世界のアワードを多数受賞する世界的ブルワリー「COEDO」と共同開発した渋谷区観光協会公認 “渋谷ご当地クラフトビール”が誕生!

渋谷区エリア限定ビール 「渋生」 (しぶなま)9月26日より発売開始〜9月25日(金)17:00より、一般向け先行販売開始:東急プラザ渋谷 6階「GRAND SESSION」(渋谷フクラス内)〜

合同会社TNZQ(代表:五十嵐糸 所在地:東京都渋谷区)、株式会社協同商事コエドブルワリー(代表取締役社長:朝霧重治 所在地:埼玉県川越市)、コンタツ株式会社(代表取締役社長:津久浦慶明 所在地:東京都中央区)および一般財団法人渋谷区観光協会(代表理事:金山淳吾 所在地:東京都渋谷区)は、この度、4社が共同で取り組む中、渋谷区エリア限定の渋谷区観光協会公認“渋谷ご当地クラフトビール”「渋生」(しぶなま)-shibunama- YEAST DIVERSITY ALEの完成と共に、9月26日より渋谷区内の飲食店、酒屋等一部店舗での販売を開始することをお知らせいたします。

【渋生 / YEAST DIVERSITY ALE】
多様な個性が集まるから、さまざまな未来が生まれる。
人も街も、そしてビールも、多様な個性の出会いが新しい可能性へと繋がっていきます。
ビール酵母、ワイン酵母、日本酒酵母が出会うことで生まれた全く新しいビール。
世界中の人々が楽しむ街、渋谷から。

「渋生」は、渋谷の個性であるダイバーシティを表現した渋谷区エリア限定のビールです。世界中の人々が集まる街だからこそ、渋谷ならではの味わいを楽しんでもらいたい。その思いから、「Diversity & Inclusion」をコンセプトに、ビール酵母に加えワイン酵母・日本酒酵母と3種の酵母を共演させ、今までにない、ふくよかで奥行きのある香りと味わいを実現させました。
「渋生」は下記プロジェクトメンバーにより誕生した、渋谷区観光協会公認のビールとなります。

【「渋生」プロジェクトメンバー】
■合同会社TNZQ(タンザク)
代表:五十嵐糸からのメッセージ
渋谷の街の“味わい”をテーマにした「渋生」が新しい渋谷の“味”になったら、という願いを込めて企画しました。コンセプトからビールに落とし込む過程では、コエドさんから3種酵母の共演という斬新なアイディアをいただき、また、渋谷の街の飲食店様や酒販店様、町会、区議会関係者様に試飲会にご参加いただき頂戴したご意見をもとに最終の味の調整をしております。「渋生」はそんなみんなの挑戦と期待と熱い思いの込められたビールです!!
人々が多様な個性を尊重する様に、様々なビールを選び、楽しめる文化を「渋生」の発売をきっかけに、もっと渋谷に根付かせたい、と渋谷で暮らす2児の母として、一人の熱狂的なビール愛好家として強く思っています。

■株式会社協同商事コエドブルワリー
代表取締役社長:朝霧重治からのメッセージ
日本が世界に誇る現代日本文化の発信地・渋谷のみなさまのビールプロジェクトに参画させていただく幸運と光栄に恵まれましたことを感謝いたします。ビールをつくってきていつも想うことは、ビールには人々をつなぐ力があるということです。三種の酵母による共演とその味わいでダイバーシティを表現した渋生を通じて、渋谷の街に住まい、そして集う方々が末永く笑顔でつながっていくこと願ってやみません。乾杯!

■コンタツ株式会社
専務取締役:津久浦慶邦からのメッセージ
「東京ローカルユニークカンパニー」を経営指針に掲げて地域に密着した商売を続けてきた弊社にとって、東京を代表する街『渋谷』を元気にするこのプロジェクトに参加させていただけたことは誠に光栄です。「渋生」をより多くの人に楽しんで飲んでいただき、たくさんの笑顔が街に溢れるようにこれからも応援します!

