プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

Idein株式会社
会社概要

Ideinが開発協力するAI高校生「Saya」が西武渋谷店で開催中の“HELLO! SHIBUYA”のプロモーションスペースに登場

Idein

 Idein株式会社(読み:イデイン、本社:東京都千代田区、代表取締役:中村晃一)が(株)アイシンや複数の教育機関(豊橋技科大・名古屋大・徳島大・阿南高専)らと開発協力するAI高校生「Saya」が、西武渋谷店(B館1階)に登場します。11月1日(火)~14日(月)に開催される期間限定イベント〈HELLO! SHIBUYA〉 フル3DCG:Saya HELLO!FRIENDにて来場者は最新の対話AI(EMOtive A.I.)を搭載した「Saya」との対話を体験できます。
■株式会社そごう・西武 プレスリリース
https://www.sogo-seibu.jp/shibuya/topics/page/2211helloshibuya-7.html

<開催概要>
・期間 2022年11月1日(火)~14日(月)
・会場 西武渋谷店B館1階 プロモーションスペース

■新対話AI 「EMOtive A.I.」
 「Saya」には音声認識、音声合成、CG、人らしい動きの制御を含めた、完全自律のリアルタイム対話システムが搭載されています。移り行く話題の中で、雑談を交えながら自然に聞きたい質問に誘導することができる対話AIが特徴です。

■「Saya」プロフィール
 フル 3DCG で制作された「Saya」。2015 年、最初のコンセプトイメージを発表してから、注目と期待を集め、様々な技術やアイデアを吸収しながら成長の過程を発表し続けています。Sayaは人間にとって、もっとも認識しやすく理解するのに適した形として、人間の少女の容姿を持って現れました。人の言葉や行動などを模倣することで、コミュニケーションがとれる新しい存在であることを目指し、(株)アイシンがIdeinや複数の教育機関(豊橋技科大・名古屋大・徳島大・阿南高専)らと共にエージェント開発を進行させています。

■「Saya」の直近の動き
 先日、群馬県にある全国初のデジタルクリエイティブに特化した若年人材育成拠点「tsukurun GUNMA CREATIVE FACTORY」にて、「Sayaと対話でふれあう ~AI高校生と対話体験を通してSayaの制作舞台裏や仕組みを学ぼう~」が10月22日(土)に開催され、当社も講義サポートで参加いたしました。 Saya制作者のTELYUKA様による特別講義にて、フル3DCGのSayaはどうやって制作されたのか、対話AIとはどういった仕組みなのかといったSayaの仕組みや制作の舞台裏の説明などを学んだ後、実際にSayaとの対話を体験した子どもたち。参加者は小学生から高校生までと幅広い年齢でしたが、元々Sayaを知っている子やAIに興味や知識のある子が多く集まっており、非常に盛況なイベントとなりました。
tsukurun GUNMA CREATIVE FACTORY:https://gunma-tsukurun.jp/


■制作者プロフィール:TELYUKA
石川晃之、友香で3DCG制作を行う夫婦ユニット「TELYUKA」GarateaCircus株式会社代表。
共にCGゼネラリストアーティストとして、映像制作からゲーム制作まで幅広く経験、現在は「Saya」を中心にフルCGキャラクター制作、コンピュータグラフィックスの新しい活躍を求め様々な分野の技術者や研究者と共に研究開発を推進中。
文化庁メディア芸術祭エンターテイメント部門審査委員会推薦作品選出。
2020年MBS毎日放送『情熱大陸』、NHK WORLD-JAPAN『DESIGN TALKS plus』出演。
オフィシャルサイト: https://www.telyuka.com/

■協力:株式会社アイシン
「“移動”に感動を、未来に笑顔を。」という経営理念のもと、グローバルサプライヤーとして自動車部品を手掛けている。無人の自動化モビリティやスマートシティ等におけるヒトに寄り添うサービスを目指し、対話エージェント EMOtive A.I. “Saya”をTELYUKA、Idein、豊橋技科大学、名古屋大学、徳島大学、阿南高専らと開発中。
コーポレートサイト: https://www.aisin.com/jp/

■Idein株式会社について

安価な汎用デバイス上での深層学習推論の高速化を実現した、世界にも類を見ない高い技術力を有するスタートアップです。当該技術を用いたエッジAIによる現場データ収集プラットフォーム「Actcast」を開発し、実用的なAI/IoTシステムを開発・導入・活用する開発者及び事業会社へのサービス提供を行っております。今後もパートナー企業と共に、AI/IoTシステムの普及に貢献してまいります。「実世界のあらゆる情報をソフトウェアで扱えるようにする」をミッションに掲げ、日本国内では経済産業省 J-Startup選定をはじめ、日本経済新聞社 NEXTユニコーン企業にも選ばれています。英Arm社のAI Partnerや、米NVIDIA社のInception Program Partnerになるなど、海外でも高く評価いただいています。

【設立日】 2015年4月7日
【代表者】 代表取締役 中村 晃一
【所在地】 東京都千代田区神田神保町1-4-13
【事業内容】 Actcast(エッジAIプラットフォーム)事業、受託開発事業(次世代自動車開発での協業等)
コーポレートサイト: https://www.idein.jp

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
イベント
位置情報
東京都千代田区本社・支社
関連リンク
https://www.idein.jp
ダウンロード
プレスリリース.pdf
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

Ideinのプレスキットを見る

会社概要

Idein株式会社

24フォロワー

RSS
URL
https://www.idein.jp
業種
情報通信
本社所在地
東京都千代田区神田神保町1-4-13
電話番号
-
代表者名
中村晃一
上場
未上場
資本金
28億6700万円
設立
2015年04月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード