【個別株式ポイント運用ユーザー2万人アンケート調査結果】「実際にやってみて予想以上に興味深い」と感じた人は74%、約半数が「運用先の株式銘柄への関心が高まった」と回答

「ポイント運用先銘柄のさらなる情報が欲しい」「面白い銘柄を追加してほしい」「ポイントを稼げるキャンペーンを実施してほしい」など、今後のサービス展開にも高い期待感

株価等金融商品連動型ポイント運用サービスを提供するSTOCK POINT株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:土屋清美、以下「当社」)は、ポイント運用サービスに関する意識変化を把握するため、当社の展開するポイント運用サービス「StockPoint」「StockPoint for CONNECT」いずれかを利用する30万人超の会員の皆様を対象にアンケートを実施し、21,818名から回答を得ました。

 

  • 調査結果トピックス
・ポイント運用サービスに対して抱いていた期待と、実際に使ってみて感じたことについて「期待通り、もしくはそれ以上に興味深い」と感じている方が74%

・ポイント運用を始めて生活の中で意識が変わったことで「持っているポイント銘柄の企業・商品・サービスへの関心が高まった」と回答した方が46%

・運用している個別株連動ポイントを将来的に「1株以上にして本物の株式に交換したい」と回答した方が62%

・StockPointのポイント運用サービスへ期待することの1位は「運用先の個別銘柄企業に関する情報がもっと欲しい」、2位「ポイントが稼げる・増えるキャンペーンをしてほしい」、3位「交換できるポイントの種類を増やしてほしい」
 
  • 調査概要

調査期間:4月28日(水)~5月7日(金)
調査方法:Webアンケートツール「SurveyMonkey」
対象者:StockPoint、StockPoint for CONNECTいずれかに会員登録しているユーザー(300,000人超)
有効回答数:21,818名
  • 調査結果サマリー

「ポイント運用サービスに対して抱いていた期待と、実際に使ってみてどう感じましたか?」
 全体の74%の方が「期待した通り、もしくはそれ以上に興味深い」と回答し、最も多い結果となりました。


ポイント運用サービスを通じて良かったことはどのようなことですか?(複数回答)
 1位は「”ポイントのままで”投資や運用の体験ができること」、2位「運用しているポイントを本物の株式に交換できること」となり、ポイント投資とは異なる”StockPointの特性”を実感する方が多い結果となりました。
「ポイントをうまく運用すると増やせること」「投資や運用の勉強ができること」といった声も多く寄せられました。


「“ポイント運用を始めて生活の中で意識が変わったこと”はどのようなことですか?」
 回答者の半数近くが、「自分が運用している銘柄企業・サービスへの関心が高まった」と回答しました。企業に関する情報以外にも、経済ニュースや日経平均などの情報へアンテナが立ち始めた、という方も25%となりました。


「現在運用しているポイントを将来的にどうしたいと考えていますか?」
 運用したポイントの使い方としては、1位は「1株以上にして株式に交換したい」が62%、2位「ポイント運用サービスの中で、貯めて殖やしていきたい」が24%という回答結果となりました。
StockPointのポイント運用サービスは、現金不要・ポイントのみで、本物の株を手に入れ「株主」となることが可能です。こういった機能を楽しんでいるユーザーが多くいることがわかりました。


<企業と生活者をつなぐ新しいサービスに関する質問項目>
 当社では今後、「ある会社の商品やサービスを購入・利用すると、その会社の株価に連動したストックポイントがもらえる」という、企業と生活者をポイントでつなぐ新しいサービスをスタートする予定です。本サービスについても調査を実施いたしました。

「おもしろいサービスだと思う。ぜひやってほしい」という回答が84%となり、ポイント運用サービスを経験したほとんどのユーザーが、個別企業の魅力をさらに楽しめるサービスに大きな関心が寄せていることがわかりました。サービス詳細については、今後、順次発表していく予定です。


 今回の調査では、個別企業の株価に連動するポイント運用の利用意識に注目してレポートいたしました。コロナ禍での巣籠り期間にポイント運用を始めるユーザーも多く、運用先の個別企業銘柄を選びながら、その企業の活動やサービス・ニュースに対して関心を高めているユーザーが多くいることがわかりました。
 当社は今後も、StockPointサービスのさらなるユーザビリティ向上に努め、企業と生活者をStockPointでつなげる事で、その企業のロイヤルカスタマー・ファン顧客作りに貢献してまいります。
 
  • 世界初の個別株連動ポイント運用サービス「StockPoint(ストックポイント)」について

 

 2017年12月にスタートしたポイント運用サービスStockPointは、個別企業株に連動してポイント運用ができる世界初(※1)のサービスです。ポイントのままで、金融商品の価格に連動してポイント価値が上下するこのサービスは、金融機関に口座を開くことなくどなたでも気軽にポイントで運用ができます。
 現在、取り扱い銘柄は232種類(※2)となっており、会員の約80%が20代から40代の若年層、30%の方が投資は全く未経験の方で、今まで投資に馴染みのないユーザーにも気軽に貯蓄から投資への一歩を踏み出してもらえるサービスとして広がっています。個別株、ETF、REITに関しては1株、1口価格相当以上のストックポイントが貯まると、現物金融商品と交換することもでき、最近はこのような形で証券口座など開く会員も増えてきています。(※3)
 2020年7月からは、大和証券グループのデジタル・ネイティブ世代に向けた金融サービスを提供する株式会社CONNECTと業務提携し「StockPoint for CONNECT」を提供開始いたしました。「StockPoint」「StockPoint for CONNECT」の登録会員数は30万人を超え、両サービスを通じて本物の株式に交換されたポイントは2億ポイントを超えています。

(※1)当社調べ 、2016 年国内特許・米国特許取得済み
(※2)2021年5月21日現在の取扱銘柄数となります。今後も順次追加予定です。
(※3)現物への交換にはポイント投資アプリ「StockPoint」のダウンロードおよびご本人名義の証券口座が必要です。


■会社概要
社名:STOCK POINT 株式会社
所在地:東京都港区赤坂8丁目5−6 IPIAS Aoyama 302
代表取締役:土屋清美
設立日:2016年9月12日
URL : https://www.stockpoint.co.jp/company/

参考リリース:
「個別株式ポイント運用の StockPoint(ストックポイント)、ユーザー数 30 万人突破!
~2度目の巣籠りゴールデンウィーク、アプリユーザー登録数は前月比約 200%で増加~」
https://www.stockpoint.co.jp/news/pdf/20210510_pressrelease.pdf

<引用・転載の際のクレジット表記のお願い>
調査結果引用・転載の際は、“「STOCK POINT」調べ”とクレジットを記載していただけますようお願い申し上げます。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. STOCK POINT株式会社 >
  3. 【個別株式ポイント運用ユーザー2万人アンケート調査結果】「実際にやってみて予想以上に興味深い」と感じた人は74%、約半数が「運用先の株式銘柄への関心が高まった」と回答