【SDGs】ありそうでなかった?ソール交換できるスニーカー発売

blueoverが人気モデル「みんなのマイキー」を先行予約発売

ブルーオーバーは、昨年完売した「みんなのマイキー」を12月3日(土)12:00より先行予約販売を開始する。
国産スニーカーブランド「ブルーオーバー」は、昨年話題となったソール交換可能なスニーカー「みんなのマイキー」をブランドの定番素材であるベロアに変更し、新たに4色を12月3日(土)12:00より先行予約販売する。

 

みんなのマイキーみんなのマイキー

  •  「みんなのマイキー」とは
2021年、ブランド設立10年を迎え、お客様の要望から生まれたモデル。ブランド定番の「マイキー」をベースに最も要望が多かった「ソール交換」が出来るように靴の底付けの製法を変えてリリース。ラジオや雑誌など数多くのメディアに取り上げられ話題となった。

ブランド定番モデル「マイキー」ブランド定番モデル「マイキー」

 

  • 完売の人気モデルがアップデート
みんなのマイキーは発売と同時に話題を得て、数々のラジオ、雑誌メディアに取り上げられ、発売1カ月を待たずに完売となった人気モデル。今回の発売には、前回要望が多かったレディースサイズを追加、素材とカラーも定番モデルのマイキーと同じものを用意。そして先行予約特典として本体素材と同色のシューレースも付属する。

 

先行予約特典、同色のシューレース先行予約特典、同色のシューレース

 
  • ソール交換ができるスニーカー
スニーカーの多くはセメンテッド製法と呼ばれる方法で、アッパーとソールを接着材で張り合わせるのが一般的とされています。その場合、ソールが削れていくと破棄しなければなりません(ソールを交換しようとすると、接着をはがすときにアッパーが破損して履けなくなることがある)。しかし「みんなのマイキー」は、紳士靴などに見られるマッケイ製法を採用。これはアッパーとソールを接着材で張り合わせるのではなく、「あいなか」と呼ばれる板状のパーツをアッパーと縫い合わせ、そこにソールを張り合わせるという手法です。この場合、ソールが削れたとき、「あいなか」とソールをはがしさえすれば、アッパーにダメージを与えずに済むので、あいなかが破損しない限り、ソール交換ができるということになります。ですがこの手法はセメンテッド製法にくらべて、生産性も悪く、コストも高くなってしまう為、スニーカーでは採用されていません。

アッパーとあいなかとソールアッパーとあいなかとソール

 

あいなかとアッパーを縫い合わせたところあいなかとアッパーを縫い合わせたところ

 

 

  • ありそうでなかったソール交換可能なスニーカー
スニーカーは消耗品として認知されており、ソールの交換に関しては「出来る」という考え方はありませんでした。また、量産品の観点からみても、ソール交換は非効率な作業となります。ですがお客様からの要望、そしてサスティナブルの面からも破棄ではなく、長く履き続けられることを大事としているブランド理念からも、ソールが交換できるスニーカーは必要だと考え、「みんなのマイキー」を作り上げました。革靴やブーツのように「履きこむ、なじむ、育てる」といった、手沢を重ね、味わえるようなスニーカーを作り上げたいと我々は考えています。

外観は普通のソールに見えるように設計外観は普通のソールに見えるように設計

 
  • 日本人の為に、日本で作るスニーカー
みんなのマイキーで使われているラストは日本人の足の形に合わせた設計をしています。10年店舗で販売し続けて見えてきたことは、今の日本人は過去から常識とされた「幅広甲高」の足の形はあくまで過去であり、現代では「幅広であるが、甲は普通の高さ」であるということです。そしてblueoverが作りあげたラストは「幅広甲中」で設計されています。そして「立つ、歩く」動作をするときに快適であるために、前足部分はゆったりと、甲と踵はしっかりホールドするという考えで靴を作り続けています。blueoverは日本人の為に、日本で作りあげています。

日本人の足に向けて作られたラスト日本人の足に向けて作られたラスト

前足部はゆったり、甲はしっかり固定前足部はゆったり、甲はしっかり固定

立つ、歩くためのスニーカー立つ、歩くためのスニーカー

 
  • 大切にはいてほしいクラフトスニーカー
ブルーオーバーは10年続けているスニーカーブランドですが、大規模の工場では生産せず、地域の工場で昔ながらの製造方法で少量生産を行っています。これらはすべて人の手によって作り続けられてきました。ですが、これからの10年は国内製造業の抱える課題が表面化します。ブルーオーバーはその解決に向けて、持続可能な製靴産業の体制を見つけていくことを目標に活動していきます。「みんなのマイキー」は名前のとおり、つくる人、つかう人、考える人。みんなで作り上げた一足であり、これからのブランドの目指すメッセージでもあると考えています。 

みんなで作りあげた、みんなのマイキーみんなで作りあげた、みんなのマイキー

   
  • 製品情報
 

みんなのマイキー トープみんなのマイキー トープ

 

みんなのマイキー ブラックみんなのマイキー ブラック

 

みんなのマイキー ネイビーみんなのマイキー ネイビー

みんなのマイキー キャメルみんなのマイキー キャメル

モデル名:みんなのマイキー
価格:27,500円(税込)
素材:ベロア
サイズ:22.5cm 23.5cm 24.5cm 25.5cm 26.5cm 27.5cm 28.5cm
色展開:4色(トープ/ブラック/ネイビー/キャメル)
製品ページ: https://blueover.jp/products/minnano_mikey
 
  • 先行予約販売先
オンラインストア
ブルーオーバー https://blueover.jp/

実店舗
ストラクト
時間:12:00〜20:00(火曜・水曜定休)
場所:大阪市西区京町堀2-3-4 サンヤマトビル1F struct

ご確認ください
・受注開始日時 12月3日(土)12:00~(オンライン、実店舗)
・予約特典として、本体素材と同色のシューレース付属
・初回生産数がきまっており、受注が生産数量を上回るとお渡しが次回生産分となります。
・お渡しは受注順となり、初回分は1月末お渡し、二回目生産分は3月末を予定しております。
 
  •  blueover ブルーオーバー
2011年スタート。プロダクトデザイナーであった渡利ヒトシが、国内製造業の社会的課題において、国内の蓄積されたモノヅクリ技術の消失を防ぐため、そこに宿る精神的豊かさをつなぐため活動しているスニーカーブランド。地域のクラフトマンに敬意を表し、素材、加工、製造工程をできるかぎり国内で行っている。
突出した機能を持ったスニーカーではなく、日本人の足の形を考えた靴の形をしています。そして「立位」「歩行」といった動作に対して、快適に着用できて疲れないよう、前足部はゆったり、甲と踵はしっかりと固定する設計にしています。そして長く履けるよう「シンプルで丈夫」なデザインと素材を選んでいます。
当たり前に歩きやすく、履きやすいことを大事とし、時代を問わず履き続けられるような靴を作りつづけています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社BATON >
  3. 【SDGs】ありそうでなかった?ソール交換できるスニーカー発売