助太刀がアクティオと協業を開始。「助太刀ストア」内で工事会社向けに建機レンタルサービスを開始予定。

建設現場で働くすべての人を支えるアプリ「助太刀」を運営する株式会社助太刀(本社:東京都渋谷区、 代表取締役社長 兼CEO:我妻陽一 以下 「当社」)は助太刀アプリ内の、現場で頼めば、現場に届く。職人のためのプロショップ。「助太刀ストア」で建機レンタルサービスの提供を目指し、建機レンタル国内最大手の株式会社アクティオ(本社:東京都中央区日本橋、代表取締役社長兼COO:小沼直人 以下「アクティオ」)との協業を開始します。建機レンタルサービスとアプリ連携によるダウンタイム削減で建設業全体の生産性向上を目指します。

この度の協業により全国13万事業者を超える助太刀ユーザは、助太刀アプリから簡単にアクティオの建機をレンタルできるようになります。アクティオは「助太刀」アプリとの連携により現場のニーズを迅速に受け取ることができる仕組みと、今まであまりリーチできなかった小規模な工事会社などにも新たにサービスを提供することができます。

建機レンタルは従来、Faxや電話での注文業務を行っておりましたが、アプリ内で申し込みが完結し、現場に直接建機を届けるため業務効率は大きく改善され、大きな生産性向上が期待できます。
サービスのリリースは本年8月上旬を予定しております。


■背景
建設業界では建機の供給遅れにより工期遅れが発生するケースがあり、業界課題の一つとなっています。

建設現場で使う建機(重機や機材など)は主に大手ゼネコンやサブコンがレンタル手配をおこない、それらを協力会社の作業員が使用するという構造となっています。

工事現場で急遽建機が必要となった場合、作業員は元請けに対して建機の手配を依頼しますが、手配を担当する施工管理担当者への情報の伝達が遅れたり、Faxや電話での申し込みに時間がかかるため発注が遅れて、作業予定日に建機が手元に届かないことがあり、作業工程の変更や、全体の工期遅れにつながることも多くありました。

現場の作業員がアプリから簡単操作で直接発注することができるようになることで、現場のニーズを速やかに受け取り、迅速に現場へ建機を届けることができるようになります。

さらに、助太刀の保有する13万事業者の登録ユーザデータ、ファクタリング事業における独自与信のノウハウも活用し、今までの建機レンタルサービスではリーチが難しかった小規模な工事会社などに新たにサービスを提供することができるようになります。
 

 


■サービス概要(予定)
助太刀のユーザは「助太刀」アプリ内「助太刀ストア」からレンタルしたい建機を選択し、直送された建設現場で建機を受け取りすることができます。

レンタル開始後はアプリを通じて問い合わせ、レンタル期間終了のリマインドを受け取ることもでき、期間延長もその場で可能です。レンタル終了後は、宅配便で返却します。

まずは小型機械からスタートし、将来的には重機などの大型機械も対象としていきます。またアクティオの在庫管理システムと連携し、シームレスな回答ができるサービスを構築していく予定です。


■株式会社助太刀について
当社は、建設現場で働くすべての人を支えるアプリ「助太刀」を運営しています。登録事業者数は13万を超え、建設業界におけるマッチング領域では圧倒的なシェアを誇ります。「助太刀」では、76職種、居住地に基づく最適なリコメンド機能により今まで出会うのが難しかった、職人や工事会社に簡単に出会うことが可能です。
加えて、フィンテック事業として、事業者の資金繰りを改善するファクタリングサービス「助太刀Pay」や、仕事中の怪我を補償する傷害保険が付帯したVISAブランドプリペイドカード「助太刀カード」があります。助太刀Payは銀行口座不要で利用でき、24時間365日セブン銀行ATMでの工事代金を受取りが可能になります。これらのサービスにより、初めての取引先でも未払いの心配をせずに取引が出来るため、マッチングの促進にも寄与しています。
EC事業である「助太刀ストア」では、アプリから簡単に工具修理が依頼でき、現場への集荷・配送も可能です。今後は修理以外にも材料や工具の販売など現場で必要とされるモノを現場から注文できて、現場に直接届くサービスを順次拡充していく予定です。
これらのサービスはすべて、煩雑な書類手続きや対面での申し込みは不要で、アプリ上での簡単 操作で利用することができます。 当社は今後も、建設業に従事する全ての人たちを支えるワンストッププラットフォームの構築を目指してまいります。


■会社概要
社名:株式会社 助太刀
代表者:代表取締役社長 兼 CEO 我妻 陽一
所在地:東京都渋谷区南平台町2-17 日交渋谷南平台ビル5階
設立:2017年3月30日
資本金:100,000,000円
事業内容:インターネットを利用したサービスの企画、制作及び運営
URL:https://suke-dachi.jp/

■株式会社アクティオについて
当社は、全国に営業拠点(営業所375ヶ所、工場・センター137ヶ所)を持つ、建設機械のレンタル会社で、1,810,000点の商品を取り扱っております。水中ポンプを貸し出すことから、レンタルという事業を開始し、今年で54年目を向かえます。必要なものは「所有するより、借りるほうが効率的」という常識を、建設分野・土木分野に定着させるべく、日々注力してまいりました。当社は、このレンタル事業をさらに進化させるため、2 0 0 0 年よりレンタルにコンサルティング機能を加えた「レンサルティング」を提唱。以来、お客様の現場の環境や状況、工程に合わせて最適な機械を提案し続けています。レンサルティングによって、お客様に最適な既成のものがない場合は、メーカーとの共同開発により、独自の機械を提案するなど、お客様の高度なニーズにもお応えしています。
少子高齢化、人手不足、ベテランの引退による経験や技術の消失など、変化する社会構造に対応しながら、レンサルティングを新しい分野に拡充していくと共にIoTを駆使した、機械の稼働状況把握システムなどの構築を目指してまいります。

■会社概要
社名:株式会社 アクティオ
代表者:代表取締役社長 兼 COO 小沼 直人
所在地:東京都中央区日本橋3-12-2 朝日ビルヂング7階
設立:1967年1月10日
資本金:500,000,000円
事業内容:建設機械レンタル
建設用機械器具等のレンタル・リース・販売及びこれらに付随する業務
URL: https://www.aktio.co.jp/


■本プレスリリースに関するお問い合わせ先
担当:大塚
Email:y.otsuka@suke-dachi.jp

 

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 助太刀 >
  3. 助太刀がアクティオと協業を開始。「助太刀ストア」内で工事会社向けに建機レンタルサービスを開始予定。