温泉地を訪れる側、温泉地で迎える側、それぞれの感染症対策とは?【温泉Biz】感染症対策専門家 二木芳人氏によるコラム記事「コロナ禍の旅行に求められる感染症対策とは?」を掲載開始!

~コロナ禍のワーケーションを安心して行うためのポイントをアドバイス~

 温泉総選挙(主催:旅して日本プロジェクト、運営事務局:株式会社ジャパンデザイン、本社:東京都渋谷区、温泉総選挙総合プロデューサー/代表取締役/社会起業家:山下 太郎)は、コロナ禍でのワーケーションを安心して行うためのポイント・感染症対策についてまとめたコラム記事「コロナ禍の旅行に求められる感染症対策とは?」を、10月28日(水)より『温泉Biz』特設サイトに掲載開始しました。 URL:https://onsen-ouen.jp/onsenbiz/column/001

 『温泉Biz』は、利用者が少ない平日の温泉地をテレワークの場として活用することを目的に、温泉地やテレワーク導入企業、ビジネスパーソンをサポートする官民一体となった企画です。『温泉Biz』参加温泉地では、街全体をテレワークの場として活用いただけるよう、ワークスペースや会議施設、食事等について街をあげて提供し、ワーケーションをサポートしています。
 今回、ワーケーションで温泉地を訪れる利用者側とそれを迎える温泉地側、それぞれが安心して『温泉Biz』に取り組むためのポイントについて、感染症対策専門家であり温泉Bizサポーターにも就任いただいている二木芳人先生にインタビューを行いました。
 二木芳人先生は、「基本的な感染予防策を行えば、 温泉地への旅は可能。」としたうえで、利用者側は旅という非日常の中でも防止策をきちんと取ること、温泉地側はガイドラインの順守・継続的な見直し、施設の特性に応じた対策が重要であるとポイントを挙げています。
 周囲への配慮と工夫はコロナ禍の旅に欠かせませんが、働く場所と時間にとらわれず、癒しにもなる『温泉Biz』を安心・安全に楽しめるよう、本記事を参考にしていただければと思います。


■温泉Biz 概要
主催:温泉総選挙2020(後援:環境省・内閣府・総務省・経済産業省・観光庁)
応援企業:エイベックス・ビジネス・ディベロップメント株式会社
連携企業:キャリア美人株式会社/GMOペイメントゲートウェイ株式会社/JT Cloud Works株式会社/日本航空株式会社/株式会社ニューステクノロジー/パーソルイノベーション株式会社

連携団体:温泉ソムリエ協会
温泉Biz対応予約サイト:itoma、楽天トラベル、Yahoo!トラベル、じゃらん
参加温泉地数:47温泉地(10月29日時点)
旭温泉、あつみ温泉、伊香保温泉、壱岐島 湯本温泉、犬吠埼温泉、岩井温泉、岩室温泉、牛滝温泉 四季まつり、大船渡温泉、奥津温泉、鹿沢温泉、神威脇温泉、河津温泉、紀伊見温泉 紀伊見荘、菊川温泉、菊池温泉、北の絶景 霧多布温泉ゆうゆ、京都 るり渓温泉 for REST RESORT、熊野本宮温泉郷、五頭温泉郷、蔵王温泉、
さぎの湯温泉、三瓶温泉、四万温泉、庄川温泉郷、瀬波温泉、高松クレータの湯 天然温泉きらら、俵山温泉、
千里浜温泉郷、洞爺湖温泉、十勝川温泉、鳥羽温泉郷、鳴子温泉郷、沼尻温泉、箱根温泉、花山温泉 薬師の湯、肘折温泉、保養センター美榛苑、馬曲温泉、柵口温泉、松之山温泉、三朝温泉、やどり温泉いやしの湯、
弥彦温泉、山代温泉、湯村温泉、竜王ラドン温泉(50音順)

 『温泉Biz』では、安心して安く、そしてテレワークのストレス解消を実現するため「平日の温泉地」でテレワークをすることを推進しています。


■平日の温泉地を利用する3つのメリット
1.安心
混雑していないので、「3密」を避けることができます。
2.安
平日の宿泊施設は、週末に比べてお得な価格で宿泊できます。
3.テレワークによるストレスの解消
温泉でリラックス!普段と違う環境が気分転換にもなります。
メリハリをつけて働き、アクティビティやグルメを楽しめばよりストレス解消に。

 また、『温泉Biz』特設サイトでは、温泉地ごとにコロナ対策情報を掲載しています。安心・安全な旅の参考として、併せてご覧ください。

 



■二木 芳人(にき よしひと氏 ロフィール
昭和大学 医学部 内科学講座 臨床感染症学部門 客員教授
1976年川崎医科大学卒業。
2006年に倉敷第一病院呼吸器センターの副センター長、同年11月から 
昭和大学医学部臨床感染症学講座の教授等を務め、2020年4月より現職。
日本感染症学会、日本化学療法学会、日本医真菌学会、日本呼吸器学会など、
様々な学会の要職を歴任。


■主催 温泉総選挙2020とは
 温泉総選挙2020は、国民による投票で各部門のランキング(部門賞)が決定されるほか、温泉地の取組みを評価する省庁賞、特別賞も選出いたします。各温泉地のページでは、温泉地の「旬」な取り組み、イベント等の情報を掲載しています。また、投票数に応じて当たるプレゼントキャンペーンも実施中です。

主催      :旅して日本プロジェクト
後援      :環境省・内閣府・総務省・経済産業省・観光庁
エントリー対象者:全国の温泉地
エントリー部門 :リフレッシュ部門、うる肌部門、スポーツ・レジャー部門、健康増進部門、ファミリー部門、歴史・文化部門、女子旅部門、外国人おもてなし部門、絶景部門 
投票期間    :2020年10月1日(木)~2021年1月20日(水)
ランキング発表 :2021年2月1日(月)
省庁賞・特別賞 :環境大臣賞、地方創生担当大臣賞、総務大臣賞、観光庁長官賞、特別賞(10賞程度)
表彰式     :2021年3月上旬(予定)
公式ホームページ:https://onsen-ouen.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ジャパンデザイン >
  3. 温泉地を訪れる側、温泉地で迎える側、それぞれの感染症対策とは?【温泉Biz】感染症対策専門家 二木芳人氏によるコラム記事「コロナ禍の旅行に求められる感染症対策とは?」を掲載開始!