ふるさと納税「ワンストップ特例」申請の完全オンライン化を宮崎県都城市で実現〜公的個人認証「IAM<アイアム>」の先行利用開始〜

ふるさと納税での面倒なワンストップ特例申請がスマホで完結/寄附者・自治体双方の作業が大幅に軽減するシステムで

宮崎県都城市(市長池田宜永以下、都城市)、シフトプラス株式会社(代表取締役中尾裕也以下、シフトプラス)は、ふるさと納税におけるワンストップ特例申請(※以下、ワンストップ特例制度)の効率化を図るため、申請書類の送付を行わない完全オンライン申請を開始しました。

ふるさと納税「ワンストップ特例」申請の完全オンライン化を宮崎県都城市で実現〜公的個人認証「IAM<アイアム>」の先行利用開始〜ふるさと納税「ワンストップ特例」申請の完全オンライン化を宮崎県都城市で実現〜公的個人認証「IAM<アイアム>」の先行利用開始〜

■寄附者・自治体双方の課題に取り組む

平成20年に創設された「ふるさと納税制度」の利用者は年々増加し、昨年度は6,724億円、3,488万件の寄附があり、過去最高額・過去最多件数となりました。その中で、寄附者の多くが活用するワンストップ特例制度では、未だ紙での申請が必要となっており、寄附者の手間、自治体のコストアップ・作業の負荷が大きな課題となっています。

そこで、今後更なる件数の増加が予想されるワンストップ特例申請に対して、大幅な作業軽減を目指し、マイナンバーカード交付率市区別日本一かつふるさと納税寄附金額日本一の都城市、ふるさと納税システムのリーディングカンパニーのシフトプラスは、スマートフォン上の操作のみで完結するオンライン申請システムの共同開発し、使用開始しました。

IAM<アイアム>アプリ画面紹介IAM<アイアム>アプリ画面紹介


■寄附者も、自治体も、これまでの手間が大幅削減

ワンストップ特例申請の新たなシステムでは、まず、寄附者がスマートフォンから自治体ごとの申請サイトに直接アクセスし、本人情報を入力、申請内容を確認することで公的個人認証アプリ「IAM<アイアム>」が起動します。
このIAMは公的個人認証サービスに対応しており、マイナンバーカードの読み取りが可能です。アプリでマイナンバーカードを読み取り、マイナンバーカード申請時に設定した署名用電子証明書と券面事項入力補助の暗証番号を入力することでワンストップ特例申請が完了します。
このようにスマートフォン上でワンストップ特例申請が完結するため、これまで寄附者がしなければならなかった、署名、本人及び番号確認書類の写しの添付、切手の貼付・投函などの一連の作業が不要になり、また、自治体側もこれまでのワンストップ特例申請書類の大量な開封・チェック作業のコストを削減することができ、双方の立場でワンストップ特例制度における抜本的な作業軽減が期待されます。

ふるさと納税「ワンストップ特例」申請フローふるさと納税「ワンストップ特例」申請フロー


■さらなる地域の活性化・地域への貢献を目指して

本システムは日本最大手の行政サービス向け電気通信事業者と連携し、2022年8月8日にストア公開いたしました。

ワンストップ特例申請の申請の完全オンライン化を実現する本システムに加え、寄附⾦控除に関する証明書の電子交付で確定申告のオンライン申請が容易になったe-Taxシステムとの両⽀柱を推進することにより、ふるさと納税制度のより円滑な事務申請の実現、および寄附の増加への寄与を⽬指しています。

都城市、シフトプラスは、ふるさと納税制度を通じての更なる地域活性化を目標とし、寄附者・自治体のために今後も新しいサービスを提供して参ります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. シフトプラス株式会社 >
  3. ふるさと納税「ワンストップ特例」申請の完全オンライン化を宮崎県都城市で実現〜公的個人認証「IAM<アイアム>」の先行利用開始〜