秋の小名浜は芸術でいっぱい!個性あふれる作品をご覧あれ! 小名浜国際環境芸術祭2020

アクアマリンふくしまで海の未来を考えよう

アクアマリンふくしま(福島県いわき市)では、地球環境の保全や海洋資源の大切さを伝えるため小名浜国際環境芸術祭を開催しています。今回は下記の日程にて第17回小名浜国際環境芸術祭を開催します。

  • 第13回小名浜国際大漁旗アート展 入賞作品展
今年のキーワードは「アクアマリンふくしま祝20周年」「大漁」「HAPPY OCEANS」。
全国から応募された作品277点の中から厳正な審査で選ばれた優秀作品が大漁旗となって小名浜ブルーの空にたなびきます。小名浜から生まれた「大漁旗アート」の迫力ある展示をご覧ください。
期間:2020年10月10日(土)~11月23日(月・祝)
場所:アクアマリンふくしま入館口手前
 
  • アーティストからの祝旗展
アクアマリンふくしまでは、2002年より様々なジャンルのアーティストやデザイナーとともに環境芸術祭で作品展示を行ってきました。今年はアクアマリンふくしまの開館20周年を記念して、20周年を祝う「祝旗(いわいばた)」をデザインしていただきました。
期間:2020年10月10日(土)~11月23日(月・祝)
場所:アクアマリンふくしま外周
参加アーティスト:木村啓太(絵描き)、草野怜子(画家)、酒井 正(造形家)、下山 肇(造形家/デザイナー)、関 俊一(画家)、高須賀昌志(美術家)、上嶋秀俊(美術家)、高橋 綾(造形作家)、橋本 学(木工造形家)、日比淳史(金属造形家)、渡辺俊博(デザイナー)、伊藤隆治(環境アートディレクター)、安部義孝(アクアマリンふくしま館長)
 
  • キッズアート展 「地球を救え!エコモン」
今、地球上で起こっているさまざまな環境問題に立ち向かうため、子どもたちがオリジナルの「エコモン(エコロジーモンスタ―)」を考案しました。応募総数529点の作品には、地球を守るためのアイデアがたくさん詰まっています。展示期間中、下記の期間において来館者の皆様にお気に入りのエコモンを選んで投票していただけます。
展示期間:2020年11月7日(土)~1月11日(月・祝)
投票期間:2020年11月7日(土)~12月15日(火)
場所  :本館1階エントランスホール
 
  • 『海からの贈り物/シーボーンアート展 コロナに負けるな‼ビーチクリーンファミリー』
海で拾った漂着物で作ったお人形をビーチクリーンファミリーと呼んでいます。お人形の数だけ海がキレイになります。彼等が発する海からの警告を感じとって頂けたら幸いです。今年は「コロナウイルスに負けない」をテーマに、未来へのメッセージを発信します。
期間:2020年10月4日(日)~11月27日(金)
場所:本館1階エントランスホール 南テラス手前
協力:NPO日本渚の美術協会
 
  • 俳句の季(とき)コンテスト
第14回目となるこのコンテストでは、2019年秋から2020年夏までに応募された俳句の審査を行い、入賞した作品48句を展示します。
期間:2020年10月10日(土)~11月8日(日)
場所:本館1階エントランスホール
※審査会は2020年9月19日(土)に実施済です。結果につきましては後日お知らせします。
 
  • 第48回我ら海の子展(巡回絵画展)
1973年より毎年開催されている、海をテーマとした絵画コンクールです。生命の源である海や世界を繋ぐ船舶の航路である海を描くことで、子ども達の海への関心を高め、海洋環境問題を考える機会となり、海事思想の普及を図る事を目的としています。特別賞・金賞・銀賞・がんばろう日本賞の合計63作品を展示します。
期間:2020年10月24日(土)~11月29日(日)
場所:本館2階スロープ
主催:一般財団法人サークルクラブ協会・公益社団法人日本海洋少年団連盟
 
  • 海の男の盆栽展 第二十一番
丹精込めて育て上げられた盆栽と、可憐に咲く山野草などを展示します。
期間:2020年10月31日(土)~11月3日(火・祝)
場所:本館1階エントランスホール
協力:小名浜盆栽研究会
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アクアマリンふくしま >
  3. 秋の小名浜は芸術でいっぱい!個性あふれる作品をご覧あれ! 小名浜国際環境芸術祭2020