/pH/ORP/濁度を計測
・河川や湖沼の水質測定が可能
・工場排水の水質管理が可能
<設置実績>北六甲(ゴルフ場池)

【魚体サイズ推定技術概要】
 「⿂体サイズ算出装置」は、持ち運び可能な水中ステレオカメラで魚を撮影し、ディープラーニングの物体検出技術によって魚体を検出、同時に魚の位置情報から、魚の体長(上顎先端から尾鰭基底まで)と体高(背縁から腹縁まで)を測定します。測定したデータは測定記録のデータとしてデータベースに保存され、管理蓄積データの分析、活用可能です。

 この技術の活用により、非接触測定で魚に負担をかけることがなく正確な測定が可能となり、計測による魚の斃死や魚病リスクも回避でき、高付加価値化が期待されます。また、給餌量の最適化によるコスト削減、生産活動の省力省人化、担当者のスキルに依存しない測定精度と生産性の向上が実現でき、担い手確保課題への貢献が期待されます。

【アイエンターのマリンテック事業】
 ​海上、陸上養殖での養殖生簀の管理、繁殖と養殖魚の管理、品質や生産性の向上、自然環境変化による被害、コスト削減最適化などの課題解決と発展、コスト削減につながる技術開発により養殖業における自動化、省人化、地域活性化を目指しています。

■会社概要
会社名: 株式会社アイエンター
所在地 : 東京都渋谷区渋谷2-14-10 長沼ビル5階
代表者:入江 恭広
設立:2004年9月
事業内容 : システム開発/アプリ開発/クラウドソリューション/最先端技術研究開発/自社プロダクト開発/デジタルマーケティング
URL : https://www.i-enter.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アイエンター >
  3. 陸上・海面養殖、水質検査などIoTマリンテック事業を「i-ocean」としてブランド展開開始