Gyro-n(ジャイロン)のユニヴァ・ペイキャストがCRITEO株式会社、株式会社ロックオンと初の共催セミナーを3月5日(月)に開催

今すぐできる広告獲得upと投資効率最適化!Criteoのパフォーマンスをさらに上げる方法とは?

Criteoに代表されるデータフィード広告の管理・最適化プラットフォーム「Gyro-n DFM(ジャイロンDFM)」と、広告効果測定で高い評価を受けているマーケティングプラットフォーム「AD EBiS(アドエビス)」の連携サービスにより、ECサイトなどで大量にある商品ごとの高精細な効果測定を可能にしました。
この連携サービスのスタートに合わせて、Gyro-n DFMを運営する株式会社ユニヴァ・ペイキャストは、CRITEO株式会社、及びアドエビスを提供する株式会社ロックオンとの3社共催セミナーを3月5日に開催します。
本セミナーではCriteoで効果を出すために理解しておくべき実装の設計から、的確にローンチさせるための注意点・解決方法、広告施策の的確な評価・分析までを紹介、広告出稿担当者様が広告パフォーマンスを最大化するために必見の内容となっております。

近年Criteoなどのデータフィードを効果的に使ったマーケティング手法が、費用対効果の高さから人気を集めていますが、「大切な広告予算を少しでも効果の高い媒体に投入したい」「効率よく確実に獲得できるチャネルを手に入れたい」「どう設計すればより効果的に広告を回せるのか」というのはデジタル広告に携わる担当者共通の悩みです。
本セミナーでは、リターゲティング広告で知られるCriteoの特徴・獲得を上げるために重要なポイントから、Criteoを手早く的確にローンチさせるために必要な注意点・解決策、実施した広告の効果データを的確に分析してさらにパフォーマンスをあげるための方法までを、Criteo、Gyro-n、アドエビスの各サービスを提供する3社がそれぞれ専門の立場からご紹介する無料セミナーです。
講演終了後には軽食付き交流会も予定しておりますので、ぜひこの機会になんでもご質問ください。

>参加申し込み
https://www.ebis.ne.jp/college/detail.php?seminar=285

次のような課題・お悩みをお持ちの方はぜひご参加ください。
・リターゲティング広告は聞いたことがあるが、どこにするか決めかねている方
・デジタル広告全体の効果改善に課題を感じている方
・データフィード広告導入に技術的な課題を抱えている方
・売上改善に繋がるデータ分析を行いたいが、何から行って良いか悩んでいる方


講演内容・講師紹介
 

第1部:機械学習でパフォーマンスを最大化!Criteoのベストな設計と運用とは?
Criteoの強み、その強みの中でも特に直接パフォーマンスに影響するエンジンロジックとそれを支える設計・実装面の重要性をご説明します。加えて、配信開始に至るまでに発生しうる課題や疑問の解決方法のご案内と、開始した後の運用に関するヒントもお話します。

 

 

●CRITEO株式会社 Mid-Market Japanマネージャー 牧野臨太郎
2012年より楽天株式会社に新卒入社。営業を2年間務めた後、14年末にCriteo株式会社にMid-Market APAC1人目の営業として入社。アカウントストラテジストとして1年、チームリードとして半年、以降マネージャーとして日本におけるMMSの拡大に携わる。直商流、代理店商流合わせて500アカウント以上を担当。MMS担当として中・小規模アカウントの最適化が強み。 
 

第2部:実例で紹介するデータフィード導入・運用の問題解決方法
フィードの準備、入稿形式に合わせた最適化、配信タグの的確なカスタマイズと実装など、データフィード広告を導入するにあたって必要な準備で起こりうる問題点とその解決方法を実例を用いて解説。また、重要な広告チャネルでありながら精密な測定が困難だったデータフィード広告での効果測定を実現するソリューションもご紹介します。
 

 

●株式会社ユニヴァ・ペイキャスト Gyro-nテクニカルサポートエンジニア 吉田美穂
ソフトウェア開発会社でシステムエンジニアとしてのキャリアをスタートさせ後フリーランスに。WEBサービスに興味を持ち2015年ユニヴァ・ペイキャストにジョイン。
エンジニアとしての素養を活かしEFO/LPOなど自社のサイト最適化サービス実装やGyro-n DFMによるデータフィードのインテグレーションなど、クライアントの抱える課題を的確に解決するサポートにより内外から「吉田プロ」と呼ばれるほどに信頼を得ている。
第51回全日本女流アマ囲碁選手権大会優勝。
 

