日本製トラベルバッグ「PROTECA(プロテカ)」2018年 新作テレビCM完成!3月4日(日)よりオンエアを開始。

出張ツールに革命を起こす!? 【ビジネスにスピードを】をテーマにした新CM

エース株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森下宏明 以下、エース)は、日本製トラベルバッグブランド「プロテカ」の新作テレビCMを、2018年3月4日(日)より全国で放映開始することを発表します。
 エース株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森下宏明 以下、エース)は、日本製トラベルバッグブランド「プロテカ」の新作テレビCMを、2018年3月4日(日)より全国で放映開始することを発表します。


 今回のCMは「プロテカ」ブランドのコアアイテムである『MAXPASS H2s(マックスパスH2s)』を訴求した内容です。この『マックスパス』シリーズは、機内持込適応サイズで容量最大級を誇り、フロントポケットが移動時や空港での検査時に利便性に優れるとご好評をいただき、2011年9月のシリーズ発売以降シリーズ累計7万5千本以上(*1)の販売数を突破する人気のスーツケースです。
<空港のカウンターに荷物を預けたくないビジネスマンへ>という印象的なナレーションから始まる今回のCMは、その商品の特長をスタイリッシュかつ魅力的に表現し、出張をはじめ移動の多い方へ効果的に訴求します。CM内で使用する商品の演出は、カタログやweb、店頭POPといったコミュニケーションツールと連動し、高いプロモーション効果を発揮して参ります。
「プロテカ」は世界で唯一、素材から組み立てまで一貫して日本国内で製造する唯一の日本製スーツケースであり、この国内生産を強みとする高品質性をベースとし、高いデザイン性や機能性を生活者の皆様に訴求すべく、様々なプロモーションを実施する予定であり、テレビCMはそのプロモーションの一環と位置付けています。

■CM動画

「プロテカ」のCM情報はこちらからもご覧ください ⇒ https://www.proteca.jp/ptv/

 


■PROTECA(プロテカ)とは

2005年にデビューした、エースの代表的なトラベルバッグブランド。
「Protect(守る)」「Technology(技術)」「ACE(エースの理念)」の造語。「プロテカ」のハードケースの全てが北海道・赤平工場の徹底した品質管理の下で製造され、“究極の国産ラゲージ”として市場で販売されています。素材から組み立てまで一貫して国内で製造する唯一の日本製スーツケースは、高品質で高機能はさることながら、ラゲージ業界唯一の、航空会社による破損も保証対象内に含む3年間の無償製品保証〈プロテカ プレミアムケア〉も備えています。 

■商品情報

【ブランド名】プロテカ
【シリーズ名】マックスパスH2s
【サイズ】(内寸)H46×W38×D25cm (外寸)H51×W39×D25cm
【重量】3.3kg
【容量】40L
【製品の機能特長】
・機内持込適応サイズで40ℓの最大容量を実現
・利便性の高いフロントオープンポケット
・新型サイレントキャスター(*2)を搭載
・セキュリティ性の高いデュアルロックシステム
・傷や汚れが目立ちにくい表面デザイン(シボ加工)
・ユーティリティに富む内装デザイン
・航空会社による破損も含む、3年間の無償製品保証

(参考URL)
https://www.proteca.jp/series/maxpass_h2_s.php

 

(*1)2011年9月より販売開始した「マックスパス」シリーズの累計販売本数(2018年1月末時点、当社調べ)

(*2)摩擦抵抗を極限まで抑えた高耐久性クロム鋼ベアリングをホイール部に採用した独自開発の「ベアロンホイール」を装備した「サイレントキャスター」

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. エース株式会社 >
  3. 日本製トラベルバッグ「PROTECA(プロテカ)」2018年 新作テレビCM完成!3月4日(日)よりオンエアを開始。