AI 面接サービスSHaiN が補助金対象に

〜鳥取県・採用活動支援事業補助金〜

株式会社タレントアンドアセスメント(本社:東京都港区、代表取締役:山崎俊明、以下タレントアンドアセスメント)は、弊社、対話型AI 面接サービス SHaiN (以下 SHaiN)が、公益財団法人ふるさと鳥取県定住機構(鳥取県鳥取市扇町115-1)が助成する企業向け支援「採用活動支援事業補助金」の対象サービスとして活用できることをお知らせいたします。


「採用活動支援事業補助金」とは、鳥取県内に本社または事業所がある企業が、AI 採用面接を導入する経費や採用するための試験等を受験する県外学生に対して交通費を負担する場合、公益財団法人ふるさと鳥取県定住機構の要綱に基づき、その一部を助成するものです( 助成金に関する要綱: https://furusato.tori-info.co.jp/corp/subsidy.html)。これは、鳥取県内企業の採用活動への支援や企業の魅力・採用力の向上を図ることを目的としており、タレントアセスメントが提供するSHaiN は、本補助金の対象サービスとして活用することができます。

売り手市場の就職環境が続くなか、業種や職種が多くある大都市圏の企業への就職を目指す学生が増えており、地方における採用は依然として厳しい状況です。一方で、潜在的にU ターン就職を希望する学生も多くいると言われていますが、学生は併願受検に伴う日程調整や帰省する際の移動時間・交通費の負担など、企業は選考場所の確保や選考官のスケジュール調整といった負荷があり、就職活動・採用活動の障壁となっています。
SHaiN は、これら地域的・時間的・コスト面といった採用課題を解決するための1 つのツールとして選ばれており、現在では大手・中堅中小企業、地方自治体、教育機関など、業界業種を問わず様々なお客様に導入されています。

タレントアンドアセスメントは「採りたい気持ちをカタチにしたい」というコーポレートスローガンのもと、求人応募しやすい環境を整えることで採用の拡大を図るなど、今後も人材採用に関わる様々なサービスを提供し、経営者の方々とともに「組織の未来像」を追い求めていきます。



■対話型AI 面接サービス SHaiN とはhttps://shain-ai.jp/

タレントアンドアセスメントが開発した戦略採用メソッドをもとに、人間の代わりにAIが採用面接を実施することで、人間が行う面接で課題視されてきた評価のばらつきが改善され、採用基準の統一、先入観のない公平公正な選考を実現します。
受検者はスマートフォンを利用し、24時間365日、いつでも世界中※どの場所でもAIと対話しながら面接をすることができ、日程による受検辞退などの機会損失を減らせるようになります。また企業側は評価レポートの結果などを参考に、対面の面接時には候補者ごとに適した質問を投げかけたり、候補者の特徴に合わせた動機付けをしたりすることで、内定辞退防止に活用することができます。
2019年10月11日からは、申し込み~面接内容の確認までをWeb上で完結できるサービスを開始しました。最低利用料金の設定が無く手続きにかかる工数も削減できるため、採用規模の小さいお客様や一部の採用のみ導入したいお客様にもご利用いただきやすいサービスです。

※ 一部ご利用いただけない国・地域がございます。


■公益財団法人ふるさと鳥取県定住機構 https://furusato.tori-info.co.jp/
鳥取県の移住定住に関わる機関や市町村と連携を図りながら鳥取で「働きたい」「暮らしたい」方をサポートしている公益財団法人。人材を必要とする鳥取県内企業や鳥取県にUIJ ターン就職を希望する方を紹介するなど就職のマッチング、情報提供などを行っている。

■株式会社タレントアンドアセスメントhttps://www.taleasse.co.jp/
所在地 東京都港区浜松町1-22-5 KDX浜松町センタービル5F
代表者 代表取締役 山崎俊明
設立 2014年10月
資本金 3億9,380万円(資本準備金を含む)
事業内容 AI面接サービスSHaiNを主軸とした採用コンサルティング事業の展開

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社タレントアンドアセスメント >
  3. AI 面接サービスSHaiN が補助金対象に