サメ界隈で話題沸騰『寝てもサメても 深層サメ学』重版決定!

株式会社産業編集センターより発売中の『寝てもサメても 深層サメ学』は、大好評につき、発売後約2週間で早くも2刷が決定いたしました。
TBSラジオ「荻上チキ・ Session」で取り上げられ、サメクラスタに激震!
うっかりサメに人生を捧げた、「沖縄美ら海水族館」研究員2人が語る、とっておきの科学的・最前線サメ話。
  • 【書籍紹介】

★沖縄美ら海水族館で飼育されている、オスのジンベエザメ「ジンタ」(全長8.8m)。世界最大の飼育動物。


★古代ザメ・メガロドンの1本の歯は「手のひら」サイズ!


★サメの中で最も長寿命とされるニシオンデンザメの寿命は、最低でも272年!

これまでになかった「サメ研究」にスポットライトを当てた1冊。
同業者からサメマニア、サメビギナーまで異口同音に、“ 面白い!”とのクチコミが広がっています。


【目次】
1章 サメの多様性と進化
サメは世界中に何種類いるのか?/サメの2大派閥/ジョーズはサメの変わり者?/姉妹関係?サメとエイの関係性にまつわるエピソード/サメが「生きている化石」というのは本当か?/サメの骨格はなぜ軟骨なのか?/メガマウスザメの起源を追え!/最大のサメ・最小のサメは?/メガロドンの真の顔

2章 想像を超えるサメの生態
サメの寿命はどれほどか?/なぜサメのペニスは2本あるのか?/何度でも生え変わる歯の謎/サメの尾の問題なデザイン/見えないサメを見る新技術/暗闇で発光するサメ?/遺伝子に刻まれたジンベエザメの謎/ミクロな鱗の大発見(と、ちょっとした新発見)/川に棲んでいるサメ?~オオメジロザメ出没の謎/動かぬサメの静かなる戦略/検証!メガマウスザメ伝説

3章 サメの複雑怪奇な繁殖方法
サメの奥深い繁殖方法/ジョーズの複雑な子育て方法/「赤ちゃんの共食い説」の真相/胎仔の呼吸をめぐるパラドクス/悩み多き胎仔のウンチ問題/サメはメスだけで子孫を残せるか?/サメの不倫は常識?

4章 サメとヒトの深い関係
縄文時代のサメの歯コレクター/とても大事な“サメとヒトとのソーシャルディスタンス”/研究者の調査風景~現場に出向くことの大切さ/あるサメ研究者のジレンマ~サメ研究を目指す人へ

著者対談
あとがき
 

  • 書誌情報


書名:寝てもサメても 深層サメ学
著者:佐藤 圭一・冨田 武照
仕様:四六判、208ページ、4色
定価:1,980円(本体価格1,800円+税)
発売:2021年5月21日
ISBN:978-4-86311-298-8
https://www.shc.co.jp/book/14884



 
  • 【著者プロフィール】
佐藤 圭一(Keiichi Sato)
1971年生まれ。栃木県出身。博士(水産学)。1990年北海道大学入学、同大学大学院水産科学研究科・博士後期課程修了。2000年より沖縄海洋生物飼育技術センター(国営沖縄記念公園水族館)、2002年沖縄美ら海水族館勤務を経て、2013年(一財)沖縄美ら島財団総合研究センター・動物研究室長、現在は研究センター上席研究員および沖縄美ら海水族館統括責任者を兼任している。軟骨魚類の比較解剖学・分類学・繁殖生態学などを専門分野として、幅広くサメエイ類の調査研究および普及啓蒙活動を行っている。

冨田 武照(Taketeru Tomita)
1982年生まれ。神奈川県出身。博士(理学)。2011年に東京大学・理学系研究科地球惑星科学専攻・博士課程を修了後、北海道大学総合博物館、カリフォルニア大学デービス校、フロリダ州立大学沿岸海洋研究所の研究員を経て、2015年より(一財)沖縄美ら島財団 総合研究センター・動物研究室研究員。水族館管理部魚類課兼任。軟骨魚類の進化学、機能形態学が専門。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社産業編集センター >
  3. サメ界隈で話題沸騰『寝てもサメても 深層サメ学』重版決定!