スマートバリュー、福井県のスマートエリア実証事業にEVカーシェアを提供

~EVの充放電を遠隔で制御し、エネルギーを賢く使う仕組みづくりを実証~

 株式会社スマートバリュー(本社:大阪府大阪市、取締役兼代表執行役社長:渋谷 順、 以下:スマートバリュー)は、福井県が展開する「スマートエネルギーエリア」プロジェクトにおける「EVによるVPPおよびカーシェア実証事業」の業務委託先として採択され、福井県嶺南地域の6箇所で、スマートバリューが展開しているカーシェアブランド「Patto(パット)」によるEVカーシェアを2020年10月22日から提供します。
  • 福井県へのEVカーシェア配備の背景
 福井県では、嶺南地域を中心に、原子力をはじめ再エネを含む様々なエネルギーを活用した地域経済の活性化やまちづくりを目指す「嶺南Eコースト計画」を2020年3月に策定し、人・企業・技術・資金(投資)が集まるエリアの形成を進めています。
 このプロジェクトとして、便利で災害に強く、環境にもやさしい「スマートエネルギーエリア」を創出することを目指し、嶺南地域の全市町や電力事業者などと連携して、EVや蓄電池等をネットワーク化し、遠隔で充放電を制御するVPP(仮想発電所)の実証実験を実施することとしています。
 VPPの実証実験に使用するEVについては、VPPの電源に活用するだけでなく、地域の足として住民や観光客などにも貸し出しを行うこととしており、このカーシェアリングサービスをスマートバリューが実施いたします。
(福井県HP)https://www.pref.fukui.lg.jp/doc/dengen/ecoast/smartarea.html
 

福井県 嶺南Eコースト計画資料より抜粋
 
  • 福井県での「Patto」の展開情報
車種 日産 リーフ
台数 6台
ステーション 敦賀市 白銀駐車場、
小浜市 東小浜駅駐車場 美浜町 わかさ東商工会美浜支所駐車場、
高浜町 若狭高浜駅駐車場 おおい町 若狭本郷駅駐車場、若狭町 上中駅駐車場
利用料金 10円~15円(税抜)/分 15分から利用可能
初回利用時は13円(税抜)/分
安全運転スコアに応じて、2回目以降の料金が変動
提供開始日 2020年10月22日(予定)
 

 

  • Pattoについて
 「Patto」は、「普段使いができる気軽なクルマ」をコンセプトとした、地域に寄り添ったカーシェアリングサービスです。急な雨や荷物の多いときなど、「今日クルマを利用したい。近くにクルマがあったらいいのにな」といった生活者の声に応えるカーシェアとして、展開しています。

 「Patto」は、カーシェア初!やさしい運転でおトクに利用!できます。
エコドライブ普及推進協議会が定めた「エコドライブ10のすすめ」にのっとり、「なめらか運転」「ふんわりアクセル」「加減速の少ない運転」「早めのアクセルオフ」「安心運転」「安全な走行速度」「定期休憩」の7項目で運転者の運転評価を行います。

 毎月、各項目により運転スコアを算出し、スコアごとに利用料金およびパックプランの料金が変動する、従来のカーシェアとは異なる料金体系を導入( ※1 )します。スマートバリューが2008年から提供するテレマティクスサービスの技術を、新サービス「 Patto 」にも取り入れ、“安全運転”“エコドライブ”の実践を促します。
※1:運転ごとにスコアの算出を行い、次回の予約時の利用料金へ反映

 「Patto」は、スマートフォンでクルマの予約から鍵の解錠・施錠まで!できます。
専用のスマートフォンアプリで気軽にクルマの予約から決済まで完結できます。利用時のクルマの鍵の解錠・施錠もスマートフォンアプリで対応します。

 

 
  • Kuruma Baseについて
 Kuruma Baseは、カーシェアリング事業者など、クルマのサービス化の事業を行っている事業者向けのプラットフォームサービスです。

 クルマに接続する専用端末、クラウド上の管理コンソール、利用者向けスマートフォンアプリ、 運用サポートサービスで構成されます。
 
 Kuruma Baseでは、クルマのサービス化を実現するための重要なポイントとなる鍵の受け渡しにおいてバーチャルキー(※1)を採用し、車両のシェアリングを実現します。バーチャルキーを実装することにより、「任意の許可された相手だけに、許可された時間のみ」車両の鍵の権限を与えることができます。
※1:バーチャルキーは、株式会社イードおよび株式会社ジゴワッツが提供するスマートロックシステムです。

 クルマのサービス化の事業を検討されている事業者は、クルマとステーションをご用意いただければスピーディーに事業を開始することができます。※一部許認可等は事業者さまにて必要となります。

 Kuruma Baseというサービス名には、「 クルマの(で)革新を起こす基地 」として、 子供の頃の様に夢中になれるサービスを目指し、 皆が集まり、 イノベーションを生みだす場所にしたい、 そんなプラットフォームにしていきたいといった想いが込められています。

 
  • 今後の展開について
 VPPのリソースとしてEVを活用することについては、地域におけるエネルギーマネジメントの最適化や、自然災害等による非常時の電源として、有用なものとなります。それらのEVを単に電源として だけではなく、広く住民や観光客などにも活用を促していくことについては、その他の自治体においても拡大が期待できる取り組みであると考えております。

 また、地域における移動に関する課題の解決や、まちづくりの要素の一つとして、モビリティの位置づけの重要度は高くなると考えられます。今般の新型コロナウイルス感染症の拡大においては、感染リスクを避けるために、パーソナルモビリティとしてカーシェアリング等のモビリティサービスの利用が期待されています。

 これらのエネルギーの最適化の観点と、地域ごとの課題解決の観点から、自治体との連携におけるモビリティサービスの提供が重要になると考え、積極的に展開致します。

 スマートバリューでは、これまで全国の自治体へ地域情報プラットフォーム「SMART L-Gov(スマートエルガブ)」を提供し、その契約数は600契約を超えています。中でも、自治体WEBサイトでの情報発信に特化したCMS「SMART CMS」は全国260団体以上の自治体に採用され、住民への効率的な情報発信及び行政の透明性の向上に寄与しています。

 これらの知見やノウハウを活かしながら、モビリティサービスの提供を通じ、社会課題の解決を推進してまいります。
 
  • 会社概要
会社名 :株式会社スマートバリュー
代表者名:取締役兼代表執行役社長 渋谷 順
所在地 :大阪市中央区道修町3丁目6-1 京阪神御堂筋ビル
設立年月:1947年6月
資本金 :959,454千円(2020年6月末現在)
上場市場:東証一部(証券番号:9417)
事業内容:クラウドソリューション事業
ホームページ:https://www.smartvalue.ad.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社スマートバリュー >
  3. スマートバリュー、福井県のスマートエリア実証事業にEVカーシェアを提供