チームビューワー、無料モバイルアプリのlifeAR(ライフエーアール)をリリース

~リアルタイムARアノテーション機能で友人や家族とのリモート・コミュニケーションを最適に~

リモート接続ソリューションのグローバルリーダーであるTeamViewer(以下、チームビューワー)は、リモート接続ARコミュニケーションのための無料モバイルアプリ『lifeAR(ライフエーアール)』(https://www.lifear.app/ja/)を個人ユーザー向けに発表しました。『lifeAR』はスマートフォンを介して、リアルタイムで音声や映像を共有しながらAR機能が利用できるため、まるで隣同士にいるかのようにリモートでコミュニケーションすることができます。

『lifeAR』には、『TeamViewer』がARベースのリモートサポートの分野で培ってきた開発技術が活かされており、AppleのLiDARスキャナーやARKit、Google ARCore Depth APIなどの最先端のARテクノロジーによって、3D環境で正確なアノテーションの配置を実現します。iPhoneとAndroidスマートフォン向けのアプリで、ユーザーが相互に実際のオブジェクトにアノテーションを追加し対話できるため、友人や家族とのリモートでのコミュニケーションのギャップを埋めることができます。説明が難しい状況でもアノテーションを配置し、遠方にいるユーザーをサポートできるため、例えば一緒に買い物を体験したり、バーベキューのグリル操作をリモートで指示したりと生活の中での交流を深めることに役立ちます。

『lifeAR』では、最大6名でのモバイル間のグループビデオ通話が可能です。通話に参加するひとりのスマートフォンのカメラを介して共有された画面に映るオブジェクトに、ARポインター、フリーハンド描画、テキスト入力、絵文字を使ってマークし、共有、ライブ視聴することができます。一旦付けたアノテーションは、カメラが動いても実際のオブジェクトにそのまま配置されます。アノテーションを色分けすることもでき、どのユーザーが付けた指示かもひと目で見分けられます。さらに、あらゆるタイプのアクティビティのハウツー・ビデオ・チュートリアルを作成することもできます。すべてのセッションを録画したり、スクリーンショットを作成するために一時停止し、アプリ内からソーシャルメディアで即座に共有することも可能です。

チームビューワーのCPO(Chief Product Officer)であるヘンドリック・ウィットは、次のように述べています。「世界中のすべてのユーザーに『lifeAR』をお届けできることを大変嬉しく思います。個人ユーザー向けのリモート接続ソリューションは『TeamViewer』のDNAの一部で、これがすべての開発の起点となります。『TeamViewer』はすでに25億台ものデバイスにインストールされ、世界のリモートITサポートを可能にしました。『lifeAR』では、さらに一歩進んで、トラブルシューティング、知識の共有、意思決定、ARによる相互コミュニケーションなど、日常の課題をお互いにサポートし合える製品開発を目指しました。このアプリを使えば、業界最先端のARテクノロジーを、無料で日常生活に取り入れることができるようになります。皆さまによるあらゆるシーンでの活用事例は、エンタープライズAR製品の今後の開発にも役立つと確信しています」。

『lifeAR』は、チームビューワーのCEOであるオリバー・スタイルとメルセデスAMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チームCEO兼チーム代表であり、メルセデス・ベンツ モータースポーツの責任者であるトト・ウォルフによるオンライン対談(英語 https://www.youtube.com/watch?app=desktop&v=7F2nQ0Wca78)で初めて紹介されました。この『lifeAR』による2社のトップ対談では、メルセデスとのパートナーシップを皮切りに、モータースポーツにおける当社のブランド戦略が発表されました。
 

『lifeAR』のダウンロードについて
App StoreとGoogle Playから、無料でダウンロードいただけます。
iOS版: https://apps.apple.com/app/id1540048204

Android版: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.teamviewer.lifear


※本プレスリリースは2021年5月19日、ドイツで配信された発表の日本語抄訳版です。

                           ###

TeamViewer (チームビューワー)について
チームビューワーはリモート接続プラットフォームのグローバルリーダーとして、デジタル化を推進するあらゆる規模の企業を支援しています。リモート接続ソリューションである『TeamViewer』は、PC、モバイル端末、工場の機械やロボットなどのデバイスと人、そして場所や時間を問わず世界のユーザーとの接続を可能にし、セキュリティの高いリモートアクセス、サポート、コントロール、コラボレーション機能がいかなるオンライン上のエンドポイントでも利用可能です。個人向けには無償で提供しており、現在の登録者は60万人。法人は中小企業から大企業まで多様な業種で利用されています。チームビューワーはデバイスの分散化、自動化、ニューノーマルといった環境の変化に柔軟に対応しながらAR、IoT、AIの分野でのDXやイノベーションを主導しています。会社設立以来、『TeamViewer』がダウンロードされているデバイスは現在25億台に達しています。

会社設立は2005年。本社はドイツのゲッピンゲン、従業員は全世界で約1,400名。2020年度の売上は約4億6,000万ユーロ。TeamViewer AG(TMV)はフランクフルト証券取引所に上場しており、MADAX株式指数構成銘柄となっています。TeamViewerジャパン株式会社はTeamViewerの日本法人として2018年に設立されました。日本法人のウェブサイトはhttps://www.teamviewer.com/ja/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. TeamViewer ジャパン株式会社 >
  3. チームビューワー、無料モバイルアプリのlifeAR(ライフエーアール)をリリース