株式会社スイッチスマイルとオプテックス株式会社 自動ドアセンサー+ビーコンで小売り流通のDX化支援で業務提携。エントランスメディア『OMNICITY』をサブスクモデルで提供開始!

店舗の入り口で顧客へアプローチ!オウンドアプリでの顧客へのアプローチとマーケティング分析だけでなく店舗をメディア化することにより新しい収益モデルがサブスクモデルで可能!
POIマーケティングプラットフォーム『pinable(ピナブル)』を開発・提供する株式会社スイッチスマイル(本社:東京都千代田区 代表取締役:長橋大蔵 以下、スイッチスマイル)は、エントランスメディア『OMNICITY』を提供しているオプテックス株式会社(本社:滋賀県大津市、代表取締役社長:上村 透、以下オプテックス)と業務提携を締結し自動ドアセンサー+ビーコン+アプリの組み合わせでのエントランスメディア『OMNICITY』のサブスクリプションモデルの提供を開始しました。
サブスクリプションモデルの提供により小売り流通店舗は初期コストを抑えて店舗のDX化を進めることが可能になります。(※)

オプテックスは自動ドアセンサーの国内シェア1位で約200万台の提供をしています。それらにビーコンが付くことにより、自動ドアがエントランスメディアとなりスイッチスマイルが提供するPOI位置情報マーケティングプラットフォーム『pinable』を組み合わせることによりオウンドアプリなどで来店検知やリアルタイムプッシュ配信・行動データ分析などをすることが可能になります。
それだけでなくメーカーなどの広告を配信することで自社プロモーションだけでなく小売り流通店舗の新しい収益方法としての活用も可能になります。

※pinable利用料とOMNICITY導入に関する機器代・設置工事費・Beacon利用開始費用料が月々のお支払いに含まれたプランとなります。月額利用料以外の費用は発生しません。

 

小売り流通における店舗DX化は顧客のオンライン・オフラインのデータを把握したアプローチの重要性が高まるなか急速に進んでいます。

特に店舗に来たユーザーのオフラインデータは、POSなどで取得出来る購買客だけでなく店舗に来たが購入にいたらなかった顧客になる可能性の高いユーザーへのアプローチが可能になるため、非常に需要が高まっています。既存のGPSやWiFiなどを使ったアプローチでは、誤差や店舗前を通っただけのユーザーなども対象になってしまいマイクロロケーションデータとしては精度の低いものでした。またカメラなどを使ったサービスではユーザー数は正確に取得できるが、ユーザーにアプローチする手段がありませんでした。
ビーコンを使うことによりよりマイクロロケーションにおけるユーザーの接触データを取得することが可能になります。

オプテックスが提供する『OMNICITY』は自動ドアセンサーにビーコンが組み込まれており店舗の入口でユーザーの接触データを取得することができます。このビーコンとスイッチスマイルが提供するPOI位置情報マーケティングプラットフォーム『pinable』を使うことにより店舗は自社アプリでの顧客の来店データを正確に取得することができ、OMOマーケティング施策を展開することが可能になります。

OMOマーケティング事例
・来店者へのクーポンやポイントの配信
・メーカープロモーション等の情報配信
・来店頻度に合わせたプレミアムクーポンの配信
・来店頻度の落ちたユーザーの再来店誘致

『pinable』について
pinableはいままでのGPSやWi-Fiなどのエリア的な位置情報プラットフォームではなく、ビーコンを使用することで、マイクロロケーションを利用した広告やマーケティング分析のソリューションを提供します。またそれらによって得られた人の行動と体験のデータをロケーションDMPとして構築し、位置情報だけでなく属性や行動パターン、周辺環境などのタグ情報も含めた情報をマーケティング分析し、よりエンゲージメントの高いソリューションの提供を可能にします。

『OMNICITY』について
OMNICITYはビーコン機能を搭載した自動ドアセンサーを用いて施設や店舗のエントランスを情報発信のメディアとして活用できるサービスです。小売流通業での広告利用をはじめ、病院やホテルでの自動受付やレストランでの席へのご案内など、さまざまな業態の価値創出にお役立ていただけます。

 ■『pinable』についてのお問い合わせ先
株式会社スイッチスマイル 担当:高田、清
pinable@switch-smile.com

■『OMNICITY』についてのお問い合わせ先
オプテックス株式会社 オムニシティ事業課 担当:小森、藤原
https://form.run/@faq-omnicity

■株式会社スイッチスマイル 概要
本社:東京都千代田区神田錦町2-2-1 KANDA SQUARE 11F
本店:福島県郡山市緑町9番12号
代表取締役社長:長橋 大蔵
事業内容:
POI位置情報プラットフォーム開発・提供
オープンビーコンネットワーク構築・提供
行動・体験のDMP構築・解析
位置情報連動アプリ開発
LINE Bot プラットフォーム開発・提供
位置情報戦略コンサルティング

■オプテックス株式会社 概要
本社:滋賀県大津市雄琴5-8-12 
代表取締役社長:上村 透
事業内容:自動ドアセンサー(国内シェアNo.1)・防犯用センサー(屋外防犯センサー世界シェア40%)・水質測定センサー・車両検知センサーなどの各種センサーの企画・開発、販売など
※経産省グローバルニッチトップ企業100選に2回連続で選定
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社スイッチスマイル >
  3. 株式会社スイッチスマイルとオプテックス株式会社 自動ドアセンサー+ビーコンで小売り流通のDX化支援で業務提携。エントランスメディア『OMNICITY』をサブスクモデルで提供開始!