サンクトガーレン、500個の焼リンゴ使用のアップルパイ風味クラフトビール「アップルシナモンエール」9月26日発売。長野の訳ありリンゴを有効活用。おばけリンゴのハロウィンラベルも同時発売。

サンクトガーレン有限会社(神奈川県厚木市/代表取締役 岩本伸久)は500個の焼リンゴを使ったアップルパイ風味のビール「アップルシナモンエール」を2019年9月26日(木)から秋冬限定で販売致します。
https://www.sanktgallenbrewery.com/apple-cinamone-ale/
 


アップルシナモンエールは麦芽(モルト)を軽く焦がした “カラメルモルト”を特徴的に使用した琥珀色のビールです。このモルトは食べるとカラメルソースのような甘く香ばしい味がし、ビールにも同様の風味をもたらします。さらに副原料に500個の焼リンゴ・シナモン・メープルシュガーを加え、アップルパイのような風味が楽しめます。本物のアップルパイとの相性も抜群で、クッキーなどの焼き菓子と合わせるのもお薦めです。
 


■ 長野県伊那市の“訳あり”リンゴを有効活用
アップルシナモンエールに使用しているのは長野県伊那市の訳ありリンゴです。表皮に傷がついてしまったり、大きさが規格外のものなど通常では売り物にならない果実を買い取ってビールに加工しています。
1回の仕込みに使用しているのは500個のリンゴで、1シーズンで2500~3000個のリンゴを使う見込みです。
9月はつがる、 10月はジョナゴールド・紅玉・シナノスイート 、11月はふじ、と季節の移ろいとともに旬の品種を使っています。
 


■ まるでお菓子作り。製パン店のオーブンで、焼リンゴをつくるところから
このビールの仕込みは厚木市内の製パン店のオーブンを借り、500個のリンゴを焼きあげるところからスタート。丸1日かけてリンゴを焼き、翌1日かけてビールを仕込んでいます。
 

 
  • アップルシナモンエール商品概要
 


【商品名】 アップルシナモンエール(発泡酒)
※このビールには日本の酒税法で認められている以上の量のリンゴを使用しているため“発泡酒”表記です。麦芽率は高いので税率はビールと同じです。

【内容量】 330ml ※他に業務用樽を用意しております

【希望小売価格】 460円(税抜)

【販売場所】オンラインショップ、サンクトガーレン取扱い各店。公式サイトに随時掲載。
※オンラインショップでは、発売日当日にお手元に届く予約注文を承り中です。

【発売日】 2019年9月26日(木)~2020年3月末まで
※期間中は継続生産します。

<サンクトガーレン取扱いビアバー、サンクトガーレン出店イベントでは樽生でお楽しみ頂けます>

●横浜オクトーバーフェスト2019
日程:2019年10月4日(金)~20日(日) 
場所:横浜赤レンガ倉庫イベント広場
公式サイト:https://www.yokohama-akarenga.jp/oktoberfest/

●あつぎハロウィーン2019
日程:2019年10月27日(日)10時から16時
場所:本厚木駅周辺

●Bakery&Beer Butchers (ベーカリー アンド ビア ブッチャーズ)
シャルキュトリー工房とパン工房を併設したビアレストラン。
朝9時のモーニングから、ランチ、ディナーと1日中サンクトガーレンの樽生ビールが8種類楽しめます。
このお店ではアップルシナモンエールの在庫がある限りずっと樽生でお楽しみ頂ける予定です。
住所:神奈川県厚木市中町2‐7‐16 内田ビル1F(アクセス:小田急線 本厚木駅 徒歩5分)
電話:046-259-9125 / 営業時間:9:00~22:00 / 定休日:月曜日
https://tabelog.com/kanagawa/A1408/A140802/14071308/

他は随時公式サイトで更新
 
  • アップルシナモンエール ハロウィンバージョンを9月26日より同時発売します


日本ではハロウィンといえばカボチャですが、欧米ではリンゴも欠かせないもの。
それにちなみ、ラベルのリンゴ部分がジャック・オー・ランタンになったハロウィンラベルを9月26日~10月末まで販売します。ハロウィンパーティーやギフトにも最適です。
http://www.sanktgallenbrewery.com/news/halloween.html
 

  • サンクトガーレンについて


http://www.sanktgallenbrewery.com/

サンクトガーレンは日本で地ビールが解禁する以前より、クラフトビール(地ビール)激戦区のアメリカでビールの製造販売を行っていた“元祖地ビール屋”です。それがTIMEやNewsweekなどのアメリカメディアで話題となり日本のメディアに飛び火。世論を巻き込み、日本の地ビール解禁に一石を投じました。そのため、業界内では「地ビール0号」と呼ばれています。

サンクトガーレンが造るビールは、大手で主流の“ラガー”とは製法も味わいも対極の“エール”一貫主義。国内外のコンテストで数々の受賞を誇ります。そんな王道ビールの他、一升瓶ビール、バレンタイン限定チョコビール、高アルコールで長期熟成が出来る麦のワインなど数々の個性的なビールを製造販売しクラフトビールの魅力を広く発信しています。

その一貫でフルーツビールにも力を入れており、リンゴの他にもオレンジや桃などを使ったフルーツビールを何種類か製造しています。香料などに頼らず果物本来の香りや味わいを引き出すため、果物はたっぷり贅沢に使います。そのため、通常より安く仕入れられる"訳あり"果物でなければ採算が合いません。訳あり果物の利用は、農家にとっては売り物にならない果物が売れてハッピー、弊社にとっては安く果物を譲ってもらえてハッピーというWin-Winの関係です。
 
<訳あり果物を利用した他のフルーツビール>
●湘南ゴールド:神奈川の訳ありオレンジを使用
https://www.sanktgallenbrewery.com/shonan-gold/
●7種の桃のエール:山梨の訳あり桃を使用
https://www.sanktgallenbrewery.com/beers/special/peach-ale.html

Twitter  : https://twitter.com/SanktGallenSHOP
Facebook : https://www.facebook.com/SanktGallenBrewery
Instagram : https://www.instagram.com/mikisanktgallen/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. サンクトガーレン有限会社 >
  3. サンクトガーレン、500個の焼リンゴ使用のアップルパイ風味クラフトビール「アップルシナモンエール」9月26日発売。長野の訳ありリンゴを有効活用。おばけリンゴのハロウィンラベルも同時発売。