スパルタ英会話 法人ウェブサイトの多言語対応の支援を開始 5/25(月)より

インバウンド売上の増加を図る企業を支援

株式会社スパルタ英会話(本社:東京都新宿区新宿、代表:小茂鳥 雅史)は、法人ウェブサイトの多言語対応を行うサービスを5月25日(月)より開始いたしました。


■実施の背景
外出自粛の要請が出た影響により、店舗型事業のEC化が進み、外国人向けの表記対応を行うことで利用者の増加を図る企業が増えています。
弊社には、「自動翻訳を使うと不自然な英語になるのではないか」「自分で翻訳すると文化の違いにより不適切な言葉が入ってしまうのではないか」というお問い合わせを頂いておりました。

スパルタ英会話には、アメリカ、カナダ、オーストラリアなど幅広い国籍を持つ外国人講師が勤務しています。現地出身の方が持つバックグラウンドを業界のインバウンド対応の需要に役立てていただければと思い、この度、法人向けにホームページの多言語化対応の支援開始に至りました。

■スパルタ英会話の翻訳の強み
スパルタ英会話では、日本の文化、祖国の文化両方に理解がある日本在住のネイティブ講師が翻訳を行います。
そのため、ターゲットとなる外国の方の目線を考慮した良質なコンテンツ作成が可能です。

■サービス概要
企業のインバウンド向けマーケティング対策、多言語対応の支援を行います。
  • 現在のホームページの多言語化
  • 多言語対応ホームページの制作
ビームス、富士ソフトを始めとした多数企業に実績がございます。

■お問い合わせ
お問い合わせ、資料請求はこちらよりお願い致します。
https://spartan-english.jp/contact/

■スパルタ英会話公式SNSはこちら
Instagram: https://www.instagram.com/sparta.english/
Facebook : https://www.facebook.com/spartancojp/

■会社概要
株式会社スパルタ英会話

<日本を、英語ができる国にする>をビジョンに掲げる短期集中英会話スクール「スパルタ英会話」を運営。通い放題のグループレッスン、マンツーマンレッスン、コーチングを組み合わせた個別オーダーメイドのカリキュラムが特徴。
創業者小茂鳥は、TOEIC380点と英語が全くできない状態で、英語力が必須とされるモルガン・スタンレーMUFG証券に入社。TOEIC800点まで上げたものの仕事中に英語で会話できず苦しんだ経験から、スピーキングに特化した英会話スクールを設立。小さなカフェからスタートしたところ、短期間で英語が話せると人気に。年商2億円企業へと成長させた。

本社所在地  : 東京都新宿区新宿1-16-10 コスモス御苑ビル702
公式サイトURL: http://spartan-english.jp/biz/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社スパルタ英会話 >
  3. スパルタ英会話 法人ウェブサイトの多言語対応の支援を開始 5/25(月)より