第3部:データフィード広告の勝ちパターンを知る~広告コストをそのままに、売上を最大化する方法~
ユーザー行動の多様化やマーケティング手段の複雑化に伴い、Web集客の手法はここ数年で劇的な変化を遂げました。それに伴い、集客チャネルごとの正しい成果を把握することが難しくなっています。
本セミナーでは、集客チャネルを正確に評価して売上を上げるための方法と、実際の成功事例をご紹介いたします。

●株式会社ロックオン AD EBiSエバンジェリスト 渋谷雄大
2011年よりICTコミュニケーションズ株式会社に参画し、ITツールのセミナー・導入研修、インストラクター資格制度の立案・運用に携わる。2014年よりサイボウズ株式会社 kintoneエバンジェリストとして、全国年間140回を超えるセミナー・講演、コンテンツ制作を担当。2017年より株式会社ロックオンに参画。アドエビスの可能性や価値を伝えるAD EBiSエバンジェリストに就任。


開催要項

・開催日:2018年3月5日(月)
・スケジュール:
 15:45 開場
 16:00 第1部:機械学習でパフォーマンスを最大化!Criteoのベストな設計と運用とは?
     CRITEO株式会社 Criteo Mid-Market Japanマネージャー 牧野臨太郎
 16:30 第2部:実例で紹介するデータフィード導入・運用の問題解決方法
     株式会社ユニヴァ・ペイキャスト Gyro-nテクニカルサポートエンジニア 吉田美穂
 17:05 第3部:データフィード広告の勝ちパターンを知る~広告コストをそのままに、売上を最大化する方法~
     株式会社ロックオン AD EBiSエバンジェリスト 渋谷雄大
 17:35 交流会 ※軽食付、参加無料
・定員:30名様
・受講料:無料 ※事前登録制
・開催場所:
 Criteo (恵比寿ガーデンプレイスタワー26F@オープンスペース)
 東京都渋谷区恵比寿4-20 恵比寿ガーデンプレイスタワー26F
 <アクセス>JR山手線・東京メトロ日比谷線 恵比寿駅 東口徒歩5分
・参加申し込み: ​https://www.ebis.ne.jp/college/detail.php?seminar=285


Gyro-n(ジャイロン)について

Gyro-n(ジャイロン)は、株式会社ユニヴァ・ペイキャストが提供するデジタルマーケティング支援ツールのブランド名です。SEO管理やデータフィード最適化(DFO)ツールといったサイトの流入に寄与するサービスから、いわゆるWeb接客やLPO、ABテスト、EFOなどサイト内の改善・CVR向上に寄与するサービスまで、サイト運営者の様々なニーズに対応したツールをラインナップしております。
https://www.gyro-n.com/?ref=prt


株式会社ユニヴァ・ペイキャストについて

SEO、広告などサイト流入フェーズから、LPO、EFOなどコンバージョン改善までのあらゆるサイト運営の局面で活躍するツール「Gyro-n(ジャイロン)」シリーズと、クレジット・コンビニ・電子マネー・中国向けアリペイ等あらゆる決済手段に対応した決済代行サービス「IPS」を事業の柱として、ワンストップでお客様のデジタルマーケティング活動・サービス運用をサポートする企業です。

所在地: 東京都港区六本木3-16-35 イースト六本木ビル2F
代表者: 代表取締役CEO 呉 英仁
資本金: 53,600千円(資本準備金 173,920千円)
事業内容:
デジタルマーケティング支援ツール:Gyro-n(ジャイロン)、クレジットカード・電子マネー・コンビニ決済代行、加盟店・ユーザーへのサポート・コールセンターサービス、業務基幹システム開発・運用
URL:  https://www.univapay.com/ja/?ref=prt
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ユニヴァ・ペイキャスト >
  3. Gyro-n(ジャイロン)のユニヴァ・ペイキャストがCRITEO株式会社、株式会社ロックオンと初の共催セミナーを3月5日(月)に開催