人工知能テクノロジー・スタートアップのシナモンAI、元リクルートホールディングス グローバル執行役員 渡邉一正氏が取締役に就任

国内の大手企業へ人工知能(以下、 「AI」)ソリューションを提供する株式会社シナモン(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:平野未来 以下、シナモンAI)は、渡邉一正氏が取締役に就任したことをお知らせいたします。
シナモンAIは、「誰もが新しい未来を描こうと思える、創造あふれる世界を、AIと共に」をパーパスに、高度なビジネスAIソリューション実現のため、AIコンサルティングとAIプロダクトを提供しております。具体的には、顧客が保有するナレッジからAI時代の新たな事業構造を創造し、飛躍的な成長を先導する変革のシェルパ(先導役)として、100社以上の国内大手企業への提供実績を有しています。

この度、株式会社リクルートホールディングスにて、事業・組織マネジメント、事業統括、海外事業、新規事業に関する経験が豊富な渡邉一正氏が参画することで、より強固な経営体制を構築し、さらなる事業成長を加速させてまいります。


■渡邉一正氏のプロフィール
1991年、株式会社リクルート入社。事業統括室カンパニーパートナー、HRカンパニーキャリアディビジョン長、株式会社リクルートキャリア執行役員、株式会社リクルートホールディングス グローバル執行役員、株式会社リクルート 執行役員などを歴任。HR領域、事業統括・開発、コーポレートベンチャーキャピタル設立、米・欧州・アジアにおける投資・買収・売却、買収企業PMIなどを担当。2021年、株式会社リクルート顧問就任。名古屋大学経済学部卒業。

■渡邉一正氏のコメント
最先端技術により企業はこれまでの延長線にない創造的な未来を描くことが可能になってきました。しかしその未来の可能性を切り拓くためには情熱的で諦めずに粘り抜く姿勢が不可欠です。シナモンの経営方針の中に「飛躍的な成長を先導する変革のシェルパとなる」という一文があります。シェルパはエキスパートとして決死の覚悟で登山隊を支援するネパールの少数民族です。顧客とともにAI時代の新たな事業構造を決死の覚悟で創造しようとするシナモンの方々の情熱に魅力を感じ参画することを決めました。私自身もそんなシナモンのみなさん個々人や組織の成長に対するシェルパとなれるよう研鑽したいと思います。

■新経営体制
【取締役会】

取締役9名のうち、6名が社外取締役です。

【業務執行体制】


【株式会社シナモン 会社概要】
社 名:株式会社シナモン
URL:http://www.cinnamon.ai
所在地:東京都港区虎ノ門3-19-13 スピリットビル6階
設 立:2016年10月
代表者:代表取締役社長CEO 平野未来

シナモンAIでは積極的に採用活動を行っております。
詳しい募集職種などはこちらからご覧ください。
https://cinnamon.ai/recruit/


■事業内容:人工知能プロダクト事業、人工知能コンサルティング事業
シナモンAIは、「誰もが新しい未来を描こうと思える、創造あふれる世界を、AIと共に」をパーパスに、高度なビジネスAIソリューション実現のため、AIコンサルティングとAIプロダクトを提供しております。顧客が保有するナレッジからAI時代の新たな事業構造を創造し、飛躍的な成長を先導する変革のシェルパ(先導役)として、多数の国内大手企業への提供実績を有しています。人工知能研究所をベトナム(ハノイ・ホーチミン)および台湾に構え、高度なAI人材を獲得・育成するエコシステムを構築し、AI OCR「Flax Scanner」、自然言語処理エンジン「Aurora Clipper」、音声認識エンジン「Rossa Voice」など、非構造化データを幅広くカバーする技術力を蓄積しています。直近では、独自のAI時代の戦略デザイン「ハーベストループ」と顧客のパーパスをつなげ、デジタルトランスフォーメーションやAI活用の推進を支援しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. シナモンAI >
  3. 人工知能テクノロジー・スタートアップのシナモンAI、元リクルートホールディングス グローバル執行役員 渡邉一正氏が取締役に就任