⽇本⼈と外国⼈の“両⽬線”でインバウンド集客を⽀援するTokyo Creative、海外在住の外国⼈を対象に「⽇本旅⾏に関する意識調査」を実施

〜旅⾏したい国として「⽇本」をあげる外国人約9割!〜

 ⽇本⼈と外国⼈の“両⽬線”を⽣かした動画で⾃治体や企業の外国⼈へのアプローチを⽀援するTokyo Creative 株式会社(所在地︓東京都墨⽥区、代表取締役︓中川智博・⼩野沢隆、https://www.tokyocreative.jp/ja/、以下Tokyo Creative)は、⽇本以外の国に住む⽇本以外の国籍をもつ外国⼈を対象に「⽇本旅⾏に関する意識調査」を実施しました。
  • 外国⼈に⼈気の海外旅⾏先、圧倒的No.1 は「⽇本」︕
 ⼊国制限の緩和で、外国⼈観光客の受け⼊れが6 ⽉10 ⽇より再開されましたが、Tokyo Creative では⽇本以外の国に住む外国⼈が“今”⽇本旅⾏についてどう考えているのか調査しました。
 その結果、「今すぐにでも海外旅⾏したい︕」と考える⼈が多く、そして訪⽇を熱望していることが判明し、全体の7割が訪問国を選ぶ⼤きな理由の1つに「国の発表(規制緩和)」をあげました。また、訪問先は前回の調査結果では、「地⽅(⽥舎)」が若⼲ながら多かったが、今回の調査では「都⼼」が「地⽅(⽥舎)」を上回る結果となりました。
 Tokyo Creative は、今後も調査などを通してインバウンド動向を探ってまいります。
 
  • 調査結果サマリー
・「今すぐにでも海外旅⾏したい︕」外国⼈は過半数超︕
日本旅行したいと回答した外国人約9割
・「国の発表(⼊国規制緩和)」が海外旅⾏のきっかけになる︕と回答した⼈は全体の70%︕
・62%の外国⼈が、⽇本旅⾏で⾏きたいのは「都⼼」
・8割の外国⼈が旅⾏プランをたてるのに⽋かせないのは「YouTube」と回答︕
・⽇本旅⾏でしたいことダントツ1位は「⽇本の歴史と伝統⽂化を体験する」
・「アニメグッズ購⼊」や「アニメの聖地訪問」なども変わらず⼈気︕

  • 調査内容

 「すぐに旅⾏したい」と回答する⼈が過半数を超える53%で、「(旅⾏はしたいが)今で
はない」と回答する⼈が47%となりました。
 

 旅⾏したい国は、回答者の約87%が⽇本を選び圧倒的に1位という結果になりました。
次に、イギリス、韓国、アイルランド、カナダ、フランスと⽐較的海外からの受け⼊れを許容して
いる国が上位となりました。⽇本を選んだ理由の上位には、旅館への滞在や温泉に⼊ったり⾷を楽
しみたいという声が多く、そのほかグッズを買ったり秋葉原に⾏きたいという“アニメ”に関する意
⾒も⾒受けられました。
 

 ⼀番多かったのは、「国が海外観光客の受け⼊れをすると発表する」で全体の7割という結果に
なりました。残りの3割に関しては⽐較的慎重に検討している段階ではあるものの、「訪れる国に
コロナ感染者がいなくなったとき」と回答した⼈は4%にとどまり、多くの⼈は完全にコロナが収
束せずとも、海外旅⾏をしようと思っていることが判りました。
 

 新型コロナワクチンは、3回摂取した⼈が焼く8割と⼀番多い結果となりました。また、「いい
え」を回答した⼈の中にも、まもなく摂取予定といった声もありました。
 

 都⼼と地⽅(⽥舎)では、都⼼と回答した⼈が多い結果になりました。都市は、東京・⼤阪・京
都以外では、広島や福岡を訪れてみたいという声が⾒受けられました。
<都⼼を選んだ⼈の声>
・観光スポットを巡ったり、最新のテクノロジーを体験したりしてみたい
・都⼼はお店も⾊々あって便利だから
・英語が通じるから
<地⽅(⽥舎)を選んだ⼈の声>
・地⽅(⽥舎)の⽅が、平和で落ち着けるような気がするから
・⾃然や季節、伝統を体感したいから
 

 YouTube をはじめ、SNS やWEB 記事などを駆使し、多くの情報を得て旅⾏のプランを決めてい
ることが判りました。また、回答者の4割がYouTube から情報収集していることも判りました。
 

 ダントツの1位は、「⽇本の歴史と伝統⽂化を体験する」でした。2位に⾃然景観を楽しむこ
と、3位に⾷事となりました。地元の⼈々との交流や、アニメグッズ・舞台となった地を⽬的の1
つとする⼈もいることが判りました。
 
  • 調査概要
調査テーマ︓⽇本旅⾏に関する意識調査
調査対象︓⽇本以外の国在住かつ⽇本以外の国籍をもつ外国⼈227 ⼈
調査期間︓2022 年4⽉25⽇〜5 ⽉9 ⽇
調査⽅法︓Tokyo Creative コミュニティへのインターネット調査(質問と回答ともに英語使⽤)
 
  • 記述統計
有効回答数︓227 ⼈
年齢︓19〜65 歳
国籍︓アイルランド、アジア、アメリカ、アメリカ 、アメリカ/イギリス、アメリカ/エジプト、アメリカ/
ポーランド、アメリカ/⽇本、アルゼンチン、イギリス、イギリス/ベルギー、
イタリア、インド、インドネシア、オーストラリア、オーストラリア、オランダ、カナダ、ギリシャ、グア
テマラ、ジャマイカ、シンガポール、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、タイ、チェコ、チ
リ、ドイツ、ドイツ/アメリカ、ニュージーランド、フィリピン、フィンランド、フランス、ベトナム、ベネ
ズエラ、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、メキシコ、モンゴル、中国、南アフリカ、⽇本/アメリカ
 
  • Tokyo Creative とは
 地⽅⾃治体・DMO の観光戦略をはじめ、動画に紐づく施策を、⽇本⼈・外国⼈の“両⽬線”で⽴案・企画・実⾏しています。企画・監修した福島市のプロモーション動画は『クールジャパン動画コンテスト2021』地⽅⾃治体部⾨の奨励賞を受賞し、三重県⾚⽬四⼗⼋滝の外国⼈向けプロモーション動画は30 万回再⽣を突破するなど、これまで100 社を超える地⽅⾃治体や企業などのサポートで培ってきたノウハウと、⾃社で抱えている⽇本最⼤級である在⽇外国⼈インフルエンサーに紐づく約1,700 万⼈の⽇本好き外国⼈コミュニティを活⽤し、成果につながる⽀援を可能にしています。
 
  • Tokyo Creative 会社概要

 

社名 ︓Tokyo Creative 株式会社
設⽴ ︓2013 年8 年
代表者︓代表取締役 中川智博・⼩野沢隆
所在地︓東京都墨⽥区横綱1-10-5 KOKUGIKAN FRONT BUILDING レッドホースコーポレーション株式会社内
資本⾦︓9,000 万円
URL :https://www.tokyocreative.jp/ja/
業務内容︓訪⽇インバウンド集客事業、訪⽇インバウンド関連事業、タレントマネジメント事業
お問合せ︓info@tokyocreative.jP
  1. プレスリリース >
  2. Tokyo Creative株式会社 >
  3. ⽇本⼈と外国⼈の“両⽬線”でインバウンド集客を⽀援するTokyo Creative、海外在住の外国⼈を対象に「⽇本旅⾏に関する意識調査」を実施