プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

マンションリサーチ株式会社
会社概要

日経平均株価上昇で中古マンションの売主は「強気」の姿勢に!売出価格と成約価格の差はどんどん狭まる

中古マンション流通レポート 2023年7月号

マンションリサーチ株式会社

マンションリサーチでは、独自のデータを含めたさまざまな指標から中古マンション市場を観察しています。

今回は、中古マンションの新規登録価格・成約価格に日経平均株価を加えた推移を見ていき、売主の「姿勢」の変化に迫っていきます。
  • 要約

販売期間の長期化は、流動性の低下を示しています。それにも関わらず、新規登録価格と成約価格の差はなくなりつつあり、売主の「強気」の姿勢が伺えます。新規登録価格と成約価格の差の狭まりは、日平均株価の上昇と強い相関があります。日経平均株価の上昇トレンドを描いている今、中古マンションの売主の強気の姿勢も継続するものと考えられます。


目次

  1. 2023年6月「新規売出価格」と「成約価格」の差がほぼゼロに

  2. 日経平均株価上昇との相関は?

  3. 中古マンション市場は売主「強気」の姿勢が続くか

  4. 販売期間長期化も、中古マンションの売主は依然として強気の姿勢


  • 2023年6月「新規売出価格」と「成約価格」の差がほぼゼロに

出典:公益財団法人東日本不動産流通機構


上記のグラフは首都圏(一都三県)青の棒線が平均成約平米単価、オレンジの棒線が平均新規売出平米単価を表しています。


一般的に、中古マンションは新規売出価格から一定程度、値を下げて成約にいたります。これは、売り出してみてからの反響を見て売主が値下げしたり、買主による値引き交渉に売主が応じたりするためです。

しかし、東日本不動産流通機構が発表したマーケットレポートによれば、新規登録価格と成約価格の差は2022年後半頃かからどんどん小さくなっていき、2023年6月にはほとんど差が見られなくなりました。つまり、売り出した金額のまま、値下げをせず成約にいたっている中古マンションが増加傾向にあるのです。


  • 日経平均株価上昇との相関は?

出典:公益財団法人東日本不動産流通機構(一部マンションリサーチ調べ)


一方、日経平均株価と新規登録価格から成約価格の減少割合はほぼ反比例の動きをしています。このまま日経平均株価が上昇トレンドを描き続けるとすれば、新規価格と成約価格の差はさらに狭まり、限りなくゼロに近くなるものと考えられます。


  • 中古マンション市場は売主「強気」の姿勢が続くか

マンションリサーチ調べ


販売期間が短期化し始めた2020年春から夏頃は、新型コロナウイルス感染症拡大による1度目の緊急事態宣言が明けたタイミングです。暮らし方・働き方の変化により住み替え需要が高まったことを受け、在庫数・新規供給数が大きく減少し、価格高騰とともに販売期間はどんどん短くなっていきました。


旺盛な需要も徐々に落ちつき、販売期間もコロナ禍前に戻りつつあるのが現在です。その一方で、先述のとおり、値下げ幅(新規価格と成約価格の差)は小さくなっています。これは、たとえ販売するまでに一定の期間を要したとしても「値下げしなくても売れる」という売主の心理によるものと推測されます。


この姿勢を形成しているのは、中古マンションの値下げ幅に強い相関性が見られる日経平均株価の上昇と考えるのが妥当でしょう。


  • 【まとめ】販売期間長期化も、中古マンションの売主は依然として強気の姿勢

販売期間の長期化は、流動性の低下を示しています。それにも関わらず、新規登録価格と成約価格の差はなくなりつつあり、売主の「強気」の姿勢が伺えます。新規登録価格と成約価格の差の狭まりは、日平均株価の上昇と強い相関があります。日経平均株価の上昇トレンドを描いている今、中古マンションの売主の強気の姿勢も継続するものと考えられます。


以下に本件詳細を解説した動画のURL記載させていただきます。

https://www.youtube.com/watch?v=iwxakUODx3M&t=327s


【マンションリサーチ株式会社その他サービスURL】
■不動産売却一括査定サービス『マンションナビ』
 https://t23m-navi.jp/
  
■不動産データクラウド
 https://fudosan-data.jp/
 
■ロボ査定
 https://robosatei.jp/
 
■分譲マンションデータ販売
 https://fudosan-data.jp/product/re-data/

■マンション購入サービス『MATSUDAKE』

https://matsudake.me/lp_company/


【不動産市場解説動画チャンネル】

https://www.youtube.com/@mansionresearch/videos


【マンションリサーチ株式会社について】
 マンションリサーチ株式会社では、 不動産売却一括査定サイトを運営しており、 2011年創業以来「日本全国の中古マンションをほぼ網羅した14万棟のマンションデータ」「2億件の不動産売出事例データ」及び「不動産売却を志向するユーザー属性の分析データ」の収集してまいりました。 当社ではこれらのデータを基に集客支援・業務効率化支援及び不動産関連データ販売等を行っております。
 
 会社名  : マンションリサーチ株式会社
 所在地  : 東京都千代田区神田美土代町5-2 第2日成ビル5階
 設立年月日: 2011年4月
 資本金  : 1億円
 Web    : https://mansionresearch.co.jp/ 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
調査レポート
関連リンク
https://t23m-navi.jp/magazine/editorial/news/nikkeistockaverage-mansionprice/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

マンションリサーチ株式会社

11フォロワー

RSS
URL
https://mansionresearch.co.jp/
業種
サービス業
本社所在地
東京都千代田区神田美土代町5−2 第2日成ビル 5階
電話番号
03-5577-2041
代表者名
山田 力
上場
未上場
資本金
1億円
設立
2011年04月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード