ココカラファインの特例子会社ココカラファイン ソレイユが、厚生労働省の推進する「障害者雇用に関する優良な中小事業主に対する認定制度」に認定されました

全国にドラッグストア・調剤薬局を展開する、株式会社ココカラファイン(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:塚本厚志、以下 ココカラファイン)の特例子会社、株式会社ココカラファイン ソレイユ(本社:東京都府中市、代表取締役社長:金本優一、以下 ココカラファイン ソレイユ)は、2020年12月24日、厚生労働省が推進する「障害者雇用に関する優良な中小事業主に対する認定制度(もにす認定制度)」において認定されました。2021年1月の認定で東京都における認定企業は7社となり、そのうちの1社となります。
もにす認定制度の詳細はこちら(東京労働局ホームページ):
https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-roudoukyoku/newpage_00603.html

1月26日 ココカラファイン ソレイユ本社で行われた、もにす認定授与式の様子(左:東京労働局 府中公共職業安定所 磯浩之所長、右:ココカラファイン ソレイユ 金本優一社長)1月26日 ココカラファイン ソレイユ本社で行われた、もにす認定授与式の様子(左:東京労働局 府中公共職業安定所 磯浩之所長、右:ココカラファイン ソレイユ 金本優一社長)

もにす認定通知書もにす認定通知書


ココカラファイン ソレイユは、2014年12月設立、2015年4月に特例子会社※に認定された、ココカラファインのグループ会社です。障がいの有無に関わらず、多様な人材がその能力を発揮できる新しいワークスタイルを創造し、企業や社会に貢献できる事業を推進しています。1,300超のココカラファイングループ店舗の7割で清掃事業などの店舗サポート業務を行っているほか、郵便物の仕分けや印刷業務などの事務作業を受託、また2019年には新しく物流センターでの商品仕分け業務等を開始するなど、障がい者雇用を拡大しています。従業員の仕事に対する満足度は94%、やりがいを感じている従業員の割合は97%にのぼり、採用者の定着率も90%以上と安定した雇用を実現しています。
※障がい者の雇用の促進及び安定を図るため、障がい者の雇用に特別の配慮をして設立した子会社のこと。
 

<もにす認定制度>
障害者雇用の促進および雇用の安定に関する取り組みの実施状況などが優良な中小事業主を厚生労働大臣が認定する制度。2020年4月1日より実施。制度名は『ともにすすむ』という言葉に由来し、企業と障がい者が共に明るい未来や社会に進んでいくことを期待して名付けられた。





■株式会社ココカラファイン ソレイユ 概要
所在地:東京都府中市美好町2-12-2
従業員数:158名(うち、障がい者116名)
業務概要:店舗の清掃業務・期限チェックなどの店舗業務サポート、物流センターでの商品仕分け・端材処理作業、郵便物の仕分け作業・請求書作成・印刷業務などの事務作業
ココカラファイン ソレイユ ホームページ: https://soleil.cocokarafine.co.jp/business.html


株式会社ココカラファイン
1,300店舗超のドラッグストア・調剤薬局を中核事業として、全国で展開している東証一部上場企業。店舗数・調剤事業規模は業界トップクラスで、カウンセリング販売による高付加価値商品の販売など、「おもてなし」を通じてお客様に価値を提供することに注力している企業です。また、介護事業や訪問看護、インターネット通販事業などヘルスケア関連事業を幅広く展開しています。

代表者:代表取締役社長 塚本厚志
所在地:〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-17-6
設立:2008年4月1日
資本金:20,184百万円
事業内容:ドラッグストア・調剤薬局の運営など
コーポレートサイト:https://corp.cocokarafine.co.jp
お客様向けサイト:https://www.cocokarafine.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ココカラファイン >
  3. ココカラファインの特例子会社ココカラファイン ソレイユが、厚生労働省の推進する「障害者雇用に関する優良な中小事業主に対する認定制度」に認定されました