 ■一般財団法人渋谷区観光協会
理事・事務局長:小池ひろよからのメッセージ
渋谷土産が各所様々で商品開発される中、今回のプロジェクトメンバーで渋谷区観光協会の公認ビールが生まれたこと大変嬉しく思います。居酒屋、ホテル、ご自宅で『渋生ビールで乾杯!』の声が聞こえてくる日を待ち望んでいました。渋谷がより一層多様なカルチャーに溢れ、愛される街となりますよう、引き続き様々な取り組みを続けてまいります。
また、ボトルラベルデザインは、アートディレクター/クリエイティブデザイナーの千原徹也氏が手がけ、ファッション・音楽・経済・IT、様々な文化が行き交い躍動する渋谷のカオスカルチャーを表現しています。

■株式会社 れもんらいふ
代表:千原徹也からのメッセージ
皆が乾杯のもと集まり、繋がり、交差して行く Diversity & Inclusionな渋谷を感じてもらえるような言葉を配置しています。年齢、性別、国籍を問わず、渋谷に介在する様々な人に カジュアルに手にとってもらえる様なポップなデザイン。 渋谷のごちゃごちゃした感じから発する「熱」を伝導させ、 飲む人に元気を与えられたらと思っています。

渋谷区観光協会の公認商品として渋谷の新しいアイコンとなり、ビールでつながる渋谷のカルチャーを「渋生」を通じ、より一層渋谷の魅力を発信しつづけ、渋谷の街を楽しんでもらえるよう今後も様々な取り組みを展開してまいります。

<<商品概要>>
【商品名】
「渋生」(しぶなま)/ YEAST DIVERSITY ALE
【商品テイスト】
ビール酵母・日本酒酵母・ワイン酵母、3種の酵母の共演によってもたらされるふくよかで奥行きのある香りと味わい。日本酒のまろやかな酸味とワインのフルーティで華やかな香りの後に、ホップ由来の爽やかな柑橘系の香りとビールの苦味が抜けていきます。それぞれの酵母が調和の中で個性を発揮しているので、幅広いジャンルのお料理に合わせやすいビールです。
【商品スペック】
・原材料:麦芽、ホップ、(ビール酵母、ワイン酵母、日本酒酵母)
・アルコール度数:5%
・IBU:23.6
・容量/入数:333ml瓶 24本入 JANコード:4515445800888(バラ)/4515445800895(ケース)
    :10L樽 JANコード:4515445800901
・管理温度:常温
・種別:ビール
・製造元:(株)協同商事コエドブルワリー
【発売日】
2020年9月26日(土)
【取扱い予定店舗(一部)】
■小売
・小池酒店
・LK紀伊国屋
・平野屋
・トランクホテルストア
■飲食店
・AKOMEYA 東急プラザ店食堂
・トロハチ酒場
・FAM333
・グリフォン
■ホテル
・セルリアンタワー東急ホテル
・渋谷エクセルホテル東急
※上記以外の店舗も随時公式サイトでご紹介してまいります。

【公式サイト】
https://www.shibunama.com/
【制作ストーリームービー】

 



※今後商品のPOPデータ等は下記のQRコードリンク先の「渋生」オフィシャルサイトに随時アップロード予定です。ダウンロードの上、ご活用ください。

また、東急プラザ渋谷では、9月26日(土)から渋谷地区限定で発売、提供される渋谷区観光協会公認「渋生ビール」を 1日早い、9月25日(金)17:00から楽しめる先行販売会を実施します。 全国のどこよりも早く購入していただけるだけでなく、東急プラザ渋谷レストランフロアのシブヤグラン食堂の店舗による、渋生ビールに合う「おつまみ」を各店舗よりテイクアウト形式で提供。購入いただいたお食事は渋生ビールを提供するGRAND SESSIONにてお召し上がりいただけます。
ぜひお越しください。
期  間:2020年9月25日(金)17:00~
提供場所:東急プラザ渋谷6階「GRAND SESSION


 

 

【一般財団法人渋谷区観光協会について】
渋谷区観光協会は、2012年4月に渋谷区と東京商工会議所渋谷支部が共同で設立した一般財団法人です。
渋谷区観光協会は、官民協働による観光事業の振興を通して「国際文化観光都市・渋谷SHIBUYA」の実現を目指しています。「PLAY! DIVERSITY SHIBUYA」をコンセプトの掲げ、「渋谷ブランド」の創造と確立、その情報を発信することによって、全世界から観光客を誘致し、都市の活性化と区民の豊かな生活、魅力的な街づくりを推進してまいります。
HP: http://play-shibuya.com/

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般財団法人 渋谷区観光協会 >
  3. 世界のアワードを多数受賞する世界的ブルワリー「COEDO」と共同開発した渋谷区観光協会公認 “渋谷ご当地クラフトビール”が誕生!